メインメニューを開く
枳実はダイダイやナツミカンを乾燥させたもの(写真はダイダイ)。

枳実(きじつ)とは、ダイダイまたはナツミカンの未熟な果実を乾燥した生薬日本薬局方による基原。成分に精油フラボノイドなどを含む[1][2]。ただし、異説あり[3])である。解熱、健胃などの作用がある。

川越城の武家屋敷外囲いは、枳穀でなければならぬ、と決められていた。今でも三久保町に行くとその名残が残っている。

目次

生薬編集

大柴胡湯(だいさいことう)、四逆散(しぎゃくさん)、参蘇飲(じんそいん)、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、茯苓飲(ぶくりょういん)などの漢方薬に配合される。[1]

自律神経を整え、健胃、去痰、心機能促進などの作用があり、多くの漢方薬の主原料となっている[2]

製法編集

5~6月に未熟果実を摘果採集し、そのまま乾燥させる。あるいは半分に輪切りにして天日または温風で乾燥させる。香りと苦みが強く、果皮が良品とされる。[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公益社団法人 東京生薬協会”. 2018年5月16日閲覧。
  2. ^ a b コトバンク き‐じつ【×枳実】”. 2018年5月16日閲覧。
  3. ^ [1]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集