メインメニューを開く

林至涵(りん しかん、リン・チンハン、1980年11月14日 -)は台湾囲碁棋士台湾棋院所属、台北市出身、林聖賢門下、九段。天元戦優勝3回など。台湾の棋士としては周俊勲に次ぐ二人目の九段。

経歴編集

1992年に世界青少年囲碁選手権大会少年組優勝。1997年世界アマチュア囲碁選手権戦4位。2001年入段。同年、台湾棋院杯優勝。以後数々の台湾棋院棋戦に優勝。2002年CSK杯囲碁アジア対抗戦に中華台北チームとして出場。2004年、中環杯世界囲碁選手権戦に出場、1回戦で宋泰坤に勝ち、2回戦で山下敬吾に敗れる。2007年八段、中環杯世界囲碁選手権戦1回戦で崔哲瀚に勝ち、2回戦で朴正祥に敗れる。2008年には中国乙級リーグに台湾棋院チーム主将として出場。同年CMC杯、天元戦、国手戦、碁聖戦の4冠を達成。2009年に八段昇段後120勝の規定により、台湾の棋士としては二人目、台湾棋院としては初めての九段昇段を果たす。

タイトル歴編集

他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

  • 棋霊王杯プロ囲棋戦 準優勝 2002年
  • 台湾棋院杯 準優勝 2003、04年
  • 亞藝杯戦 準優勝 2003年
  • 天元戦 準優勝 2004年
  • 魔戒杯プロ囲棋戦 準優勝 2004(3期)年
  • 王座戦 挑戦者 2006年(1期)、11年
  • 東鋼杯プロ囲棋戦 準優勝 2007、08年
  • 中環杯囲棋オープン戦 準優勝 2008年
  • 棋王戦 挑戦者 2010年

その他

  • 中国囲棋リーグ戦
    • 2008年乙級(台湾棋院)3-3
    • 2008年丙級(台湾棋院)4-3
    • 2008年丙級(台湾棋院)5-2
    • 2009年丙級(台湾棋院)4-3
    • 2010年丙級(台湾棋院)5-2

外部リンク編集