林孝哉

日本の野球指導者、元プロ選手

林 孝哉(はやし たかや、1973年6月1日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手内野手)、コーチスカウト

林 孝哉
北海道日本ハムファイターズ ヘッドコーチ #77
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1973-06-01) 1973年6月1日(49歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手二塁手
プロ入り 1991年 ドラフト7位
初出場 1995年9月3日
最終出場 2005年6月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 福岡ソフトバンクホークス (2009 - 2010)
  • 北海道日本ハムファイターズ (2014 - 2017, 2022 - )

来歴編集

プロ入り前編集

箕島高校では、同期のエース山路剛弘(住友金属)を擁し、遊撃手として1991年春の選抜に出場。2回戦で2打席連続本塁打を放つが[1]萩原誠のいた大阪桐蔭高に敗退[2]。1年下のチームメートに高野忍がいる。

ダイエー時代編集

1991年のドラフト7位で福岡ダイエーホークスに入団。1999年に一軍に定着、小久保裕紀がシーズン前半に一塁手指名打者に回ったこともあり、主に三塁手として34試合に先発出場。以降も内野のユーティリティプレーヤー、右の代打として存在感を見せた。同年8月8日の対大阪近鉄バファローズ戦(北九州市民球場)では5-5の同点の延長10回無死一塁の打席で大塚晶文から代打サヨナラ三塁打を放った[3]

また、城島健司が骨折により戦線を離脱した2000年には、チームの捕手不足により、捕手経験が一切無い林がブルペン捕手として待機するという事象にあった。

2002年シーズン途中、田口昌徳との交換トレード日本ハムファイターズへ移籍。

日本ハム時代編集

2002年には田中幸雄の控えながら、三塁手として38試合に先発出場。同年7月26日、対ダイエー戦(東京ドーム)で1-1の同点の9回一死無走者の打席で渡辺正和から代打サヨナラ本塁打を放った[4]。僅か1ヶ月前まで在籍していた古巣ダイエーから記録した、見事な“恩返し弾”であった。2004年オフ、日本ハムを自由契約となり、12球団合同トライアウトに参加。その後千葉ロッテマリーンズへ入団。

ロッテ時代編集

林啓介が在籍していたため、スコアボード上や新聞の表記は「林孝」と表記されていた。2006年10月4日に現役引退を発表。 2003年から4年連続してイースタン・リーグでの優勝を経験しているため、一部では「ファームの優勝請負人」と言われていた。

引退後編集

2007年、古巣である福岡ソフトバンクホークスの球団職員に転身。2009年に福岡ソフトバンクホークスの二軍内野守備・走塁コーチに就任し2010年まで務めた[5]

2011年より北海道日本ハムファイターズのスカウト。2014年に一軍打撃コーチに就任し、2016年に二軍打撃コーチに異動した。

2017年10月30日、北海道日本ハムファイターズの二軍打撃コーチを退任し、アマスカウトになることが発表された[6]

2021年11月18日、2022年よりアマスカウトから一軍ヘッドコーチへ配置転換されることが発表された[7]

人物編集

同じ和歌山県出身の先輩、小久保裕紀とはダイエー時代から親交が深く、斉藤和巳木佐貫洋らとともに小久保組を形成している。

イチローとの関係

イチローと親交がある。高校時代からお互い面識があったが、ハワイのウインター・リーグに派遣された際、同部屋で寝食を共にしたことで親交が深まった。この時イチローは試行していた「振り子打法」を林に見せ、同意を得られたことから試合で実行するようになった[8]

帰国後、イチローが一軍に定着し首位打者を獲得するようになるが、林は長らく二軍生活を送っている(同ポジションに小久保、湯上谷ら、強力なライバルがいた)。イチローはバットやグラブなどの専属メーカーの支援を持たなかった林に対し、自身のシグネチャーモデルの打撃用手袋英語版などを贈っていた。イチローは折れたバットに行く先に至るまで、自身が使う道具の管理に気を使っていたため、用品店で手に入るレプリカモデルは別として、シグネチャーモデルの用具を他の選手が使う事を許していなかった。その例外が林である。

