林 子偉(リン・ズーウェイ、1994年2月15日 - )は、台湾中華民国)の高雄市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。MLBボストン・レッドソックス所属。台湾原住民族ブヌン族である。愛称はツナミ[1]

林 子偉
Lin Tzu-Wei
ボストン・レッドソックス #30
Tzu-Wei Lin in 2017 (36962867110) (cropped).jpg
2017年9月20日
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 高雄市那瑪夏区
生年月日 (1994-02-15) 1994年2月15日(26歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 2012年 アマチュアFA
初出場 2017年6月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
林 子偉
各種表記
拼音 Lín Zǐwěi
注音符号 ㄌㄧㄣˊㄗˇㄨㄟˇ
和名表記: りん しい
発音転記: リン・ズーウェイ
英語名 Lin Tzu-Wei
テンプレートを表示

経歴編集

プロ入り前編集

高校時代の2010年カナダで開催された第24回AAA世界野球選手権大会ではチャイニーズタイペイを優勝に導く原動力となり、自身も打率.607・出塁率.656・長打率.907で、同大会のMVPとベストナイン(三塁手)に輝いた[2]

レッドソックス時代編集

2012年6月に契約金205万ドルでボストン・レッドソックスと契約してプロ入り[3]。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッドソックスでプロデビュー。29試合に出場して打率.255、16打点、5盗塁を記録した。

2013年はA-級ローウェル・スピナーズでプレーし、60試合に出場して打率.226、1本塁打、20打点、12盗塁を記録した。

2014年はA級グリーンビル・ドライブでプレーし、102試合に出場して打率.229、1本塁打、42打点、10盗塁を記録した。

2015年はA+級セイラム・レッドソックスとAA級ポートランド・シードッグスでプレーし、2球団合計で119試合に出場して打率.251、2本塁打、48打点、23盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2016年はAA級ポートランドでプレーし、108試合に出場して打率.223、2本塁打、27打点、10盗塁を記録した。

2017年は開幕をAA級ポートランドで迎え、6月24日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、同日のロサンゼルス・エンゼルス戦にて代走でメジャーデビュー[4]。6月26日のミネソタ・ツインズ戦でメジャー初安打を放ち[5]、7月4日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有からメジャー初打点を挙げた[6]

2018年は開幕をAAA級ポータケットで迎える[7]。4月10日にメジャーに昇格したが[8]、14試合で32打数で6安打・打率.188に留まり、5月8日にAAA級ポータケットに降格した[9]。AAA級ポータケットに降格後、16試合連続安打を打ち、AAA級でのレギュラーシーズンでは打率.299を残した[10]。6月23日にメジャーに再び昇格するが、2試合(1先発)で5打数無安打で6月29日にAAA級ポータケットに降格した[11]。7月12日にメジャーに昇格し、3試合に出場し7打数2安打だったが、7月24日にAAA級ポータケットに降格となる[12]。7月29日にメジャーに昇格したが1試合に守備での出場のみになり、7月31日にAAA級ポータケットに降格した[12]。9月1日にセプテンバー・コールアップでメジャーに昇格した[13]。9月21日のクリーブランド・インディアンス戦でダン・オテロからメジャー初本塁打を放った[14]。レギュラーシーズンでは、37試合に出場し、65打数で16安打、打率.246、1本塁打、6打点だった[15]。チームは108勝54敗を残し、ワールドシリーズでもロサンゼルス・ドジャースに勝利した。自身初のワールドシリーズ優勝だったが、ポストシーズンでは出場しなかった[16]

2020年は8月13日のタンパベイ・レイズ戦で9回表に捕手として先発出場していたケビン・プラウェッキーが負傷し、台湾人初、アジア人2人目となる捕手を務めた[17][18]。9月25日のボルチモア・オリオールズ戦では9点差で迎えた9回からマウンドに上がり、1回3失点に仕留めた[19]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2017 BOS 25 66 56 7 15 0 2 0 19 2 1 1 1 0 9 0 0 17 0 .268 .369 .339 .709
2018 37 73 65 15 16 6 1 1 27 6 0 1 0 0 8 0 0 17 0 .246 .329 .415 .744
2019 13 22 20 3 4 2 0 0 6 3 0 0 0 0 2 0 0 6 0 .200 .273 .300 .573
2020 26 57 52 2 8 1 0 0 9 1 1 1 2 1 2 0 0 17 1 .154 .182 .173 .355
MLB:4年 101 218 193 27 43 9 3 1 61 12 2 3 3 1 21 0 0 57 1 .223 .298 .316 .614
  • 2020年度シーズン終了時

