メインメニューを開く

林立果(りん りつか、拼音: Lín Lìgǔo1945年-1971年9月13日)は中華人民共和国軍人。父は林彪、母は葉群、姉は林豆豆[1]。幼少の頃は、虎と呼ばれた。毛沢東暗殺計画(五七一工程紀要)を立案、事が露見すると、父母らと共にトライデント機で逃亡、モンゴル人民共和国ヘンテイ県ベルフ村南方付近で墜落死した(林彪事件)。

目次

概要編集

林立果は北京大学物理学部に入学し、文化大革命時に中退し、1967年空軍に参加し空軍司令部弁公室秘書となり、その後すぐに中国共産党に加入した。1969年10月7日呉法憲は林彪の示唆を受け、林立果を空軍司令部弁公室副主任兼作戦部副部長に任命した。当時の人は林立果を「一年で兵、二年で党、三年で副部長、四年で上皇になる」と呼んでいた。空四軍政治委員の王維国は林立果を「天才」とおだて上げた。

1970年10月、林彪の指揮の下、林立果は秘密組織「連合艦隊」を結成し、武装蜂起計画を策定した(五七一工程紀要、五七一は武起義、武装蜂起と同じ発音)。「連合艦隊」と名づけた理由は日本映画『連合艦隊司令長官 山本五十六』『あヽ海軍』を観て感動したためである。1971年、林彪の指揮の下、林立果は政変を画策した。程なく、林立果の為に林彪夫婦は嫁を選ぶこと(「選妃」)を進め南京軍区前歌舞団の舞踏俳優、張寧を婚約者とした。

毛沢東暗殺計画が露見されると、同年9月13日、林彪夫婦、林立果ら9人はトライデント256号機で、河北省北戴河山海関空港より逃亡したが、モンゴル人民共和国ヘンテイ県イデルメグ村(モンゴル国ヘンテイ県ベルフ市の南方10キロ付近)で墜落死した。

その他編集

  • 林立果の「選妃」の際、婚約者に選ばれた張寧は1997年に『塵劫(尘劫)』を出版した。
  • 夏之炎の『虹の彼方に消ゆ—小説・林彪事件』(文藝春秋,1979年)は林立果を主人公にしている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 矢吹晋『中国人民解放軍』、講談社、1996年7月、P34,41

関連項目編集