メインメニューを開く
トップチームのホームスタジアム・日立柏サッカー場。アカデミー所属選手は敷地内にある日立柏総合グラウンドでトレーニングを行うほか、スタジアムで公式戦を行うこともある。

柏レイソルのアカデミー(かしわレイソルのアカデミー)は、Jリーグ柏レイソルが運営するサッカー選手育成組織である。

目次

概要編集

2016年8月27日J1 2ndステージ第10節川崎フロンターレ戦試合終了時のメンバー[1]。外国籍のクリスティアーノを除いた日本人選手全員がアカデミー出身者で占められた。

柏レイソルはサッカー選手の育成において日本で最も長い歴史を持つクラブのひとつで、前身の日立製作所サッカー部時代の1969年に、全国で初めて日本サッカー協会公認のサッカースクールを開催している[2]

1986年4月、育成組織の起源となる「日立サッカースクール柏」が開校[3]1993年Jリーグ発足後は「柏レイソルユース」と名称を改め、年々その規模を拡大させていき、育成部門全体を包括する「柏レイソルアカデミー」へと発展を遂げた[2]

アカデミー発足当初は各カテゴリーの指導者が各自の方針で育成を行っていたが、2003年にU-15コーチに就任した吉田達磨を中心にアカデミー全体のプレーモデルがまとめられ、全カテゴリーの選手が一貫したコンセプトのもとでプレーする環境が整えられた[2][4]。吉田の志向するボールポゼッションを重視したサッカーは、当時の育成現場においては異端とされるスタイルだったが、その後FCバルセロナスペイン代表の隆盛に伴い全国的に波及していった[2][5]

酒井直樹明神智和近藤直也酒井宏樹工藤壮人といった日本代表経験者をはじめ、アカデミーからは毎年多くのプロサッカー選手が輩出され、吉田がトップチームの監督に就任した2015年以降は、トップチーム所属選手の約半数をアカデミー出身者が占めている[6][7]。(詳細は#出身者一覧を参照)

組織編集

U-18、U-15、U-12のカテゴリーから成るアカデミー本体のほか、ホームタウンエリアの12クラブと提携し、柏レイソルアライアンスグループ(2012年3月までは『柏レイソルアカデミー提携クラブ』)として育成理念や情報の共有を行っている[3][8]2015年には日体大柏高校と相互支援契約を結び、指導者の派遣や、U-18に昇格できなかった選手たちの受け入れをスタートさせた[9]

柏レイソルアライアンスグループ編集

青梅は1998年から、盛岡は2002年から活動していたが、2008年9月末を以て提携を解消した[10][11]

育成理念編集

柏レイソルアカデミーでは、「将来、レイソルの軸となる選手の育成」「世界で活躍できる選手の育成」「サッカー界で活躍できる選手(人間)の育成」「社会に貢献できる人間の育成」という4つの理念を掲げている[3]

戦術的特徴編集

11人制でプレーする場合は、基本的に中盤の底にアンカーを置いた4-1-4-1のフォーメーションを用いて、ゴールキーパーからショートパスを繋いで攻撃を組み立てるポゼッションフットボールを志向する[12][13][14]。日々のトレーニングにおいてもパス、トラップ等の基本技術やボールを受ける予備動作は重視され、アカデミー出身者にはテクニック面に優れた選手が多く見られる[12][15][16]

トレーニング施設編集

アカデミーの所属選手はトップチームと同じ日立柏総合グラウンドでトレーニングを行うため、カテゴリーをまたいだ交流や練習参加が盛んに行われ、ナイター設備やトレーニングルーム、ロッカールーム、シャワールーム等の施設が完備されている[12][15]2005年頃からスポーツ栄養学に基づいた食育にも取り組んでおり、トレーニング終了後はトップチームの選手と同様に敷地内の食堂「ピアノ」で食事を取ることになっている[12][17]

国際志向編集

柏から世界へ」のスローガンのもとクラブ全体で国際志向を掲げ、各カテゴリーで積極的な海外遠征を実施している[18]。ビジャレアル国際ユーストーナメント(2008年・3位)、ダラスカップ英語版(2013年・準優勝)、コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオールポルトガル語版(2014年・ベスト32)といった国際大会に招待チームとして参加し、育成年代から世界各国のビッグクラブと対戦する機会を設けている[18]

