メインメニューを開く

柏木雄介

柏木 雄介(かしわぎ ゆうすけ、1917年大正6年)10月17日 - 2004年8月27日)は、関東州(現中国大連市出身の大蔵官僚従三位勲一等瑞宝章

目次

人物編集

父・横浜正金銀行大連支店次長(後に頭取)柏木秀茂、母・きよのもとに生まれる。父の転勤に伴って少年時代をロンドンニューヨークで過ごした。藤﨑一郎(駐アメリカ特命全権大使)の妻・順子、柏木茂雄(元財務省財政総合研究所次長)、柏木茂介野村ホールディングス執行役、CFO)は子。

1941年(昭和16年)入省の同期には、塩崎潤経済企画庁長官)、鳩山威一郎事務次官外相)、吉村慎一四国銀行頭取)、亀徳正之国税庁長官共栄生命保険社長)、加治木俊道証券局長、関西電力副社長)、森鼻武芳北海道銀行頭取)。

大蔵省きってのアメリカ通、国際金融通として知られる。1968年に設置された財務官ポストは、彼を処遇するために作られたと証言する人もいる。英語が非常に堪能で、相手が日本人だと信じてくれなかったというエピソードを持つ。

1971年に同期の鳩山威一郎事務次官に就任すると、慣例として財務官を退任。そのまま大蔵省顧問に就いた。その後横山宗一に招かれ東京銀行に入り、1977年横山の後任として東京銀行頭取に就任[1]

1971年8月16日(日本時間)のニクソン・ショック時には、顧問として鳩山威一郎事務次官佐上武弘らの外国為替市場閉鎖論を遮って、普段通りの開場を主張。水田三喜男蔵相もこれに与し、井上四郎日銀も同様の立場をとった。8月16日以降も外国為替市場は普段通り開かれたが、投機が集中したために外国為替市場は麻痺状態に陥った。

没後の2010年3月、沖縄返還直前の1969年12月、アメリカ財務省特別補佐官アンソニー・J・ジューリックと、財政負担に関する密約(日本政府が連邦準備銀行に5000万余ドルを無利子で預金すること、基地移転費用などは日本側が負担すること)を結んでいたことが発覚した。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

参考文献編集

  • 「霞ヶ関が震えた日」(塩田潮、1993年、講談社文庫)

脚注編集

  1. ^ 1986/10/01, 日本経済新聞


先代:
横山宗一
東京銀行頭取
第6代:1977年 - 1982年
次代:
渡辺康