林家 正楽(はやしや しょうらく)は芸人の名跡。東京、上方にそれぞれある。

  1. 上方の林家正楽 - 上方落語の林家正楽は、1929年昭和4年)に6代目(後述)が死去して以来、空き名跡となっている。
  2. 江戸の林家正楽 - 江戸の林家正楽は、江戸落語および紙切り芸の名跡。初代(自称8代目、一柳金次郎)以来紙切りの芸を得意とし、紙切りの正楽とも呼ばれる。当代は3代目。

なお、太神楽柳貴家正楽の名跡が存在する。


上方編集


6代目 林家はやしや 正楽しょうらく
本名 織田 徳治郎
生年月日 1853年3月7日
没年月日 (1929-08-31) 1929年8月31日(76歳没)
出身地   日本
師匠 5代目林家正三
名跡 1. 林家新三(1883年 - 1888年)
2. 林家しん鏡(1888年 - 1900年)
3. 6代目林家正楽(1900年 - 1929年)
活動期間 1883年 - 1929年
活動内容 上方落語
所属 藤原派
互楽派
寿々会
浪花三友
浪花
吉原
反対派
花月

6代目 林家 正楽(はやしや しょうらく、1853年3月7日 - 1929年8月31日)は、上方落語の落語家。本名:織田 徳治郎。俳名は日歳庵程来。娘婿は5代目笑福亭松鶴6代目笑福亭松鶴は孫にあたる。

1883年8月31日に林家宗太郎(後の5代目正三)門で、林家(または桜川)新三。大阪の新町九軒末広席で初舞台。1888年ころにしん鏡を経て、1900年ころに6代目正楽を襲名。

師匠の影響で「藤原派」「互楽派」に参加、解散後は「寿々会」「浪花三友」「浪花」「吉原」「反対派」「花月」などを転々、主に神戸を中心に活動する。余芸で俳句も嗜み、弟子を持つほどの腕前であった。1927年ごろまで高座に上がったが、その後は若い噺家の稽古台に専念した。現在でも多くの噺家が演じる「鉄砲勇助」をよく演じていた。

享年72。法名は釋見徳。

弟子編集

江戸代外編集

紙切りの正楽が登場する以前に確認されている正楽。

  • 林家正楽 - 4代目林家正蔵の前名。
  • 林家正楽 - 橘家林喬(本名:林林蔵)が4代目正蔵門下で名乗った。
  • 林家正楽 - 奇術の初代帰天斎正一が一時期名乗った。
  • 林家正楽 - 初代帰天斎正一の門下にも林家正楽(松岡宗助)の名がある。同じ一門の帰天斎小正一の実父。

江戸初代編集

画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
初代(8代目) 林家はやしや 正楽しょうらく
本名 一柳いちやなぎ 金次郎きんじろう
生年月日 1896年11月18日
没年月日 (1966-04-15) 1966年4月15日(69歳没)
出身地   日本長野県
師匠 6代目林家正蔵
弟子 林家今丸
名跡 1. 五明楼正福(1917年 - 1919年)
2. 4代目睦月家林蔵(1919年 - 1920年)
3. 6代目桂才賀(1920年 - 1925年)
4. 初代林家正楽(1925年 - 1966年)
活動期間 1917年 - 1966年
活動内容 紙切り
所属 落語睦会(1919年 - 1937年)
日本芸術協会(1937年 - 1966年)

初代(自称8代目)林家 正楽(はやしや しょうらく、1896年11月18日 - 1966年4月15日)は日本の落語家、紙切り芸人。長野県出身。本名は一柳 金次郎(いちやなぎ きんじろう)。生前は日本芸術協会(現:落語芸術協会)所属。

1917年ごろに、4代目五明楼春輔(後の6代目林家正蔵)を訪ねる。正福と名乗ってセミプロとなる。1919年1月、「落語睦会」設立騒動時に、下地があると認められて二つ目となり「睦」の字にちなんで睦月家林蔵(むつきやりんぞう)を名乗る。1920年12月に6代目桂才賀襲名。この当時は噺家不足がきっかけの大量真打昇進があったため、「準真打」昇進だった。

新作落語の『峠の茶屋』『さんま火事』『壷』を作ったことで知られるが、出身地である信州の訛りが抜けず、落語家としては大成しなかった。

紙切りを披露するにいたったのは睦会の忘年会であった。それが好評となり、1923年関東大震災をきっかけに、専業の紙切り師になるにいたった。1925年に正楽を名乗り真打となった。改名時には上方の6代目正楽が生存していたため、2人の正楽が並立していたことになる。

