林家 正雀(はやしや しょうじゃく)は落語家の名である。


林家はやしや 正雀しょうじゃく
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}林家(はやしや) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}正雀(しょうじゃく)
本名 井上いのうえ しげる
別名 竹の家すゞめ[注 1]
生年月日 (1951-12-25) 1951年12月25日(69歳)
出身地 日本の旗 日本山梨県大月市
師匠 林家彦六
二代目橘家文蔵
弟子 林家彦丸
林家彦三
名跡 1. 林家茂蔵
(1974年)
2. 林家繁蔵
(1974年 - 1978年)
3. 林家正雀
(1978年 - )
出囃子 都風流
活動期間 1974年 -
活動内容 古典落語
所属 落語協会
公式サイト 林家正雀公式サイト 「雀の御宿」
受賞歴
1979年 第8回NHK新人コンクール最優秀賞
1996年 平成8年度芸術選奨大衆芸能部門新人賞

林家 正雀1951年12月25日 - )は、山梨県大月市出身の落語家である。落語協会所属。本名∶井上 茂出囃子∶『都風流』。

林家彦六最後の弟子であり、師匠・彦六の怪談噺、芝居噺の継承者としても知られている。

経歴編集

山梨県立都留高等学校時代[1]に、進学するか、落語家に入門するかで悩み、六代目三遊亭圓生宅を訪ねて弟子入り志願するも、断られたため日本大学[1]文理学部国文学科に進学を落研(日本大学文理学部落語研究会)入りした。

1974年2月、八代目林家正蔵に入門。入門時の正蔵の年齢は78歳だった。前座名は「茂蔵」、 後に「繁蔵」に改名。

1978年9月、柳家〆治古今亭菊弥と共に二ツ目昇進。「正雀」に改名。1982年に師匠・彦六が死去。兄弟子・林家上蔵と共に兄弟子・二代目橘家文蔵一門に移籍する。

1983年9月、柳家小里ん蝶花楼花蝶林家源平と共に真打昇進。兄弟子・上蔵時蔵を追い抜いての昇進だった。

芸歴編集

人物編集

逸話編集

開運なんでも鑑定団に出演。棟方志功の弁才天像を出品し、本人評価額は100万円だったが、偽物で1000円だった。

受賞編集

出演編集

インターネット編集

著書編集

弟子編集

真打編集

二ツ目編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 気になる人にズバリ!聞ックス!(YBSラジオ)”. 2016年5月28日閲覧。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 鹿芝居狂言作家としてのペンネーム。

出典編集

外部リンク編集