メインメニューを開く

板谷 進(いたや すすむ、1940年12月10日 - 1988年2月24日)は、将棋棋士愛知県名古屋市出身。A級在籍7期。板谷四郎九段門下。

 板谷進 九段
名前 板谷進
生年月日 (1940-12-10) 1940年12月10日
没年月日 (1988-02-24) 1988年2月24日(47歳没)
プロ入り年月日 1962年10月1日(21歳)
棋士番号 84
出身地 愛知県名古屋市
師匠 板谷四郎九段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月24日現在

目次

人物編集

日本将棋連盟東海本部長を長く務めた強豪板谷四郎九段の次男。1958年、父に入門して奨励会入り。弟弟子に石田和雄らがいる。1962年四段、1974年八段。1988年、47歳でくも膜下出血のため急死。九段を追贈される。

親子二代の九段(他には木村義雄木村義徳親子だけ)で、「東海の若大将」と呼ばれていた。豪快な棋風で「将棋は体力」と称していた。

日本将棋連盟理事を長く務めた。

チェスを趣味とし、愛酒家、棋書や盤駒の収集家としても知られた。弟子に小林健二杉本昌隆らがいる。

昇段履歴編集

  • 1962年10月1日 四段(東西決戦)
  • 1964年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1967年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1972年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1974年4月1日 八段(順位戦A級昇級)
  • 1988年2月24日 九段(追贈九段)
  • 1988年2月24日 引退(現役のまま死去)

戦歴編集

主な著書編集

  • 『熱血将棋順位戦』(日本将棋連盟、1977年)

関連項目編集

外部リンク編集