メインメニューを開く

柄山古墳(からやまこふん)とは、岐阜県各務原市那加柄山町にある前方後円墳。岐阜県指定史跡に指定されている[1]

柄山古墳
所在地 各務原市那加柄山町152
位置 北緯35度25分6.3秒
東経136度49分23.8秒
形状 前方後円墳
規模 全長82m
後円部高さ8.4m
築造時期 4世紀後半~5世紀前半
被葬者 不明
史跡 昭和32年(1957年)県指定史跡
地図
柄山古墳の位置(岐阜県内)
柄山古墳
柄山古墳
テンプレートを表示

琴塚古墳の東、約800m付近にある。

目次

概要編集

  • 古墳時代前期(4世紀後半~5世紀前半)の古墳であり、被葬者は不明である。
  • かつてここに存在した柄山とその一帯、古墳時代~奈良時代の有力者が存在したと推測されている。柄山には古い瓦の破片が多数見つかっており、この一帯には、柄山古墳以外にも前方後円墳1基(南塚古墳)、柄山山頂付近に円墳2基、奈良時代の窯址群が存在していた。1944年(昭和19年)、食糧難による開墾が行なわれ、柄山古墳以外の古墳などの一部が削られてしまう。その後1957年(昭和32年)に柄山古墳を除くこの一帯は削られてしまった。
  • 墳形:前方後円墳葺石埴輪も残る)
  • 規模:
    • 全長 82m
    • 後円部径 54m
    • 後円部高さ 8.4m
    • 前方部長 38m
    • 前方部高さ 4.9m

所在地編集

  • 岐阜県各務原市那加柄山町152

交通アクセス編集

岐阜バス
  • 尾崎団地線「琴ヶ丘」バス停下車、徒歩12分
JR岐阜駅バスターミナル岐阜駅北)15番のりば、または名鉄岐阜のりば名鉄岐阜駅西)6番のりばより「諏訪山団地」「各務原高校前」、「テクノプラザ」行き。
各務原市ふれあいバス 那加線 東西線「柄山町」下車、徒歩12分

脚注編集

  1. ^ 柄山古墳”. 岐阜県. 2012年8月4日閲覧。

外部リンク編集

関連項目編集