柏原祐泉(かしわはら ゆうせん、1916年8月5日-2002年2月6日[1])は、浄土真宗の仏教史学者。

滋賀県生まれ。1940年大谷大学文学部国史学科卒。49年同予科教授、1950年大谷大学短期大学部助教授、62年大谷大学助教授、66年教授、1972年「日本近世近代仏教史の研究」で大谷大学文学博士。82年退任、名誉教授、1983年函館大谷短期大学学長。85年退任、名誉教授。[2]

著書編集

  • 『日本近世近代仏教史の研究』平楽寺書店 1969
  • 『近世庶民仏教の研究』法蔵館 仏教史学研究双書 1971
  • 『正像末和讃 親鸞聖人の末法観 私考』東本願寺出版部 真宗史料集成 1982
  • 『近代大谷派の教団 明治以降宗政史』真宗大谷派宗務所出版部 1986
  • 『親鸞聖人御消息管窺』真宗大谷派宗務所出版部 1987
  • 『仏教と部落差別 その歴史と今日』部落解放研究所 人権ブックレット 1988
  • 『日本仏教史 近代』吉川弘文館 1990
  • 『真宗史仏教史の研究 1(親鸞・中世篇)』平楽寺書店 1995
  • 『真宗史仏教史の研究 2(近世篇)』平楽寺書店 1996
  • 『「顕浄土方便化身土文類」の考察』真宗大谷派宗務所出版部 2000
  • 『真宗史仏教史の研究 3(近代篇)』平楽寺書店 2000
  • 『『正信偈』のおしえ』柏原祐信編 平楽寺書店 2004

共編著・校注・監修編集

論文編集

編集

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『人事興信録』1996