メインメニューを開く

林 洋子(はやし ようこ、1930年11月 - )は、日本女優宮沢賢治作品のひとり語り芸の公演を、国内外で1600回近く重ねている[1]

はやし ようこ
林洋子 (女優)
本名 橋本洋子(はしもと ようこ)
生年月日 (1930-11-03) 1930年11月3日(88歳)
出生地 日本の旗日本東京都大田区
身長 153cm
血液型 O型
職業 女優演出家
著名な家族 林光(元夫)

目次

来歴編集

東京都大田区蒲田生まれ。都立第六高等女学校(現都立三田高校)卒業後、1949年に俳優座付属俳優養成所の第1期生となり、1952年に卒業(同期生に岩崎加根子野村昭子らがいる)。俳優座仲間からは、現在でも「洋介」の愛称で親しまれている。野村昭子とは大の仲良しでその友情は現在も続いている。また、反原発の科学者高木仁三郎は同志であり親友。元夫は作曲家の林光

俳優座養成所第一期卒業後、劇団三期会で数々のブレヒト劇に主演し、後にフリーとなる。1970年、水俣病の実態に触れる。71年、石牟礼道子原作「苦海浄土」巡礼公演。以後自発的に芝居が出来なくなり俳優として沈黙する。1973年に訪印し、コルカタの民家に滞在。帰国後にベンガル語を学ぶ。1978年~79年にインド再訪。ベンガルの農村を独りで歩き宗教的大道芸バウルに出会い、表現の原点を発見する。1980年、クラムボンの会を設立し宮沢賢治作品の一人語り出前公演を開始。生の音楽と共に語り演じる独特の語りは、日本全国、また海外で熱い喝采を受けている。公演回数は1600回に迫り総観客数は32万人に達しようとしている。2017年2月1日に創立37周年を迎えた。まさに賢治の生涯と同じ37年の年月を林洋子は賢治作品をひとり語りで演じ続けてきた。国際交流基金派遣によるインド、インドネシアマレーシアフランスなど海外公演多数。シタール堀之内幸二に師事。琵琶薩摩琵琶鶴田派の田中之雄に師事。1994年、「幼児も涙してその世界に没入するほどの感動を人々に与えた。」と宮沢賢治学会及び花巻市より第4回イーハトーブ賞を受賞。2015年より林洋子賢治語り芸の後継者として二代目巌谷陽次郎が参加、二人三脚で、精力的に賢治の世界の語り出前公演に活躍している。

出演(舞台)編集

     合唱と管弦楽のための。ナレーター役。現代日本のオーケストラ音楽・第26回演奏会。

演出及び出演編集

  • アイリッシュ・ハープと語り 「よだかの星」「やまなし」 1980年初演
  • シタール弾き語り「雁の童子」 1985年初演
  • 笛やお囃子と語り「雪わたり」「いちょうの実」 1990年初演
  • 薩摩琵琶弾き語り「なめとこ山の熊」 1995年初演
  • 薩摩琵琶弾き語り「賢治文語詩朗唱」 2000年初演
  • 鐘とVoiceと語り「四又の百合」 2014年初演
  • 弦楽四重奏と朗読 タゴール作「ギタンジャリ」 2000年初演

主な吹き替え編集

著書編集

  • 「合言葉はクラムボン」―夢の注文承りますー  こみち書房
  • 「わたしのこと」 クラムボン企画

CD・DVD編集

CD

  • 林洋子宮沢賢治ひとり語り
1 アイリッシュ・ハープと語り 「雨ニモマケズ」「やまなし」「よだかの星」
2 シタール弾き語り 「雁の童子」
3 笛やお囃しと語り 「いちょうの実」「雪わたり」
  • 薩摩琵琶弾き語り

 「なめとこ山の熊」「文語詩朗唱」

  • オーケストラ、ソプラノ、バリトン、ナレーター、合唱のための

 「無声慟哭」 高田三郎作曲

  • タブラと笛と声による

 「黄金の舟」 タゴール作

  • ラジオ深夜便「めぐり逢ういのち」―賢治一人語り25年―

DVD

・薩摩琵琶弾き語り  「なめとこ山の熊」

脚注編集

  1. ^ 宮沢賢治学会イーハトーブセンター http://www.kenji.gr.jp/prize.html#t3

外部リンク編集