2015年7月には前年のアル・アインインターナショナルチャンピオンシップでMVPに選出されたU-18所属の伊藤達哉が、同大会で対戦したドイツ・ブンデスリーガハンブルガーSVに移籍した[19]。その他にも指宿洋史杉田祐希也などが、アカデミー卒業後に日本国外のクラブでプロデビューを果たしている。

成績編集

第32回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会決勝・FC東京U-18戦のスターティングイレブン[20]1990年度生まれのメンバーは「黄金世代」と称され、大学経由を含め計11名がプロ入りした[2]

リーグ戦年度別成績編集

2003年JFAプリンスリーグU-18創設後の成績

U-18 U-15 U-12
リーグ 順位 リーグ 順位 リーグ 順位
2003 千葉県1部 - -
2004 - -
2005 - -
2006 - -
2007 関東ユース(U-15) 3位 -
2008 1位 -
2009 2位 -
2010 1位 関東ユース(U-15)
1部
4位 -
2011 プリンス関東2部 1位 1位 -
2012 プリンス関東1部 3位 8位 -
2013 2位 2位 -
2014 プレミアEAST 1位 1位 -
2015 8位 9位 こくみん共済 U-12
in 千葉
1位
2016 7位 7位 1位
2017

獲得タイトル編集

国際大会の主な戦歴編集

  • U-18
  2008年 ビジャレアル国際ユースサッカートーナメント 3位
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2008年8月9日 グループリーグ   リヴァプール ○3-0
2008年8月10日   アヤックス ○3-0
2008年8月11日   レアル・マドリード ●1-5
2008年8月12日 3位決定戦   セルティック ○1-0
  2012年 ウェイファンカップ英語版 5位
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2012年8月14日 グループリーグ   ベンフィカ ○3-2
2012年8月15日   杭州緑城 ●1-2
2012年8月17日   U-19北朝鮮代表 ●3-4
2012年8月18日 準々決勝   ビジャレアル ●1-3
  2013年 ダラスカップ英語版 準優勝
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2013年3月24日 グループリーグ   ダラス・テキサンズ ○1-0
2013年3月25日   クラブ・アメリカ ○5-1
2013年3月27日   マンチェスター・ユナイテッド ○2-0
2013年3月29日 準決勝   オールボーBK ○4-0 動画
2013年3月31日 決勝   フラム ●1-5 動画
  2014年 コパ・サンパウロ・ジ・フチボウ・ジュニオールポルトガル語版 ベスト32[21]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2014年1月3日 グループリーグ   サンパウロ △1-1
2014年1月6日   グレミオ・バルエリ ○2-1
2014年1月9日   アウトEC ○5-1
2014年1月14日 決勝T1回戦   サントス ●0-4
  2014年 アル・アインインターナショナルチャンピオンシップ 準優勝[22]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2014年4月14日 グループリーグ   ベンフィカ ○3-0
2014年4月16日   ハンブルガーSV ○2-0
2014年4月17日   アル・アイン ●0-2
2014年4月19日 準決勝   浦項スティーラース ○1-0
2014年4月20日 決勝   U-17UAE代表 ●2-4
  2014年 U-17クラブワールドカップスペイン語版 GL敗退[23]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2014年5月28日 グループリーグ   レアル・マドリード ●1-3
2014年5月30日   コリンチャンス ○2-1
2014年6月1日   スポルティング・クリスタル ○3-0
