メインメニューを開く

林家 久蔵(はやしや きゅうぞう、1969年8月23日 - )は、落語家落語協会トヨタアート所属。東京都保谷市(現西東京市)下保谷出身。本名は木村 朋幸(きむら ともゆき)。

林家久蔵はやしや きゅうぞう
本名 木村 朋幸
生年月日 (1969-08-23) 1969年8月23日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都保谷市
(現西東京市
師匠 林家木久扇
出囃子 梅の栄
活動期間 1992年 -
所属 落語協会
トヨタアート(マネジメント)
受賞歴
北とぴあ若手落語家競演会奨励賞

略歴編集

  • 1988年(昭和63年)3月、早稲田大学高等学院卒業。
  • 1991年(平成3年)、吉本新喜劇の東京オーディションで、120人中ただ1人合格する[1]
  • 1992年(平成4年)3月、早稲田大学理工学部数学科(室谷義昭研究室)卒業[1]
  • 1992年(平成4年)8月、初代林家木久蔵(現:林家木久扇)に入門。木久蔵を師匠に選んだ理由は、当時東京の落語家では珍しく冠番組「木久蔵の人情一本釣り」を持っていたから、自分にもチャンスがくるかも…と期待して。ただ、出演する前に番組は終わった。
  • 1995年(平成7年)11月、二つ目昇進。
  • 2004年 - 大江戸台風族を結成し「JUGEM」というCDを出す。
  • 2005年(平成17年)2月、北とぴあ若手落語家競演会 奨励賞受賞
  • 2006年(平成18年)3月、真打昇進。
  • 2005年から2006年にかけて、全国の地方局で放送「突〝激〟!ラーメン紀行」リポーター、「感動!らーめんスタジアム」ナレーター、「グルメ珍遊記」ナレーター、「絶品!珍品!グルメ大爆笑!」リポーターとナレーター、「こだわりの一貫」ナレーター、とプチ活躍中。

趣味編集

  • 弓道四段(早稲田大学高等学院時代から弓道部に所属、大学でも体育会の弓道部に所属していた)。

その他編集

  • 林家木久扇門下3人目の真打で、師匠木久扇が木久蔵の名で真打になった最後の弟子でもある。
  • 学生時代のあだ名は「ガッツ」。高校入学3日目に、後ろの席の栗崎君が本人の両肩をつかみ、「おまえ、ガッツって感じだよな」と言われ、それ以降栗崎君がそう呼ぶためクラス中に広まったらしい。
  • 早稲田ウォーカーのインタビューでは、後輩が入門したいと相談してきたら経済的不安定他いくらでも厳しい理由をつけてやめろと言うと言明している。

出典編集

  1. ^ a b 先輩に乾杯! 弓道家にして理工学部数学科出身の落語家 林家久蔵 こと 木村朋幸さん”. 早稲田ウィークリー (2001年10月25日). 2018年7月30日閲覧。

外部リンク編集