メインメニューを開く

染谷悠太

日本のサッカー選手

染谷 悠太(そめや ゆうた、1986年(昭和61年)9月30日 - )は、東京都出身のサッカー選手。ポジションディフェンダーミッドフィールダーボランチ)。Jリーグ柏レイソル所属。

染谷 悠太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ユウタ、ソメ[1]
カタカナ ソメヤ ユウタ
ラテン文字 SOMEYA Yuta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-09-30) 1986年9月30日(33歳)
出身地 東京都
身長 184cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 柏レイソル
ポジション DF / MF (DH)
背番号 15
利き足 右足[2][1]
ユース

1999-2001
2002-2004
2005-2008
東京ガスJr.
FC東京U-15
FC東京U-18
流通経済大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 京都サンガF.C. 91 (2)
2014-2015 セレッソ大阪 50 (0)
2016-2018 京都サンガF.C. 88 (1)
2019- 柏レイソル
代表歴
2002  日本 U-16
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

7歳(小学2年生)の時にサッカーを始め[1]、後にFC東京の下部組織でプレー。同期には伊賀貴一武藤勝利福田建宮崎智彦ら。

2005年、流通経済大学に進学。センターバックとして評価を高めた[3]。大学の1期先輩で、FC東京U-15以来のチームメートである鎌田次郎からは「ディフェンスラインのどこでもしっかり体を張った守備ができるし、ボールを取ってからもいいパスを出せる選手」と[4]ユーティリティー性ビルドアップを長所に挙げられている。

2009年に大学を卒業し、京都サンガF.C.に加入[2][5]3月22日のJ1第3節G大阪戦で左サイドバックとしてフル出場し、プロデビューを果たす。同年4月のJ1第6節浦和戦で、早くも公式戦450分出場を達成(5試合すべてフル出場)し京都とA契約を締結した[6]。6月、J1第15節広島戦でプロ初得点。その後は右サイドでも起用され左右ともにこなせるサイドバックとして重宝された。2010年にかけてはボランチとして出場機会を得ている。2012年からは本来のセンターバックとしてレギュラーに定着。巧みなボール捌きと対人の強さを発揮した[7]2013年のJ1昇格プレーオフでは、準決勝長崎戦で両チーム最多のボール奪取を記録し[8]決勝進出に貢献するも、負傷により決勝戦を欠場[9]。染谷を欠いた京都は失点を重ねJ1昇格を逃した。

2014年、セレッソ大阪へ完全移籍[10][11]。開幕からDF陣のバックアッパーとしてベンチ入りを続け、藤本康太が負傷欠場したシーズン終盤にかけて先発を勝ち取った。守備では強さを見せたものの、チームの不振もあって安定を欠いた[12]。2015年は自己最多となるリーグ戦36試合に出場し、正確なフィード[13]やビルドアップで[14]貢献。

クラブからの慰留を[15]固辞し、2016年より古巣京都へ復帰[16][17]

2019年に柏レイソルへ完全移籍[18]

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 流経大 - JFL 11 0 - - 11 0
2006 18 13 0 - 0 0 13 0
2007 3 23 0 - 0 0 23 0
2008 5 0 - 0 0 5 0
2009 京都 6 J1 19 1 4 0 1 0 24 1
2010 10 0 1 0 1 0 12 0
2011 J2 8 0 - 0 0 8 0
2012 3 27 0 - 1 0 28 0
2013 27 1 - 1 0 28 1
2014 C大阪 J1 14 0 0 0 0 0 14 0
2015 J2 36 0 - 1 0 37 0
2016 京都 17 0 - 1 0 18 0
2017 15 31 0 - 1 0 32 0
2018 40 1 - 0 0 40 1
2019
通算 日本 J1 43 1 5 0 2 0 50 1
日本 J2 186 2 - 5 0 191 2
日本 JFL 52 0 - 0 0 52 0
総通算 281 3 5 0 7 0 293 3
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2014 C大阪 3 5 0
通算 AFC 5 0
その他の公式戦
出場歴

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』三栄書房、2014年、128頁。
  2. ^ a b c 染谷悠太選手(流通経済大学)加入内定のお知らせ 京都サンガF.C. (2008年10月9日)
  3. ^ 京都新加入DF染谷「注目される選手に」 日刊スポーツ (2009年1月24日)
  4. ^ 鹿島OB対決、東京U-15・U-18時代のチームメート……、京都には多くの縁が - ウェイバックマシン(2010年11月16日アーカイブ分) エル・ゴラッソweb版 BLOGOLA、2010年10月29日
  5. ^ 2009サンガ新加入選手(3) 京都新聞 (2009年2月5日)
  6. ^ 染谷悠太選手 プロA契約締結のお知らせ 京都サンガF.C.公式 (2009年4月24日)
  7. ^ 東京V 常盤、先輩・染谷への雪辱を誓う blogola (2013年3月8日)
  8. ^ J1昇格プレーオフ 京都vs長崎 マッチレポート (各選手のボール奪取・ロスト、ランキングなど) Football LAB (2013年12月3日)
  9. ^ 【J1昇格プレーオフ:決勝 京都 vs 徳島】京都側レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2013年12月9日)
  10. ^ 染谷悠太選手 セレッソ大阪へ完全移籍のお知らせ 京都サンガF.C. (2014年1月7日)
  11. ^ 京都サンガF.C. 染谷悠太選手完全移籍加入のお知らせ セレッソ大阪 (2014年1月7日)
  12. ^ 週刊サッカーダイジェスト No.1304』日本スポーツ企画出版社、2014年、28頁。
  13. ^ サッカーダイジェスト 2015Jリーグ総集編 (No.1347)』日本スポーツ企画出版社、2015年、124頁。
  14. ^ サッカーダイジェスト No.1345』日本スポーツ企画出版社、2015年、52頁。
  15. ^ 京都7年ぶりJ1復帰へ“大型補強”牟田&染谷らに正式オファー スポーツニッポン (2015年12月14日)
  16. ^ 染谷悠太選手 京都サンガF.C.へ完全移籍のお知らせ セレッソ大阪 (2015年12月30日)
  17. ^ 染谷悠太選手 セレッソ大阪より完全移籍加入のお知らせ 京都サンガF.C. (2015年12月30日)
  18. ^ 染谷 悠太選手 移籍加入合意のお知らせ 柏レイソル (2019年1月7日)
  19. ^ 流通経済大学サッカー部員のJリーグ及び韓国Kリーグ入団選手のプロフィール (PDF) 流通経済大学
  20. ^ FC東京U-15からU-15日本代表候補に永濱・染谷選手が選ばれました FC東京 (2001年10月18日)
  21. ^ U-16日本代表 北海道国際ユース(8/17・18)について - ウェイバックマシン(2002年10月19日アーカイブ分) 日本サッカー協会 (2002年8月12日)

関連項目編集

外部リンク編集