2014年8月22日、当時ニューヨーク・ヤンキース所属のイチローは、中前へヒットを放った。それはイチローにとって日米通算4094安打目にあたり、林の通算成績94安打からちょうど4000本差になった「記念打」であった。ヒットを放ったバットは、林からのリクエストによりプレゼントされた[9]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1995 ダイエー 6 11 10 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .100 .182 .100 .282
1999 77 139 115 16 26 4 2 3 43 13 0 2 8 0 16 1 0 30 3 .226 .321 .374 .695
2000 53 84 73 13 20 3 0 2 29 8 0 0 2 0 8 0 1 22 1 .274 .354 .397 .751
2001 49 21 18 4 4 0 0 1 7 6 0 0 1 0 2 0 0 7 0 .222 .300 .389 .689
2002 日本ハム 66 179 163 18 41 6 1 6 67 28 0 0 2 2 11 1 1 40 2 .252 .299 .411 .710
2003 4 7 7 1 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .286 .286 .286 .572
2004 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
2005 ロッテ 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 263 451 396 53 94 13 3 12 149 57 0 2 13 2 38 2 2 108 7 .237 .306 .376 .682

年度別守備成績編集



三塁 一塁 二塁




































1995 ダイエー 5 1 4 0 0 1.000 - -
1999 57 19 68 3 4 .967 6 15 0 0 1 1.000 5 7 8 0 1 1.000
2000 18 4 12 1 1 .941 17 42 4 0 2 1.000 18 27 24 2 6 .962
2001 5 2 3 0 0 1.000 41 70 5 0 6 1.000 -
2002 日本ハム 33 15 49 1 4 .985 17 66 9 0 9 1.000 6 6 14 1 2 .952
2003 2 0 2 0 0 1.000 2 16 1 0 0 1.000 -
2004 2 2 1 0 0 1.000 - -
2005 ロッテ - 1 2 0 0 0 1.000 -
通算 122 43 139 5 9 .973 84 211 19 0 18 1.000 29 40 46 3 9 .966

記録編集

初記録

背番号編集

  • 57(1992年 - 2002年途、2005年 - 2006年)
  • 31(2002年途 - 2004年)
  • 77(2009年 - 2010年、2022年 - )
  • 73(2014年 - 2017年)

脚注編集

  1. ^ '94スポニチプロ野球手帳 スポーツニッポン新聞社
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会65年史」毎日新聞社 日本高等学校野球連盟 1994年
  3. ^ 「タカ10回サヨナラ 代打・林が決勝3塁打」『読売新聞』(縮刷・関東版) 1999年(平成11年)8月9日付朝刊、15面(スポーツ面)。
  4. ^ 「林サヨナラ弾 タカは3連敗」『読売新聞』(縮刷・関東版) 2002年(平成14年)7月27日付朝刊、22面(スポーツ面)。
  5. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/team/hawks/headlines/headlines/20101003-00000068-kyodo_sp-spo.html
  6. ^ ファームコーチ退任のお知らせ|北海道日本ハムファイターズ”. 北海道日本ハムファイターズ (2017年10月30日). 2018年1月20日閲覧。
  7. ^ “新庄体制全スタッフ決定 “右腕”ヘッドコーチに林孝哉スカウト 木田2軍監督”. デイリースポーツ. (2021年11月18日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/11/18/0014850952.shtml 2021年11月18日閲覧。 
  8. ^ 石田雄太 (2021年1月11日). “「これ、かっこよくない?」20歳イチローがハワイの夜間練習で見せた“衝撃の振り子打法””. Number Web. 2021年11月16日閲覧。
  9. ^ イチロー サヨナラ演出打&決勝ホーム”. デイリースポーツ (2014年8月23日). 2021年11月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集