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2020 BOS 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 4 1 0 0 0 0 0 0 3 3 27.00 4.00
MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 4 1 0 0 0 0 0 0 3 3 27.00 4.00
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS) 中堅(CF)
















































2017 BOS 10 4 12 0 3 1.000 9 1 10 1 2 .917 6 2 16 0 2 1.000 -
2018 4 8 4 0 3 1.000 1 0 4 0 0 1.000 23 18 37 3 8 .948 6 1 0 1 0 .500
2019 8 14 9 0 5 1.000 - 2 0 3 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
MLB 22 26 25 0 11 1.000 10 1 14 1 2 .938 31 20 56 3 10 .962 7 1 0 1 0 .500
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 73(2017年 - 同年途中)
  • 5(2017年途中 - 2018年途中、2019年 - 同年終了)
  • 30(2018年途中 - 同年終了、2020年 - )

脚注編集

  1. ^ SETN News report (in Chinese)
  2. ^ Searching for the next Wang Chien-ming”. Taipei Times (2013年9月6日). 2017年7月18日閲覧。
  3. ^ Ben Badler (2012年6月28日). “Prospects: International Affairs: Red Sox Sign Shortstop Tzu-Wei Lin For $2.05 Million”. BaseballAmerica.com. 2019年10月24日閲覧。
  4. ^ http://www.masslive.com/redsox/index.ssf/2017/06/tzu-wei_lin_joins_red_sox_from.html
  5. ^ Ken Powtak (2017年6月26日). “Sale gets 9 Ks, Moreland hits HR as Red Sox beat Twins 4-1”. https://www.yahoo.com/news/sale-gets-9-ks-moreland-hits-hr-red-021548128--spt.html 2017年7月18日閲覧。 
  6. ^ 台湾出身のレッドソックス・林、ダルからメジャー初打点マーク”. スポーツ報知 (2017年7月5日). 2017年7月18日閲覧。
  7. ^ “Lin Tzu-Wei Photos from Pawtucket Red Sox Opening Day”. (2018年4月10日). http://cpblstats.com/lin-tzu-wei-photos-from-pawtucket-red-sox-opening-day/ 2018年12月7日閲覧。 
  8. ^ Red Sox Roster & Staff – Transactions”. MLB.com (2018年4月). 2018年12月7日閲覧。
  9. ^ Red Sox Roster & Staff – Transactions”. MLB.com (2018年5月). 2018年12月7日閲覧。
  10. ^ “Red Sox call up Lin as protection for Bogaerts' injury”. (2018年6月23日). https://www.nbcsports.com/boston/red-sox/red-sox-call-lin-protection-bogaerts-injury 2018年12月7日閲覧。 
  11. ^ Red Sox Roster & Staff – Transactions”. MLB.com (2018年6月). 2018年12月7日閲覧。
  12. ^ a b Red Sox Roster & Staff – Transactions”. MLB.com (2018年7月). 2018年12月7日閲覧。
  13. ^ Red Sox Roster & Staff – Transactions”. MLB.com (2018年9月). 2018年12月7日閲覧。
  14. ^ Cotillo, Chris (2018年9月21日). “Boston Red Sox rookies Sam Travis, Tzu-Wei Lin hit first career home runs on same night”. https://www.masslive.com/redsox/index.ssf/2018/09/boston_red_sox_rookies_sam_tra.html 2018年12月7日閲覧。 
  15. ^ Mastrodonato, Jason (2018年10月2日). “Four relievers vie for two spots in Red Sox ALDS bullpen”. Boston Herald. http://www.bostonherald.com/sports/red_sox/2018/10/four_relievers_vie_for_two_spots_in_red_sox_alds_bullpen 2018年12月7日閲覧。 
  16. ^ Boston Red Sox win 2018 World Series.”. MLB. 2018年12月7日閲覧。
  17. ^ Rソックス、野手が登板も打球直撃で2人目野手登板…捕手も初マスクの珍事 指揮官「見るに耐えないひどい試合」” (日本語). スポーツ報知 (2020年8月14日). 2020年8月14日閲覧。
  18. ^ 林子偉上場蹲捕當捕手!寫下台灣第一人紀錄 - MLB - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年8月14日閲覧。
  19. ^ MLB/投手成就解鎖 林子偉後援1局失3分” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年9月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集