メインメニューを開く

柏枝 真郷 (かしわえ まさと、女性、2月14日 - )は、日本の小説家茨城県在住。1960年代後半の生まれ[1]

柏枝 真郷
(かしわえ まさと)
誕生 ????2月14日
関東地方
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京理科大学理学部化学科
活動期間 1991年 -
ジャンル ハードボイルド小説
ボーイズラブ
ミステリ
文学活動JUNE
デビュー作 『時が過ぎゆきても』(DESPERADOシリーズ)
公式サイト 柏枝真郷のHP「ACORN」
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

東京理科大学理学部化学科卒。大学卒業後はコンピュータ会社に入社し、OLとして勤めた。入社2年目に小説を書き始め、雑誌『JUNE』の「小説道場」に投稿して中島梓(栗本薫)の門弟となり、執筆に励む。1991年9月、中島の紹介により、光風社出版から『時が過ぎゆきても』が刊行され、単行本デビューした[1]1995年1月までOLとの兼業生活となったが、睡眠時間3時間という兼業生活の無理がたたり体調を崩し「二足の草鞋は履けない」と会社を退職した。以降、専業作家として活動。東京に24年ほど居を構えていたが、2017年3月に茨城県に移住した。

主な作品編集

  • 「DESPERADO」シリーズ(光風出版)
  • 「厄介な連中」シリーズ(角川書店
  • 「硝子の街にて」シリーズ(講談社X文庫ホワイトハート
  • 「PARTNER」シリーズ(C★NOVELS
  • 「ライバル」シリーズ(講談社X文庫ホワイトハート)
  • 「社内恋愛コンプレックス」シリーズ(角川ルビー文庫
  • 「晴れ、のち雷シリーズ」シリーズ(角川ルビー文庫)
  • 「貴族デザイナーの華麗な事件簿」シリーズ(富士見L文庫

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 柏枝真郷『時が過ぎゆきても』(1998年6月・クリスタル文庫版) あとがき より

外部リンク編集