メインメニューを開く

林家 染左(はやしや そめざ、1971年昭和46年)10月5日 - )は、兵庫県宝塚市出身の落語家4代目林家染丸を師匠に持つ。所属はフリー。本名は中川望[1]

林家 染左はやしや そめざ
本名 中川望
生年月日 (1971-10-05) 1971年10月5日(47歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県宝塚市
師匠 4代目林家染丸
活動期間 1996年 -
活動内容 上方落語
所属 フリー
受賞歴
第44回なにわ芸術祭新人賞(2007年)
備考
上方落語協会会員

兄は芸能史研究家の中川桂。

目次

概要編集

幼少より落語をはじめとした古典芸能に親しみ、大阪大学文学部史学科を入学。大学では落語研究会に所属する。卒業後、泉佐野市教育委員会学芸員で郷土史料館に携わる。阪神・淡路大震災をきっかけに1996年8月に4代目染丸に入門。その特異な経歴をいかし、「実感にもとづいた古典の表現を現代に活かせれば」と努力を続けている。日本舞踊、寄席囃子に不可欠な太鼓・笛の腕前でも知られている。主な会は「めふ乃寄席」「林家亭 染左開発計画」「三人寄れば何とかなる会」。

「めふ乃寄席」の会は震災に1997年からスタート。[2]

受賞歴編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集