林家 ぼたん(はやしや ぼたん、1980年昭和55年)1月18日 - )は、落語協会所属の女流落語家2016年3月より真打静岡県浜松市出身。本名は近田ちかだ 登司枝としえ出囃子『茶摘』。

林家はやしや ぼたん
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}林家(はやしや) ぼたん
中陰花菱は林家三平一門の定紋
本名 近田ちかだ 登司枝としえ
生年月日 (1980-01-18) 1980年1月18日(40歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県浜松市
師匠 林家こん平
名跡 1. 林家ぼたん(2002年 - )
出囃子 茶摘
活動期間 2002年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 林家ぼたん
備考
ふじのくに静岡大使

人物編集

ノーナ・リーヴス、特にヴォーカル西寺郷太の熱狂的ファン。 自身がNHKラジオ第一放送「今夜も大入り!渋谷・極楽亭」や、JFN「石川次郎お楽しみはこれからだ!」にゲスト出演した際も、ノーナ・リーヴスの楽曲をリクエストした。師匠とは異なり主に古典落語を演じるが、師匠からは「落語は上手い人に教わりに行け。」と言われ殆どネタを教わらなかったとのこと。

中日ドラゴンズのファン、2012年7月18日の「ウーマンズ落語会」で「野球場風景」という古典落語「相撲風景」のパロティを発表。 落語協会草野球チーム「チームR」所属。

フィギュアスケート鑑賞が趣味。プルシェンコのファンとなったことがきっかけで、ロシア語を勉強[1]、2015年11月ロシア語能力検定三級に合格。真打昇進後のサンクトペテルブルクでの公演に繋がった。

所属団体や流派の垣根を超えた女流落語家ユニット「落語ガールズ」に所属している。他のメンバーは、川柳つくし古今亭駒子三遊亭藍馬立川こはる三遊亭美るく春雨や風子林家扇柳家花ごめ三遊亭遊かり林家あんこ春風亭一花立川だん子三遊亭遊七

略歴編集

DVD編集

〜「リアル落語娘」(柳家喬太郎×林家ぼたん)を収録

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 林家ぼたん様 真打昇進!”. ロシア語教室ラインゲート (2016年6月9日). 2018年8月3日閲覧。
  2. ^ 本学部卒業生で女性落語家の林家ぼたん師匠が、このたび、真打に昇進されました!”. 日本大学生産工学部. 日本大学 (2016年3月31日). 2019年9月11日閲覧。 “林家ぼたん師匠は2002年3月に日本大学生産工学部数理工学科(現 数理情報工学科)を卒業”
  3. ^ 林家ぼたん(二ツ目さんインタビュー)”. 2015年12月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集