枯葉 (1956年の映画)

枯葉』(かれは、Autumn Leaves)は1956年アメリカ合衆国ドラマ映画。 監督はロバート・アルドリッチ、出演はジョーン・クロフォードクリフ・ロバートソンなど。 年下の男性と恋に落ちて結婚した中年女性が夫の秘密を知り、絶望のどん底に落とされながらも、真実の愛を守り抜こうとする姿を描いている[3]。 主題歌はシャンソンの名曲『枯葉』の英語バージョン(歌唱: ナット・キング・コール)である。

枯葉
Autumn Leaves
監督 ロバート・アルドリッチ
脚本 ジーン・ルベロール英語版
ヒューゴ・バトラー
ルイス・メルツァー
ロバート・ブリーズ英語版
製作 ウィリアム・ゲッツ英語版
出演者 ジョーン・クロフォード
クリフ・ロバートソン
音楽 ハンス・J・サルター
主題歌 ナット・キング・コール
枯葉
撮影 チャールズ・ラング
編集 マイケル・ルチアーノ英語版
製作会社 ウィリアム・ゲッツ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年8月1日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $765,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,100,000[2]
テンプレートを表示

第6回ベルリン国際映画祭監督賞を受賞している[4]。 日本では劇場未公開だがWOWOWで放映された[5]

ストーリー編集

タイピストとして働く独身の中年女性ミリーは、ある日、年下の男バートと知り合う。積極的にアプローチしてくるバートに戸惑いつつもミリーはバートの想いを受け入れ、ついに二人は結婚する。 ところが結婚後、ミリーは、バートがそれまでに語っていたことに様々な嘘があることを知る。そんなある日、ヴァージニアと名乗る若い女性がミリーを訪ねて来る。ヴァージニアはバートの前妻でつい最近離婚が成立したので財産分与の書類にバートのサインが欲しいのだと言う。ミリーは激しいショックを受ける。

キャスト編集

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、9件の評論のうち、89%にあたる8件が高く評価しており、10点満点中7.19点を得ている[6]

受賞歴編集

出典編集

  1. ^ Alain Silver and James Ursini (1995). Whatever Happened to Robert Aldrich?. Limelight. p. 244 
  2. ^ “The Top Box-Office Hits of 1956” (英語). Variety Weekly. (January 2, 1957). 
  3. ^ 桑野仁 (2009年11月19日). “特集:反骨の映画監督ロバート・アルドリッチ”. Talkin'シネマニア!. WOWOW. 2020年7月7日閲覧。
  4. ^ Annual Archives 1956 Prize Winners” (英語). ベルリン国際映画祭. 2019年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月7日閲覧。
  5. ^ 映画 枯葉<未> (1956)について”. allcinema. 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ Autumn Leaves (1956)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年7月7日閲覧。

外部リンク編集