  2015年 U-17クラブワールドカップスペイン語版 ベスト8[24]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2015年5月24日 グループリーグ   レアル・マドリード ●0-1
2015年5月25日   マルセイユ ●1-2
2015年5月27日 準々決勝   バルセロナ ●0-1
  2016年 アル・カスインターナショナルカップスペイン語版 5位[25]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2016年2月6日 グループリーグ   ベンフィカ ○2-1 動画
2016年2月7日   アスパイア・フットボールドリームズ ●0-1
2016年2月11日 準々決勝   レアル・マドリード △0-0 (PK5-6)
2016年2月12日 5~8位決定戦   アスパイア・アカデミー ○4-2 動画
2016年2月14日 5~6位決定戦   アル・アハリ ○4-1
  2017年 アル・カスインターナショナルカップスペイン語版 5位[26]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2017年1月22日 グループリーグ   バイエルン・ミュンヘン ○3-2 動画
2017年1月23日   レッドブル・ザルツブルク ●0-1 動画
2017年1月27日 準々決勝   レアル・マドリード △2-2 (PK2-4) 動画
2017年1月28日 5~8位決定戦   PSVアイントホーフェン ○2-0 動画
2017年1月30日 5~6位決定戦   パリ・サンジェルマン ○2-1 動画
  2018年 アル・カスインターナショナルカップスペイン語版 準優勝[27]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2018年1月22日 グループリーグ   トッテナム・ホットスパー ○3-2 動画
2018年1月24日   パリ・サンジェルマン △1-1 動画
2018年1月27日 準々決勝   レアル・マドリード ○3-2 動画
2018年1月29日 準決勝   ベンフィカ △3-3 (PK5-4) 動画
2018年1月31日 決勝   パリ・サンジェルマン ●1-2 動画
  • U-15
  2010年 CDカニリャス国際ユースサッカートーナメント 4位
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2010年9月17日 グループリーグ   ストックホルム ○1-0
2010年9月18日   ローザンヌ ○2-0
  レアル・マドリード ○2-1
準決勝   ACミラン ●0-3
2010年9月19日 3位決定戦   バルセロナ △2-2 (PK8-9)
  2014年 アル・カスインターナショナルカップスペイン語版 7位[28]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2014年1月14日 グループリーグ   バルセロナ △2-2 動画
2014年1月15日   パリ・サンジェルマン ○2-1
2014年1月18日 準々決勝   ACミラン ●2-3 動画
2014年1月20日 5~8位決定戦   マンチェスター・シティ ●0-3
2014年1月22日 7~8位決定戦   アスパイア・カタール △2-2 (PK5-4) 動画
  • U-12
  2014年 U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ 3位[29]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2014年8月28日 グループリーグ   川崎フロンターレ ○1-0
2014年8月29日   横浜F・マリノス ○3-0
  東京都U-12 ○2-1
2014年8月30日 準々決勝   ACミラン ○4-1
2014年8月31日 準決勝   バルセロナ ●0-2
3位決定戦   大宮アルディージャ △1-1 (PK2-1)
  2016年 トルネオ・シウダード・デ・ミランダ 6位[30]
開催日 ラウンド 対戦相手 スコア 備考
2016年9月16日 グループリーグ   エイバル ○2-0
2010年9月17日   デポルティーボ・ラ・コルーニャ △1-1
  チャルカ ○2-0
準々決勝   バルセロナ ●0-2
2016年9月18日 5~6位決定戦   レアル・マドリード ●0-1

