林下詩美

日本のプロレスラー

林下 詩美(はやしした うたみ、1998年9月14日 - )は、日本の女子プロレスラー鹿児島県奄美市出身。166cm、65kg。スターダム所属[1]

林下 詩美
Utami Hayashishita
プロフィール
リングネーム 林下 詩美
本名 林下 詩美
ニックネーム ビッグダディ三女
身長 166cm
体重 65kg
誕生日 (1998-09-14) 1998年9月14日(21歳)
出身地 鹿児島県奄美市
所属 スターダム
スポーツ歴 柔道
デビュー 2018年8月12日
ジャングル叫女
テンプレートを表示

人物編集

柔道初段。ビッグダディこと林下清志の三女(第七子)[2]、幼年期からテレビ番組「痛快!ビッグダディ」で生活に密着されていた[3]。当時は姉妹でグラビアデビューしたこともある[4]

中学3年生の時、家族でWWETAJIRI凱旋試合を観戦して以来、同級生が西野カナの曲を聴いてる間、好きなプロレスラーの入場曲を聞きながら登校していたほどのプロレス好きとなり、高校卒業後は飲食の仕事をしながら妹たちの学費を工面、払い終えたのちスターダムのプロテストを受験してプロレスラーとなる[5]

プロ経歴・戦歴編集

2018年
2019年
2020年
  • 1月19日、後楽園ホール大会で星輝ありさの持つワンダー・オブ・スターダム王座に挑戦するが流血の末敗れる。
  • 1月26日、大阪府立体育会館第2競技場大会でジェイミー・ヘイターに敗れ、SWA世界王座から陥落。
  • 2月8日、後楽園ホール大会でジュリア&朱里&舞華組に敗れ、アーティスト・オブ・スターダム王座から陥落。
  • 2月16日、新木場1stRing大会で、上谷沙弥を下しフューチャー・オブ・スターダム王座を防衛後、同王座を返上し無冠となる。
  • 3月8日、後楽園ホールの無観客興行で渡辺桃と組みビー・プレストリー&ジェイミー・ヘイターのゴッデス・オブ・スターダム王座に挑戦するが敗れる。試合後、上谷沙弥との新コンビで王座再挑戦を表明。

得意技編集

アルゼンチン・バックブリーカー
トーチャーラックボム
アルゼンチン・バックブリーカーから旋回させて自分の目の前に背中から落としていく。
ジャーマン・スープレックス
スリーパーホールド
逆落とし
スタンディング・スリーパーホールドの状態から後方へクルっと首を絞めながら払い腰の要領でマットに叩きつけるコンパクトながらも危険な投げ技。投げた後、そのままスリーパーホールドをかけ続けてギブアップを奪う場合が多い。
一本背負い等各種柔道技

タイトル歴編集

テレビ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 選手紹介 スターダム公式HP。
  2. ^ ビッグダディ三女詩美、巨体王者ぶん投げて王座奪取 日刊スポーツ、2019年1月14日配信。
  3. ^ 選手名鑑 週刊プロレスmobile
  4. ^ ビッグダディ3姉妹、グラビア初挑戦 元妻・美奈子には「怒られるでしょうね」 ORICON NEWS(オリコン)、2013年9月17日配信。
  5. ^ 「ビッグダディの三女じゃなく、一人の選手として」林下詩美、自分を変えたプロレス GINZA(マガジンハウス)、2019年1月12日配信。
  6. ^ 【スターダム】ビッグダディの三女・林下詩美が入団テストに合格 東京スポーツ、2018年07月06日配信。
  7. ^ 鮮烈デビューのビッグダディ三女・林下詩美にロッシー小川社長が「三禁」指令 東京スポーツ、2018年8月13日配信。
  8. ^ 【スターダム】「5★STAR GP」へ向け早くも火花 東京スポーツ、2018年8月13日配信。
  9. ^ 【スターダム】岩谷麻優が「5★STAR GP」悲願の初V タイトル挑戦を表明 東京スポーツ、2018年9月24日配信。
  10. ^ 【【スターダム】林下詩美 初のベルト獲得なら長女に昇格? 東京スポーツ、2018年11月08日配信。
  11. ^ スターダムが初の年間3万人動員!女子団体13年ぶり デイリースポーツ、2018年12月24日配信。
  12. ^ ビッグダディ三女・林下詩美は新人賞 スポーツ報知、2018年12月13日配信。
  13. ^ 試合結果 スターダム、2019年1月3日更新。
  14. ^ 【スターダム】林下詩美がバイパー下し早くも“4冠”達成 東京スポーツ、2019年1月14日配信。

外部リンク編集