果皮(かひ)とは、植物果実の構成要素のうち、子房壁を構成する心皮に由来する部分のこと。最表層を外果皮(がいかひ)、最内層を内果皮(ないかひ)、これらの中間に位置する層を中果皮(ちゅうかひ)と呼び、果実の種類によってさまざまな形状に変化している。しばしば中果皮は多汁な果肉となるが、果肉が必ずしも中果皮由来とは限らない。

関連項目編集