メインメニューを開く

柯 文哲(か ぶんてつ、1959年8月6日 - )は、台湾外科医政治家である。国立台湾大学医学部附属病院院急診部医師、台大医院創傷医学部主任、台大医学院教授を歴任した。専門は外科医学、緊急救命臓器移植体外式膜型人工肺英語版(ECMO)、人工臓器等、台湾にECMOを導入した第一人者として台湾における集中治療の発展に貢献した。2014年の市長選挙に当選して台北市の市長になった。

柯文哲
Ko Wen-je
柯文哲 IMG 9322-1 (14300234412) (cropped).jpg
2015年の柯文哲
生年月日 (1959-08-06) 1959年8月6日(60歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国 台湾省新竹県新竹市
(現・新竹市)
出身校 国立陽明大学
国立台湾大学
所属政党 無所属(2014-2019年)
Temporary emblem of the Taiwan People's Party.png台湾民衆党(2019年-)
配偶者 陳佩琪中国語版
サイン Signature of Ko Wen-je.png
当選回数 2回

中華民国の旗 Temporary emblem of the Taiwan People's Party.png 台湾民衆党初代党主席
在任期間 2019年8月6日 -

中華民国の旗 台北市の旗直轄市第6-7代 台北市長
在任期間 2014年12月25日 - 2022年12月25日
テンプレートを表示
柯文哲
職業: 医者政治家
各種表記
繁体字 柯文哲
簡体字 柯文哲
拼音 Kē Wénzhé
通用拼音 Ke wúnjhé
台湾語 Koa Bûn-tiat
和名表記: か・ぶんてつ
発音転記: コー・ウェンチョー
ラテン字 Ko Wen-je
テンプレートを表示

柯P、KP(PはProfessorの略字,台湾大学医学院内での呼び方)と呼ばれることで有名。2019年夏、2020年中華民国総統選挙を見据えて『台湾民衆党』(戦前の台湾民衆党とは異なる)結成を表明した[1]

経歴編集

1959年新竹市生まれ。祖父(柯世元)は日本統治時代には教師だったが、二・二八事件で国民党政府により逮捕、拘禁された後54歳で病死している[2][3]。父(柯承発)は台湾大学医学部に入学したが、世元が国民党政府による勾留と虐待により病に倒れた後は中退し新竹師範専科学校に転学、卒業後はマーシャル諸島にて水力発電の仕事に就いた。帰国後は日本語に精通していた為新竹科学工業園区中国語版にて日系企業の顧問をした。なお息子文哲が台北市長に立候補すると宣言した際は世元が二・二八事件で亡くなった事もあり反対した[4]

国立新竹高級中学を卒業後、国立陽明大学医学部に進学するが、大学2年次に再入試を受け、国立台湾大学医学部に入学した。全国一位で医師資格を取得後は恩師の著名な外科医朱樹勲中国語版の下で外科、救急医療に携わった。 1993年ミネソタ大学ツインシティー校医学部外科に1年研修に行き、人工肝臓の研究をした。帰国後は台湾大学附属医院の主治医、創傷医学担当主任を歴任した。また在職中に臓器移植のチーム「台大器官移植小組」を設立し、台湾における臓器移植手順の確立に勤めた。また体外式膜型人工肺英語版(ECMO)を導入した[5][6]

2002年、台湾大学医学部で臨床医学博士号を取得した。

2010年11月26日、後に柯の対立候補となる国民党の政治家連勝文が選挙演説中に銃撃され(連勝文銃撃事件中国語版)、台大医院に運ばれた際、手術を指揮した。

2011年に台湾大学病院でエイズ感染者の臓器を誤って移植してしまう事件が起こったとき、柯文哲も監督責任を問われた。ところが、行政も含めたシステム全体の問題を一方的に押し付けられたことに対し彼は臆せず発言したため注目を浴びた[7]

2013年には、その後時代力量主席となる黄国昌の父の手術を台大医院で執刀している[8]

政治キャリア編集

台北市長就任前編集

1994年陳水扁が台北市長に当選した当時、柯は陳の医学界後援会幹部であり、陳の総統当選時も後援していた[9]

2012年中華民国総統選挙の際は蔡英文を支持した[10]他、2014年台湾学生による立法院占拠の際には応援に駆けつけた[11]

台北市長選挙編集

2014年11月の台北市長選挙には無所属で出馬。民進党の支持・支援を受け選挙戦を戦い[12][13]、与党・国民党候補の連勝文らを下して当選[14]、12月25日に台北市長に就任した。選挙期間中は連勝文の父の連戦郝柏村から、「柯文哲は出自が日本人である(日本統治時代に祖父が「青山」と名乗っていたので「青山文哲」である)」「漢奸」との中傷を受けたものの、むしろ有権者からは連の発言が「差別的」「時代遅れ」と批判を受けることとなり、連陣営は釈明や謝罪に追い込まれた[15]。柯自身、連や郝の発言に対し「台湾人は異なる過去を持っている。しかし、今は一緒にいる。日本人であったことは祖父の過ちではない」と反論していた[15]

