メインメニューを開く

林 英哲(はやし えいてつ[1]1952年2月2日[2][3] - )は、日本和太鼓奏者、作曲家

林 英哲
EitetsuHayashi2001-05.jpg
基本情報
生誕 (1952-02-02) 1952年2月2日
出身地 日本の旗 日本広島県
ジャンル 音楽
職業 和太鼓奏者、作曲家
担当楽器 和太鼓
公式サイト 林英哲オフィシャルサイト

目次

来歴・人物編集

広島県出身。実家は真言宗の寺院で、8人兄弟の末っ子である。広島県立東城高等学校を卒業後の1970年昭和45年)に、美大を目指して上京した。翌1971年(昭和46年)に「佐渡・鬼太鼓座」の創設に誘われて参加。「鼓童」の創設にも関わり、11年間のグループ活動を経た1982年にソロ奏者(ソリスト)として独立した[3]

1984年(昭和59年)にはオーケストラ曲『交響的変容』(水野修孝作曲)[4]で、和太鼓ソリストとして初となるカーネギー・ホールマンハッタンコンサートホール)での演奏を果たした[5]

若手和太鼓奏者と組んだ「英哲風雲の会」というユニットでの活動もある。1995年平成7年)のテレビCMにおける出演者からの選抜メンバーが、ルーツだという[6]

洗足学園音楽大学で客員教授も務める[7]

2013年平成25年)4月10日、出身地の広島県庄原市より市民栄誉賞を受賞[8]

著書編集

  • あしたの太鼓打ちへ (晶文社、1992年) ISBN 4794960980
  • 林英哲太鼓日月 - 独走の軌跡 (講談社、2012年) ISBN 4062180529

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集