出身者一覧編集

誕生年度 名前 所属 進路
※各種学校部活動
第2種以下のクラブチームは除く
現所属クラブ
※引退選手は最終所属クラブ
U-12 U-15 U-18
1974 加納大   柏レイソル   柏レイソル
吉田達磨   柏レイソル   ジュロンFC
1975 酒井直樹   柏レイソル   コンサドーレ札幌
1977 明神智和   柏レイソル   AC長野パルセイロ
根引謙介   柏レイソル   柏レイソル
油原丈著   柏レイソル   横河武蔵野FC
1979 長谷川太郎   柏レイソル   LB-BRB TOKYO
1980 杉山新   柏レイソル   LB-BRB TOKYO
1982 藤田雄馬   柏レイソル   クマガヤSC
1983 近藤直也   柏レイソル   東京ヴェルディ1969
宇野沢祐次   柏レイソル   AC長野パルセイロ
瀬田達弘   横河武蔵野FC   横河武蔵野FC
1984 大谷秀和   柏レイソル   柏レイソル
1985 菅沼実   柏レイソル   ロアッソ熊本
石川直樹   柏レイソル   北海道コンサドーレ札幌
カレン・ロバート   ジュビロ磐田   リアザーヘッドFC
柴田慎吾 青梅   コンサドーレ札幌   ザスパ草津
船山祐二   鹿島アントラーズ   東京ヴェルディ1969
塚本泰史   大宮アルディージャ   大宮アルディージャ
1986 諏訪雄大   アルビレックス新潟   AC長野パルセイロ
遠藤真仁   ロッソ熊本   横河武蔵野FC
上田康太   ジュビロ磐田   ファジアーノ岡山FC
斉藤誠司   サンパウロFC U-20   PSMマカッサル
桜井正人   カターレ富山   佐川印刷SC
1987 柳澤隼   柏レイソル   MIOびわこ滋賀
桐畑和繁   柏レイソル   柏レイソル
船山貴之   栃木SC   ジェフユナイテッド市原・千葉
濱屋祐輝   佐川印刷SC   VONDS市原
早川雄規   ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ   VONDS市原
林彰洋 青梅   プリマス・アーガイルFC   FC東京
1988 大島嵩弘   柏レイソル   AC長野パルセイロ
田中靖大   フェルヴォローザ石川・白山FC   FSVフランクフルト U-23
須藤壮史   Honda FC   Honda FC
新里彰平   ブラウブリッツ秋田   ブラウブリッツ秋田
エスクデロ競飛王 青梅   浦和レッズ   京都サンガF.C.
岡田亮太 青梅   福島ユナイテッドFC   福島ユナイテッドFC
1989 輪湖直樹   ヴァンフォーレ甲府   アビスパ福岡
太田徹郎   モンテディオ山形   ラインメール青森
堀田秀平   コンサドーレ札幌   ブラウブリッツ秋田
菅野哲也   湘南ベルマーレ   AC長野パルセイロ
浜嶋淳郎   藤枝MYFC   アルティスタ東御
田端信成   佐川印刷SC   レノファ山口FC
林堂眞   ヴァンフォーレ甲府   愛媛FC
濱田宙   MIOびわこ滋賀   ブリオベッカ浦安
1990 酒井宏樹   柏レイソル   オリンピック・マルセイユ
比嘉厚平   柏レイソル   モンテディオ山形
工藤壮人   柏レイソル   サンフレッチェ広島
武富孝介   柏レイソル   湘南ベルマーレ
山﨑正登   柏レイソル   ラインメール青森
仙石廉   柏レイソル   ガイナーレ鳥取
指宿洋史   ジローナFC   ジェフユナイテッド市原・千葉
畑田真輝   ヴァンフォーレ甲府   ブラウブリッツ秋田
島川俊郎   ベガルタ仙台   大分トリニータ
牧内慶太   ブラウブリッツ秋田   SC相模原
飯塚浩一郎   FCダウガヴァ   アカデミック・スビシュトフ
宮澤勇樹   松本山雅FC   TuSエルンテブリュック
久利研人 青梅   FC町田ゼルビア   アイデンティみらい
1991 茨田陽生   柏レイソル   大宮アルディージャ
川浪吾郎   柏レイソル   ベガルタ仙台
豊嶋邑作   CSヴィゼ   栃木ウーヴァFC
奥山武宰士   アルビレックス新潟   サザン・ミャンマー・ユナイテッドFC
橋本拓門   福島ユナイテッドFC   福島ユナイテッドFC
