林陵平

日本のサッカー選手

林 陵平(はやし りょうへい、1986年9月8日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFW。血液型A型。

林 陵平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ハヤシ リョウヘイ
ラテン文字 HAYASHI Ryohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-09-08) 1986年9月8日(34歳)
出身地 東京都八王子市
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
ユース
2002-2004 工学院大学附属高等学校
2005-2008 明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009 東京ヴェルディ 32 (6)
2010-2012 柏レイソル 37 (11)
2012 モンテディオ山形 (loan) 16 (2)
2013-2016 モンテディオ山形 91 (20)
2017 水戸ホーリーホック 41 (14)
2018-2020 東京ヴェルディ 46 (12)
2019 FC町田ゼルビア (loan) 4 (0)
2020 ザスパクサツ群馬 (loan) 36 (2)
通算 300 (67)
監督歴
2021- 東京大学
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

ジュニアからユースまで、生粋のヴェルディ下部組織育ち。高校卒業時、プロからのオファーがなかったことから明治大学へ進学。大学では2年時の後期リーグから頭角を現すと3年時には渡邉千真に次ぐランキング2位の14得点を挙げリーグ優勝に貢献。ベストイレブンに輝く。また、6月には出場こそなかったものの、当時J1の横浜FC特別指定選手として登録される。

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会ではJリーグ相手に3得点(京都サンガF.C.戦1得点、清水エスパルス戦2得点)を含む、計5得点を挙げチームの4回戦進出の原動力となる。

2008年7月、チームメイトの藤田優人とともに、古巣東京ヴェルディ入団を決める。

2009年シーズンは32試合出場6ゴールと、1年目としてはまずまずの成績を残すもののチームの財政難の影響もあり、2010年よりJ2に降格した柏レイソルに完全移籍となった。同年3月28日、柏移籍後の初ゴールを古巣の東京V戦で決める。

2012年7月、モンテディオ山形に期限付き移籍。2013年より山形に完全移籍、同年には中島裕希と並ぶシーズン12得点でチーム得点王の活躍を見せた。

2017年シーズンより、水戸ホーリーホックに完全移籍。41試合に出場し、チーム最多の14得点を挙げた[1]

2018年、東京ヴェルディへ9年ぶりに復帰[2]

2019年8月、FC町田ゼルビアに期限付き移籍で加入[3]

2020年、東京ヴェルディへ復帰[4]。2020年3月、ザスパクサツ群馬へ期限付き移籍[5]

2020年11月19日、2020年シーズンをもって現役を引退すると発表された[6][7]

2021年1月30日、東京大学運動会ア式蹴球部の監督就任が発表された[8]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 明治大 11 - - 3 5 3 5
2009 東京V 27 J2 32 6 - 1 0 33 6
2010 17 24 10 - 2 1 26 11
2011 11 J1 10 1 1 0 1 0 12 1
2012 3 0 - - 3 0
山形 39 J2 16 2 - 2 1 18 3
2013 8 34 12 - 2 1 36 13
2014 3 0 - 2 0 5 0
2015 J1 23 2 4 0 0 0 27 2
2016 J2 30 6 - 2 2 32 8
2017 水戸 41 14 - 0 0 41 14
2018 東京V 11 28 7 - 2 1 30 8
2019 16 5 - 0 0 16 5
町田 22 4 0 - - 4 0
2020 東京V 27 0 0 - - 0 0
群馬 13 36 2 - - 36 2
通算 日本 J1 36 3 5 0 1 0 42 3
日本 J2 264 64 - 13 6 277 70
日本 - - 3 5 3 5
総通算 300 67 5 0 17 11 322 78
  • 2007年、特別指定選手としての出場はなし

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2011 11 - 2 1
2012 2 0 -
通算 AFC 2 0 2 1

タイトル編集

柏レイソル

個人

エピソード編集

  • プロ初先発となったサガン鳥栖戦では、開始9秒で菅原智が一発退場[9]となり、ほぼ90分を10人で戦うという苦しい展開となったが、先制点をアシストすると自身もプロ初得点を決め勝利に貢献した。
  • 柏レイソルでは日テレ・ベレーザ出身の小野寺志保スカイパーフェクTVのレポーターとして中継にしばしば参加している。小野寺は同じグラウンドで練習していた林の事を以前から知っていて、その事をアナウンサーから聞かれた際には「林の事を母のような気持ちで見守っている」と答えている。
  • 自他共に認める海外サッカー通である。好きな選手はズラタン・イブラヒモビッチであり、自身のゴールの際にゴールパフォーマンスの真似を披露した事もある。山形在籍中のオフシーズンには、現役選手にも関わらず欧州サッカー中継の解説者(いわゆるゲストではない)を複数回務めた実績がある。

脚注編集

  1. ^ J2東京V 経営難で手放した選手が9年ぶり復帰「私には緑の血が流れています」”. スポニチアネックス (2017年12月18日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ 林 陵平選手移籍加入のお知らせ”. 東京ヴェルディ (2017年12月18日). 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 林陵平選手 加入のお知らせ”. FC町田ゼルビア (2019年8月12日). 2019年8月17日閲覧。
  4. ^ 林陵平選手復帰のお知らせ”. 東京ヴェルディ (2020年1月10日). 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ 【トップチーム】林陵平 選手 東京ヴェルディより期限付き移籍加入のお知らせ”. ザスパクサツ群馬 (2020年3月13日). 2020年3月13日閲覧。
  6. ^ 林陵平選手引退のお知らせ”. 東京ヴェルディ (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  7. ^ 【トップチーム】林陵平 選手 現役引退のお知らせ”. ザスパクサツ群馬 (2020年11月19日). 2020年11月19日閲覧。
  8. ^ “林陵平監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 東京大学運動会ア式蹴球部, (2021年1月30日), https://todai-soccer.com/2021/01/29/newheadcoach/ 2021年1月30日閲覧。 
  9. ^ 高崎理貴菅野孝憲のJリーグ記録(開始1分)を大幅に塗り替えるとともに、プロリーグでは世界最速記録

関連項目編集

外部リンク編集