林正道 (実業家)

日本の実業家、馬主

林 正道(はやし まさみち、1956年2月8日[1] - )は、日本実業家馬主

はやし まさみち

林 正道
2020年1月11日 京都8R口取り式
生誕 (1956-02-08) 1956年2月8日(68歳)[1]
職業 実業家馬主
肩書き 株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ 元代表取締役社長[1]
テンプレートを表示

経歴

編集

1979年に日興不動産株式会社、次いで1999年日興証券株式会社に入社[1]2001年に不動産業務室長、翌年4月に日興コーディアル証券株式会社不動産業務室長となり、同年6月にシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズを設立した[1]

馬主活動

編集
 
第49回ステイヤーズステークスの口取り式、優勝馬アルバート

日本中央競馬会(JRA)に登録する馬主としても知られる。勝負服の柄は海老、黒縦縞[2]冠名は特に用いない。

GI競走こそ未勝利であるが、初年度の所有馬から重賞勝ち馬が3頭現れるなど、活躍馬の多い相馬眼の持ち主である[3]

来歴

編集

主な所有馬

編集

重賞競走優勝馬

編集

その他の所有馬

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c d e 林正道 シンプレクス・インベストメント・アトバイザーズ”. 企業家人物辞典 (2005年6月7日). 2007年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月17日閲覧。
  2. ^ 林 正道”. ウマニティ. 2023年2月17日閲覧。
  3. ^ 新興馬主・林氏 驚異の相馬眼!重賞獲り続々”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2012年7月31日). 2023年2月17日閲覧。