小林翼   東京23フットボールクラブ   東京23フットボールクラブ
神崎勇介   VONDS市原   VONDS市原SECOND
泉澤仁   大宮アルディージャ   ガンバ大阪
島村麗乃   CEアルベリック   FC琉球
高瀬優孝   大宮アルディージャ   ロアッソ熊本
1992 相馬大士   柏レイソル   FC町田ゼルビア
仲間隼斗   ロアッソ熊本   ファジアーノ岡山
峯勇斗   ブラウブリッツ秋田   VONDS市原
熊谷達也   ブラウブリッツ秋田   ブラウブリッツ秋田
鳥山祥之   ヴァンラーレ八戸   栃木ウーヴァFC
禹相皓   OFKペトロバツ   愛媛FC
星野有亮   ツエーゲン金沢   ガイナーレ鳥取
郡司健太朗   Y.S.C.C.横浜   Y.S.C.C.横浜
1993 山中亮輔   柏レイソル   浦和レッズ
鈴木雄斗   水戸ホーリーホック   川崎フロンターレ
杉田祐希也   ホベ・エスパニョール   トラークトゥール・サーズィーFC
荒木大吾   ジュビロ磐田   ジュビロ磐田
鈴木達也   グルージャ盛岡   グルージャ盛岡
佐々木宏樹   藤枝MYFC   FC刈谷
蓮沼翔太   福島ユナイテッドFC   福島ユナイテッドFC
児玉昇   ヴァンラーレ八戸   ブリオベッカ浦安
篠原宏仁   レノファ山口FC   藤枝MYFC
宮本拓弥   水戸ホーリーホック   水戸ホーリーホック
久保海都 盛岡   グルージャ盛岡   グルージャ盛岡
1994 秋野央樹   柏レイソル   湘南ベルマーレ
小林祐介   柏レイソル   柏レイソル
木村裕   柏レイソル   AC長野パルセイロ
中川寛斗   柏レイソル   湘南ベルマーレ
中村航輔   柏レイソル   柏レイソル
金竜滉   ヴェルダー・ブレーメン U-19   ヴァンラーレ八戸
中山雄希   横浜FC   横浜FC
伊藤光輝   東京ユナイテッドFC   東京ユナイテッドFC
吉川修平   FC.OSSA   FC.OSSA
御牧建吾   つくばFC   つくばFC
1995 中谷進之介   柏レイソル   名古屋グランパス
白井永地   水戸ホーリーホック   水戸ホーリーホック
高慶汰   AC長野パルセイロ   ブリオベッカ浦安
上村捷太   CFトライバル   CFトライバル
加藤禅   東京23フットボールクラブ   高知ユナイテッドSC
武藤友樹   松本山雅FC   松本山雅FC
山口和樹   湘南ベルマーレ   湘南ベルマーレ
宮澤弘   東京ユナイテッドFC   東京ユナイテッドFC
1996 中山雄太   柏レイソル   PECズヴォレ
大島康樹   柏レイソル   栃木SC
手塚康平   オネハンガ・スポーツ   柏レイソル
麦倉捺木   水戸ホーリーホック   グルージャ盛岡
マイケル・デン・ヘイジャー   オネハンガ・スポーツ   NECナイメヘン
茂木駿佑   ベガルタ仙台   水戸ホーリーホック
宇野木悠佑   VfBホンベルク   VfBホンベルク
上島拓巳   柏レイソル   柏レイソル
会津雄生   FC岐阜   FC岐阜
1997 伊藤達哉   ハンブルガーSV U-19   ハンブルガーSV
滝本晴彦   柏レイソル   柏レイソル
安西海斗   柏レイソル   SCブラガ
山崎海秀   SVダルムシュタット98 U-19   アルビレックス新潟シンガポール
熊川翔   いわきFC   いわきFC
小川晃大   川口FC   川口FC
浮田健誠
--
  順天堂大学
1998 古賀太陽   柏レイソル   柏レイソル
原輝綺 青梅   アルビレックス新潟   サガン鳥栖
太田泰河   ブリオベッカ浦安   ブリオベッカ浦安
1999 猿田遥己   柏レイソル   柏レイソル
中川創   柏レイソル   柏レイソル
宮本駿晃   柏レイソル   柏レイソル
田中陸   柏レイソル   柏レイソル
中村駿太   モンテディオ山形   ザスパクサツ群馬
落合陸   VONDS市原   VONDS市原
森大輝   VONDS市原   VONDS市原
2000 中村敬斗   ガンバ大阪   ガンバ大阪
杉井颯   柏レイソル   柏レイソル
山田雄士   柏レイソル   柏レイソル
2001 小久保玲央ブライアン   SLベンフィカ   SLベンフィカ

