メインメニューを開く

林家 きく姫(はやしや きくひめ、1970年5月8日 - )は、落語協会トヨタアート所属の真打落語家。本名・松本 恋由姫(まつもと こゆき)。愛媛県松山市出身。[1]

林家きく姫はやしや きくひめ
本名 松本 恋由姫
生年月日 (1970-05-08) 1970年5月8日(49歳)
出身地 日本の旗 日本愛媛県松山市
師匠 林家木久扇
出囃子 娘道成寺
活動期間 1987年 -
活動内容 古典落語
所属 落語協会
トヨタアート(マネジメント)

目次

経歴編集

幼い頃に、松山市から東京に家族とともに転居[2]、母が音楽好きで、幼い頃からクラシックジャズが流れる家で育つ。東京都中野区立第八中学校卒業後、ジャズヴォーカリストを目指し日本音楽高等学校声楽科に進学したが、テレビで『笑点』を観たのがきっかけで、1987年に高校を中退し16歳で初代林家木久蔵(現:林家木久扇)に入門、惣領弟子となる[3]

1991年二つ目2001年秋に東京女性落語家としては4人目となる真打昇進。古典落語を得意とし、古典を女性の視点で演出する。

2001年同じく落語家柳家花緑と婚約、同居。婚約は2001年12月26日の落語協会の納会で正式に発表された[4]。本来ならば2002年に結婚する予定だったが、花緑の祖父で師匠の5代目柳家小さんが死去したことに伴い、長期に渡る延期状態になった。その後、2009年5月に別居・破局したことが、12月に週刊誌で報じられた[5]

NHK学園高等学校に入学。仕事の合間を縫って単位を取得し、2008年3月30日に卒業。

出演編集

テレビ編集

ドラマ
バラエティ(準レギュラー以上のみ)
  • ジャスト「きく姫のそれ行け晩ご飯」コーナー(TBS、1999年 - 2003年頃)

著書編集

  • 林家きく姫のみんなが元気になる女性落語家入門 - 林家きく姫(監修・出演)、こどもくらぶ(著)(彩流社、2016年1月)ISBN 4779150183

DVD編集

脚注編集

  1. ^ 一般社団法人 落語協会 林家 きく姫
  2. ^ 愛媛新聞 2018年1月15日15面 コラムよろしく より
  3. ^ 兄弟子2代目林家時蔵は大師匠林家彦六門下(すなわち師匠の弟弟子)のち師匠の兄弟子5代目春風亭柳朝門下からの移籍であり、香盤としてはきく姫は2番弟子である。ラーメンの販売やいやんばかんダンスを行うのはきく姫以降の弟子である。
  4. ^ 稲田和浩 (2002年3月29日). 演芸界2001年の動き(東京かわら版寄席演芸年鑑2002年版). 東京かわら版. p. 61. 
  5. ^ 稲田和浩 (2010年3月28日). 演芸界、2009年のできごと. 寄席演芸年鑑2010年版(東京かわら版2010年4月号). 東京かわら版. p. 67. 

外部リンク編集