台北市長就任後編集

両岸関係編集

市長就任にあたっては今後の台湾と中国大陸の関係のあり方について相互認識、相互理解、相互尊重、相互協力を軸とする「4つの相互」の概念を提案しており[16]、就任後も2015年に訪中する際にも自らの提唱する「十五新観点」に基づいて一つの中国に反対せず[17]習近平共産党総書記が提起した「両岸一家親」(中台は一つの家族)を度々主張していることは中国政府から歓迎された[18][19]。また、毛沢東を引用して中国共産党の歴史に倣って国民党を打倒すると発言し[20][21][22]延安中国共産党第一次全国代表大会会址など中国共産党の革命の聖地を訪問していることは物議を醸した[23][24]。2017年に波紋を呼んだ頼清徳(当時台南市長)の「親中愛台」発言に関連して、自らの立場を「友中親美靠日(中国と友好、親米、日本寄り)」と表明している[25]。同様に中国に友好的な高雄市長の韓國瑜とともに「北柯南韓」とも呼ばれている[26]

一方で米国に亡命した中国の実業家郭文貴は「柯市長の当選は台湾の悲劇[27]」とまで言い切っている。また、米国の人権活動家でジャーナリストのイーサン・ガットマン英語版が2004年から中国で弾圧されている法輪功に対する臓器売買に柯文哲が加担したとする著書を出版して大きな論争となった[28][29]

2019年4月、微博の公式アカウントを取得[30]

対日関係編集

 
岸信夫と会談する市長柯(右)

2015年、訪台した日台若手議連のメンバーで自民党青年局岸信夫と会談している[31]

2016年1月24日、台北市長就任後、両親も初めて来日[32][33]。 翌25日には東京都議会を訪れ、正副議長と面会。面会後、記者団に対し「日本は台湾の重要な同盟国だ」と語った[34]。両親も同行した[35]

また、前大阪市長の橋下徹とも会談している[36]

2019年5月、再来日し、富山市の日台観光サミット出席や[37]岸信夫および小池百合子との会談を精力的にこなした[38]。また東日本大震災で壊滅した宮城県石巻市の公立志津川病院は台湾からの義援金を元に再建された南三陸病院の表敬訪問[39]、福島県南相馬市では地元食品を頬張り、「核食」の輸入規制を続ける台湾政府に対し科学的な視点で解決を呼び掛けている[40]。日本同様に脱原発を目指して火力発電所の環境問題が取りざたされる中で磯子火力発電所も視察した[41]

対米関係編集

対中で「両岸一家」を旗印にしていることから、在米台湾同郷会は不歓迎の意思を表明している[42]

編集

 
2017ユニバーシアード開幕式で総統の蔡英文と

2017年夏季ユニバーシアードのホスト首長として期間前後のトラブルを乗り越えて開催を成功させた[43]

交通政策編集

 
幹線公車
 
2015年アジア自転車フォーラムでスピーチする柯

IC交通カードの全国化に際しては高雄エリアでのシステム更新コスト負担を渋ったため悠遊卡公司と高雄捷運公司の紛争に高雄市長陳菊とともに参戦し、南北代理戦争の様相を呈した。高雄エリアでの他社カードとの格差が2016年夏から2018年春まで2年弱続いた[44]

2017年から2018年にかけて新北市政府と共同で台北市内で幹線公車系統を導入[45]

2018年、市内の公共交通利用率向上を目指し台北捷運、(のちに新北捷運も)、台北聯営公車(台北市市区公車新北市公車中国語版)、YouBikeが1ヶ月定額無制限で乗り放題となる「1,280元定期票」の販売を推進した[46]

捷運やバスを使って通勤することが多い[47][48]

競技者ではないが、自転車をライフワークとしており、自転車関連の国際展示会であるVelo-city英語版台北にも参列し、YouBike台北市公共自転車中国語版)の利用促進を推進している[49]。(後段の#自転車節も参照)

飲酒運転撲滅編集
 
自身が設立に関わった飲酒運転防止のためのNPO法人TADD

飲酒運転による事故撲滅のためにzh:台灣酒駕防制社會關懷協會(TADD)を立ち上げ、初代理事も務めた。また公共交通機関への移行を促進すべく自転車を漕ぐ自身のキャラクターを描いたチャリティー用悠遊卡をプロデュースした(協会寄付者へ無料進呈する形式)[50]