マッカーサースカルノ昭和天皇の前で芸を披露したことがある。

1952年3月22日、東京放送会館で行われたNHKのカラーテレビ公開試験放送で紙切りを披露した[1]白黒テレビさえ本放送にいたっていない時期に、カラーテレビに出演した日本最初の芸人となった。

享年70。弟子に林家今丸がいる。

江戸2代目編集

2代目 林家はやしや 正楽しょうらく
本名 山崎やまざき 景作けいさく
生年月日 1935年9月21日
没年月日 (1998-07-02) 1998年7月2日(62歳没)
出身地   日本埼玉県
師匠 林家彦六
名跡 1. 林家正作(1954年 - 1957年)
2. 初代林家小正楽(1957年 - 1967年)
3. 2代目林家正楽(1967年 - 1998年)
活動期間 1954年 - 1998年
活動内容 紙切り
家族 3代目桂小南(長男)
林家二楽(次男)
林家八楽(孫)
所属 落語協会

2代目 林家 正楽(はやしや しょうらく、1935年9月21日 - 1998年7月2日)は埼玉県出身の紙切り芸人。生前は落語協会所属。本名:山崎 景作(やまざき けいさく)。

1954年に8代目林家正蔵(のちの林家彦六)に入門、前座名は林家正作。江戸言葉とは異なる埼玉弁特有のアクセントが抜けないため、師匠正蔵は比較的早い段階で噺家を断念させ、初代林家正楽を紹介、1956年から初代正楽門下として、紙切りに転向する(厳密には初代正楽門下ではなく、預かり弟子と言う形で、正式な形としては一貫して彦六門下であった)。

1957年林家小正楽1967年に2代目林家正楽襲名。1988年に「正蔵師匠と私」を上梓、翌1989年には、この本を原作としたNHK連続テレビドラマ晴のちカミナリ」で、自身の父親役で出演した。1998年7月2日腸閉塞で死去。享年62。

長男は落語家の3代目桂小南、次男は林家二楽

江戸3代目編集

3代目 林家はやしや 正楽しょうらく
 
本名 秋元あきもと まこと
生年月日 (1948-01-17) 1948年1月17日(72歳)
出身地   日本東京都目黒区
師匠 2代目林家正楽
名跡 1. 林家一楽(1967年 - 1988年)
2. 2代目林家小正楽(1988年 - 2000年)
3. 3代目林家正楽(2000年 - )
出囃子 琉球節
活動期間 1967年 -
活動内容 紙切り
所属 落語協会
受賞歴
第13回国立演芸場花形新人演芸会金賞(1983年)
第3回選抜若手演芸大賞色物部門奨励賞(1988年)
第70回芸術選奨文部科学大臣賞(2020年)

3代目 林家 正楽(はやしや しょうらく、1948年1月17日 - )は東京都目黒区出身の紙切りの芸人。本名は秋元あきもと まこと落語協会所属。

略歴編集

東京都立小石川工業高等学校卒業[2]1966年(昭和41年)、林家小正楽(のちの2代目林家正楽)に弟子入りを志願し、紙切りの教えを受けるも、このときは正式な弟子入りは叶わなかった。1967年(昭和42年)に正式に2代目正楽に入門、修業のかたわら早稲田大学生活協同組合書籍部で店長を務めた。

1970年(昭和45年)、師匠正楽のダブルブッキングの代役として、林家一楽の名前で初高座(越谷市役所イベント)。1988年(昭和63年)に師匠の前名である林家小正楽を襲名。

2000年(平成12年)9月、3代目林家正楽を襲名。襲名披露興行では紙切りで寄席史上初のトリをつとめた。

受賞歴編集

  • 1983年(昭和58年) - 第13回国立演芸場花形新人演芸会金賞受賞。
  • 1988年(昭和63年)2月 - 第3回選抜若手演芸大賞色物部門奨励賞受賞。
  • 2020年(令和2年)3月 - 芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)受賞[3]。紙切り芸での受賞は史上初。

出演編集

テレビドラマ

ウェブテレビ編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 日本放送協会(編)『放送の五十年 昭和とともに』(日本放送出版協会、1977年)p.293
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.556
  3. ^ 令和元年度(第70回)芸術選奨文部科学大臣賞及び同新人賞の決定について”. 文化庁 (2020年3月4日). 2020年6月6日閲覧。
  4. ^ 柳亭市馬、笑福亭仁智ら総勢12名が出演する夢の寄席が実現!『第二回ABEMA寄席』生放送決定” (日本語). ABEMA TIMES (2020年5月20日). 2020年5月23日閲覧。

出典編集