メインメニューを開く

林慎一郎

林慎一郎(はやし しんいちろう、1977年1月26日 - )は、日本劇作家演出家極東退屈道場代表。北海道函館市出身。[1]


目次

来歴編集

函館ラ・サール高等学校京都大学総合人間学部卒業。大学在学中に演劇活動を開始。2004年伊丹想流私塾にて北村想に劇作を師事。2007年、公演ごとに俳優を集める個人プロデュース「極東退屈道場」を立ち上げる。

2011年、『サブウェイ』で、第18回OMS戯曲賞大賞を受賞[2]し、以降、2年に渡り再演を続け、「列島縦断延伸ツアー」と称し、全国の地下鉄保有5都市(札幌仙台東京大阪福岡)にて上演する。

2013年、『タイムズ』で、第20回OMS戯曲賞特別賞を受賞し、佐藤信演出により再演する。[3]

2016年、『PORTAL』(演出:松本雄吉劇団維新派))で、第61回岸田國士戯曲賞候補。[4]

都市」を題材に、膨大なモノローグ映像ダンスを用いた「報告劇」を立ち上げており、都市に対するその独特な切り口と、都市生活者たちの人物造形が特徴。[5][6]

劇作家として、他の演出家との作業も積極的に行なっている。 2016年より山本能楽堂にて、能楽師協働と現代演劇のコラボレーション作品を発表している。[7]

伊丹想流劇塾マスターコース・師範。[8]大阪市立咲くやこの花高校演劇科講師。

劇作家、演出家としての活動の他、劇場主催の演劇ワークショップなどの講師も多数務める。

主な作品編集

極東退屈道場編集

(作・演出 主な作品)

戯曲提供編集

2016年、第61回岸田國士戯曲賞候補)

外部リンク編集

脚注編集