市政評価編集

2016年初頭は台北ドーム中国語版(台北大巨蛋)の建設中断で時間と費用を浪費していることに対して支持率が一時下落していたが[51]2017年夏季ユニバーシアードを成功裏に終えたことで支持は回復傾向となった[52]

地方首長に対する市政満足度と施政評価調査では台北市長柯に対する評価は以下のようになっている。

遠見雑誌中国語版(毎年5月末に発表)
  • 2015年が満足度77.2、施政74.6、星は4.5[53]
  • 2016年が満足度45.6、施政60.4、星は3.5[54]
  • 2017年が満足度42.9、施政61.5、星は3.5[55]
  • 2018年が満足度55.3、施政65.0、星は3.5[56]
  • 2019年が満足度48.4、施政64.2、星は3.5[57]
天下雑誌中国語版(毎年9月発表)
  • 2015年が満足度70.6(施政68.3。六都3位、全22県市中9位)[58]
  • 2016年が満足度49.36(六都6位、全22県市中21位)[59]
  • 2017年が満足度56.03(六都4位、全22県市中14位)[60]
  • 2018年が満足度57.12(六都3位、全22県市中12位)[61]
  • 2019年が満足度51.80(六都4位、全22県市中20位)[62]

家族編集

妻の陳佩琪中国語版と3人の子供が居る。妻は離島の澎湖県出身で夫と同じく医師である。現在は台北市立連合病院中国語版の小児科主任を勤めている[63]。また長男は本人と同じアスペルガー症候群である[64]

独裁時代に家族が国民党政府から殺害・弾圧された経緯があるため、2015年の二・二八事件式典では遺族代表として参加した。この式典で、国民党馬英九総統から握手を求められたが、柯はこれを拒否した[65]

2018年の紀念日は出席している[66]

逸話編集

 
頭に手をやる仕草はトレードマーク

2015年9月の波卡事件で、台北市議員徐弘庭が、柯文哲は悠遊カード董事長であった戴季全を庇っていると主張し、頭にきた柯文哲がデスクを叩いた映像が中国大陸のネットで話題になった[67]

元立法委員で民進党籍の台北市議王世堅中国語版は犬猿の仲。王は「柯黑(反柯文哲)」を自認し、「一生牽制你一人(一生あなたを牽制する)」と噛みついたり[注 1][69]、柯が市議会の質疑で王に対して「垃圾(ゴミ)」呼ばわりすると[注 2]、王も「胡說八道(戯言をいうの意)」と応酬するなど[71]、収束の気配は見えない[72]

コンビニのイートインコーナーで深夜に1人で食事を摂る姿が目撃されたり[73]、外遊の際は周辺国の日本や東南アジアだけではなく[74][75]、ニュージーランドなどへの長距離でもエコノミークラスを多用するなど倹約ぶりが目立つ[76]。また、空港で地べたに座りながらコンセントから充電中のスマートフォンを操作している姿も目撃されている[77]

自転車編集

市長就任後も頻繁に出身地の新竹へ自転車で里帰りしたり[78]、地方選挙期間中に支持する候補者への応援で南部まで自走[79]、台北高雄間の「1日双城」といわれるロングライドに挑戦している。プライベートでも2016年2月28日前後の連休には228事件追悼イベントには参加せず、台湾島最北端の富貴角新北市)から最南端の鵝鑾鼻屏東県)までの約520kmを無宿泊で走り抜ける「一日雙塔中国語版を敢行、目標タイムには及ばなかったが28時間台で見事完走した[80][81][82]。その後訪台した愛媛県知事中村時広との会談でしまなみ海道も挑戦するように要請された[83]

翌2017年も同日に実家の新竹に自転車で帰省した[84]

2019年の228紀念日も出席したが、同日にサイクリングも敢行した。台北から新竹まで自走し、台湾高速鉄道(高鉄)で台北にとんぼ返りして式典に出席。再度高鉄で嘉義まで移動、そこから台南経由で高雄市まで自走するという変則型の「雙城」だった[85]

サブカル編集

映像外部リンク
  [Run! Taipei] Game Playthrough(奔跑吧!台北) - YouTube
映像外部リンク
  柯文哲 feat. 春艷【Do Things Right】Official Music Video - YouTube

2017年9月10日、西門町にあるアニメイト(安利美特)台北店を訪問するなど[86]、コスプレやアニメ文化に対する支持を表明した[87]。また、就任3年を迎えた2017年末には自らを8ビットのキャラクターに仕立てたブラウザゲーム「奔跑吧!台北中国語版」をリリースしている[88]

2018年にはナイトクラブに集う若者に投票を呼び掛けるべく、DJとして飛び入り参加している[89]。また、選挙運動の一環として地元のラッパーとコラボレーションし、ラップ曲「Do Things Right中国語版」をリリースしている[90]

