メインメニューを開く

果川市(クァチョンし)は大韓民国京畿道にある市。ソウル近郊のベッドタウンのひとつである。北にソウル特別市、西には京畿道安養市、東に、城南市、南で義王市に接する。 基盤岩はほとんどが縞状片麻岩で構成されているが、良才川沿岸には沖積地が広く発達した。 主要な山では冠岳山(冠岳山:629m)・鷹峰(鷹峰:348m)・清渓山(淸溪山:618m)などがそびえている。 ソウル特別市とは南泰嶺(ナムテリョン)を通じて連結される。

京畿道 果川市
2014년 8월 31일 서울랜드 입구.jpg
位置
果川市の地図
各種表記
ハングル: 과천시
漢字: 果川市
片仮名転写: クァチョン=シ
ローマ字転写 (RR): Gwacheon-si
統計(2010年
面積: 35.813 km2
総人口: 72,088 人
世帯数: 26,067 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 6洞
行政区域分類コード: 31110
果川市の木: クリ
果川市の花: クロフネツツジ
果川市の鳥: ハト
自治体公式サイト: 果川市
テンプレートを表示
果川市庁

目次

概要編集

高麗時代は果州と呼ばれ、李氏朝鮮時代は京畿道広州牧果川県に属し、1895年5月に仁川府果川郡に変更。1896年京畿道管轄となる。日本統治下の1914年3月に安山郡とともに始興郡に編入され、始興郡果川面となる。

  • 1986年1月1日 - 始興郡果川面が市制施行し、果川市となる。

行政編集

行政区域編集

行政洞 法定洞
中央洞(チュンアンどう) 官門洞(クァンムンどう)、中央洞(チュンアンどう)
葛峴洞(カリョンどう) 文原洞(ムヌォンどう)、葛峴洞(カリョンどう)、元文洞(ウォンムンどう)
別陽洞(ピョリャンどう) 別陽洞(ピョリャンどう)
富林洞(プリムどう) 別陽洞(ピョリャンどう)、富林洞(プリムどう)
果川洞(クァチョンどう) 果川洞(クァチョンどう)、注岩洞(チュアムどう)
文原洞(ムヌォンどう) 文原洞(ムヌォンどう)、莫渓洞(マッケどう)

警察編集

消防編集

交通編集

名所編集

姉妹都市編集

友好都市編集

外部リンク編集