サッカー選手以外の出身者編集

スポンサー編集

2011年からホームタウンエリアの千葉県松戸市に本社を構えるマブチモーター株式会社とスポンサー契約を結び、各カテゴリーの選手が公式戦で着用するユニフォームにロゴを掲出している[3][31]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 川崎Fvs柏の試合結果・データ (明治安田生命J1リーグ:2016年8月27日)”. Jリーグ. 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e 鈴木潤 (2012年9月12日). “史上初の「兄弟対決」が示した明るい未来 柏レイソルのクラブコンセプト”. スポーツナビ. 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c d アカデミー概要”. 柏レイソル. 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ 小澤一郎 (2012年12月29日). “柏レイソルの育成戦略が示す、日本的な育成システムの構築法”. フットボールチャンネル. 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ 川端暁彦 (2014年12月15日). “【川端編集長のニュース一言解説】柏レイソル・吉田達磨新監督が目指すのは、バルセロナのスタイル”. J論. 2015年12月1日閲覧。
  6. ^ 舩木渉 (2015年6月7日). ““柏から世界へ”は生え抜きの選手とともに。小学生からトップまで受け継がれるアイデンティティ”. フットボールチャンネル. 2017年5月2日閲覧。
  7. ^ 上田悠太 (2016年3月28日). “柏は超地域密着クラブ、日本人選手の関連外4人だけ”. 日刊スポーツ. 2017年5月2日閲覧。
  8. ^ “『柏レイソル アライアンス グループ』を新設~柏レイソル アライアンス アカデミーに柏イーグルスTOR'82が新たに参加~” (プレスリリース), 柏レイソル, (2012年10月17日), http://blog.reysol.co.jp/news/2011/013055.html 
  9. ^ 吉田太郎 (2015年5月7日). “強豪・柏日体高が相互支援契約で“柏アカデミーのひとつ”に。新しい形の強化策で戦国・千葉制覇目指す”. ゲキサカ. 2015年12月22日閲覧。
  10. ^ “「レイソルS.S.青梅」との提携契約終了についてのご報告” (プレスリリース), 柏レイソル, (2008年6月18日), http://blog.reysol.co.jp/news/2008/008707.html 2013年2月25日閲覧。 
  11. ^ “「レイソルS.S.盛岡」との提携契約終了についてのご報告” (プレスリリース), 柏レイソル, (2008年9月18日), http://blog.reysol.co.jp/news/2008/008993.html 2016年1月20日閲覧。 
  12. ^ a b c d アカデミー出身の秋野、中谷が語る柏レイソルU-18”. サッカーキング (2014年5月16日). 2015年12月22日閲覧。
  13. ^ 柏レイソルU-18の下平監督「アカデミーの使命は『本当のプロ選手』をトップチームに送り出すこと」”. サッカーキング (2014年5月16日). 2017年5月2日閲覧。
  14. ^ 安藤隆人 (2014年7月1日). “【U-18プレミアリーグ】強豪チームの現在地|柏U-18編”. サッカーダイジェストWeb. 2017年5月2日閲覧。
  15. ^ a b 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014チャンピオンシップ 柏レイソルU-18 チーム紹介”. 日本サッカー協会. 2015年12月22日閲覧。
  16. ^ 須賀大輔. “【柏レイソルU-18】トップチームの約6割がユース出身!日本屈指のアカデミーで頑張る選手達が普段から意識していることとは?”. ヤンサカ. 2017年5月2日閲覧。
  17. ^ “柏レイソルジュニアユース 食育コンクール 優秀賞を受賞” (プレスリリース), 柏レイソル, (2007年12月19日), http://blog.reysol.co.jp/news/2007/008699.html 
  18. ^ a b 鈴木潤 (2015年4月23日). “『柏から世界へ』三位一体で世界を目指す…快進撃の柏、ACLで飛躍の理由”. サッカーキング. 2015年12月22日閲覧。
  19. ^ “柏レイソルU-18所属 伊藤達哉選手 ハンブルガーSVに加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2015年7月13日), http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013750.html 
  20. ^ 公式記録 (PDF)”. 日本クラブユースサッカー連盟. 2015年12月22日閲覧。
  21. ^ Copa Sao Paulo Hitachi de Futebol Junior”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  22. ^ Al Ain International Football Juniors Championship 2014”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  23. ^ 第10回 U-17クラブワールドカップ マドリード2014”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  24. ^ 第11回 U-17クラブワールドカップ マドリード2015”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  25. ^ Alkass International Cup 2016 Fixtures & Results” (English). アル・カスインターナショナルカップスペイン語版. 2017年5月2日閲覧。
  26. ^ Alkass International Cup 2017 Fixtures & Results” (English). アル・カスインターナショナルカップスペイン語版. 2017年5月2日閲覧。
  27. ^ Alkass International Cup 2018”. 柏レイソル. 2018年4月26日閲覧。
  28. ^ Al Kass International Cup 2014”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  29. ^ U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ2014”. 柏レイソル. 2017年5月2日閲覧。
  30. ^ XIIIº TORNEO CIUDAD DE MIRANDA INFANTIL” (Español). Club Deportivo La Charca. 2017年5月2日閲覧。
  31. ^ “マブチモーター株式会社がアカデミー・ユニフォームスポンサーに” (プレスリリース), 柏レイソル, (2011年1月21日), http://blog.reysol.co.jp/news/2011/011553.html 

関連項目編集

外部リンク編集