柏原崇

日本の元俳優 (1977-)

柏原 崇(かしわばら たかし、本名同じ、1977年3月16日 - )は、日本の元俳優。身長178cm[1]山梨県出身[1]。実弟は俳優・歌手の柏原収史

かしわばら たかし
柏原 崇
生年月日 (1977-03-16) 1977年3月16日(47歳)
出身地 日本の旗 日本山梨県[1]
身長 178 cm[1]
血液型 A型
職業俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1994年 - 2014年
配偶者 畑野ひろ子2004年 - 2006年
著名な家族 柏原収史(弟)
公式サイト https://10-beans.com/
主な作品
テレビドラマ
白線流し
将太の寿司
イタズラなKiss
セレブと貧乏太郎
映画
Love Letter
アナザヘヴン
相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1995年Love Letter
その他の賞
高崎映画祭
最優秀新人男優賞
1995年『Love Letter』
テンプレートを表示

俳優業を引退後は裏方に転身し、現在は女優の内田有紀のマネージャーを務めている[2]

略歴 編集

  • 1993年 第6回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。翌年、テレビドラマ『青春の影』で俳優デビュー。
  • 1995年 映画『Love Letter』でスクリーンデビューし、同年の日本アカデミー賞新人賞を受賞。また韓国では公開されるやいなや、短い出演時間にもかかわらず爆発的な人気を得る。
  • 1996年 テレビドラマ『白線流し』(フジテレビ系)で不器用な優等生・長谷部優介役を演じる。以後、『白線流し』は10年間にわたってシリーズ化された。(柏原本人も、病気療養からの復帰、傷害事件の謹慎からの復帰、ともにこのドラマで果たしている。)
  • 2003年 テレビドラマ『いつもふたりで』(フジテレビ系)収録中に頸肩腕症候群のため2話で途中降板(代役は葛山信吾)。
  • 2004年、女優の畑野浩子(現:畑野ひろ子)と6月7日に入籍し、6月13日に八芳園で結婚披露宴を行う[3]。12月に路上にはみ出し駐車をし洗車していた人物とトラブルの末、傷害事件を起こした[4]
  • 2006年 テレビドラマ『白夜行』(TBS)で久しぶりのドラマ出演。2月25日、畑野ひろ子と離婚[5]
  • 2015年10月14日、オフィシャルサイト10BEANSを開設。
  • 離婚後、ドラマ『ビッグウイング』(TBS)で共演した内田有紀と長らく交際していたが、最終的に俳優業を引退し内田のマネージャーに転身した[6]。内田の現場でかつて共演経験がある関係者と出くわし、驚かれることも多いという[7]。現在は裏方に徹しているため、表に出ることは一切拒否しているという[8]

出演作品 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

オリジナルビデオ 編集

ゲーム 編集

CM 編集

受賞歴 編集

映画 編集

その他 編集

書籍・DVD 編集

  • 柏原崇カジュアルセーター レディブティックシリーズNo.963(ブティック社)
  • パーソナルブックKASSY(主婦と生活社)
  • Photo&Monologue 機嫌(世界文化社)
  • ボーイズIIメン「Will」ミュージック・ビデオ

音楽 編集

全てNo'where名義

シングル 編集

  • Another World(1998年9月9日)
  • Don't stay/recall Road(1999年1月21日)
  • Low Down(1999年6月19日)

アルバム 編集

  • bawl out(1999年7月23日)

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b c d BESIDE Talent Artist Management”. BESIDE. 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月6日閲覧。
  2. ^ 内田有紀の現場にいつもいる“仕事のできるイケメン”は柏原崇だった”. 文春オンライン. 文藝春秋社 (2022年5月9日). 2022年10月31日閲覧。週刊文春 2022年5月5日・12日号 掲載。
  3. ^ “お色直し3回…柏原&畑野さん挙式!新婦は感動の涙”. SANSPO.COM(サンスポ) (産経デジタル). (2004年6月14日). オリジナルの2004年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040616070754/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200406/gt2004061401.html 2016年7月31日閲覧。 
  4. ^ a b “柏原崇、池内監督と固い絆…「13の月」で仕事復帰”. SANSPO.COM(サンスポ) (産経デジタル). (2005年4月18日). オリジナルの2005年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050907214432/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200504/gt2005041802.html 2016年7月31日閲覧。 
  5. ^ “柏原崇が離婚、畑野と連名でファックス”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2006年2月25日). オリジナルの2006年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060303161328/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060225-0014.html 2016年7月31日閲覧。 
  6. ^ 内田有紀 主役級俳優だったパートナーがマネジャーに「一番やりやすい」「ダメなことを言ってくれる人」”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2022年10月15日). 2022年10月31日閲覧。
  7. ^ 柏原崇 恋人・内田有紀の“マネージャー”に!【2020ベストスクープ】”. 女性自身. 光文社 (2020年12月28日). 2022年10月31日閲覧。
  8. ^ 内田有紀のマネジャー兼パートナーは「元主演級俳優」 一体誰?5か月前に報じられていたその名前”. J-CAST ニュース. J-CAST (2022年10月17日). 2022年10月31日閲覧。
  9. ^ “柏原崇も17年ぶり『イタキス』に出演「恩返しができれば」”. ORICON ME (oricon ME). (2013年6月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2025625/full/ 2022年10月31日閲覧。 

外部リンク 編集