陳水扁や馬英九などの歴代台北市長がコスプレに軒並み挑戦しているが[91]、柯も例外ではなく、市長就任前および任期中に度々コスプレ姿を披露している。

コスプレ

似ていると言われたり、自身による二次創作およびインターネット上で勝手に悪搞の対象となったもの

語録編集

  • 垃圾不分藍緑中国語版拼音: Lèsè bù fēn lán lǜ、ルースー・ブーフェン・ランリゥ) - 直訳すると『ゴミに青や緑の区別はない』。台北市の環境政策が功奏し、市内のゴミ排出量を減らした余剰能力分で他県市の廃棄物処理を請け負った際の市議会での質疑によるもの[105]。真意は「ゴミを出す県市の首長が藍(国民党)だろうと緑(民進党)だろうと関係ない。藍か緑か分けずに引き受ける」というものだが、ネットユーザーの間では「政治家は藍も緑もゴミ/藍と緑の政治家にもゴミがいる」という意味で定着、ゴミ処理という環境問題から二大政党を揶揄するスラングへと変容した[106]。その後、国内最大のネット掲示板批踢踢(PTT)でも2016年の流行語トップになったほか[107]、翌年には台中市台中女中中国語版で期末試験の問題として出題された[108]

失言編集

市長1期目の4年で40の失言を発したと報道されているほど率直な物言いが度々物議を醸している[109]

  • 「多くの日本人は騙されてここ(大稲埕霞海城隍廟中国語版)に来る」[110][111]
  • 彰化は搶轎をマフィア化させる(彰化搶轎變黑道)」(媽祖信仰の行事で神輿を争奪する『搶轎』が彰化に入ると警察官の振る舞いも悪くなることを指して[112]
  • 「台北市では既に外国人妻を30万人『輸入』(目前台北市已經『進口了』30萬的外籍新娘。)」(未婚男子が増えていることに対して[113][114]
  • 西門町のイベントで女子コスプレイヤーに「太っている」と言ってしまい、逆に自身のナルトについて老けすぎと反撃された[115]
  • 香港はつまらない小さな島(香港很無聊,香港只是個小島有什麼好玩的)」、「香港は自由がない(香港有什麼好羨慕的?不只小,連選舉都沒有,自由的靈魂都沒有。)」[116][117]
  • 「陳水扁は仮病」[116]
  • 「老人票を買うもの」[118](市社会局による高齢者への支給金を縮小したことに対する批判に対して[注 3][116]。)
  • 2019年9月、「(前高雄市長)陳菊は太った韓国瑜陳菊是比較肥的韓國瑜)」と発言したことで、自身のFacebookのいいね数が200万を割り込んだ[120]

2014年台北市長選挙結果編集

 
2014年得票分布
2014年台北市長選挙結果[121]
候補者番号 候補者名 政党 得票数 得票率 当落
1 陳汝斌中国語版 三等国民公義人権自救党 1,624 0.11%
2 趙衍慶中国語版 無所属 15,898 1.06%
3 李宏信 無所属 2,621 0.18%
4 陳永昌中国語版 無所属 1,908 0.13%
5 馮光遠 無所属 8,080 0.54%
6 連勝文   中国国民党 609,932 40.82%
7 柯文哲 無所属 853,983 57.16%

2018年台北市長選挙結果編集

 
2018年得票分布
2018年台北市長選挙結果[122][123]
候補者番号 候補者名 政党 得票数 得票率 当落
1 呉蕚洋中国語版 無所属 5,617 0.40%
2 丁守中中国語版   中国国民党 577,566 40.82%
3 姚文智中国語版   民主進歩党 244,641 17.29%
4 柯文哲 無所属 580,820 41.05%
5 李錫錕中国語版 無所属 6,172 0.44%
有権者数  2,164,155
有効票  1,414,816
無効票  
投票率  65.97%

著作編集

博士論文編集

体外膜氧合術:臨床応用与預後之預測 (Emembrane oxygenation: clinical applications and prognosis prediction)2002年

書籍編集

  • 《白色的力量1-柯文哲:我改变不了四季的变化,只能譲其尽善尽美》 出版社:三采 ,出版日期:2014/01/17
  • 《白色的力量2—改变成真:柯文哲的城市進化論》 出版社:三采 ,出版日期:2014/10/09
  • 《白色的力量3—柯P模式:柯文哲的SOP跟你想的不一樣》出版社:三采,出版日期:2015/11/06
  • 《白色的力量4~光榮城市:柯文哲的進步價值》出版社:三采,出版日期:2018/06/29

脚注編集

[ヘルプ]

註釈編集

  1. ^ 台南市政府で市長頼清徳に対し野党市議謝龍介が言った『一生あなた(頼清徳)だけを監督する(一生只監督你一人[68]』のパロディ
  2. ^ 台湾華語:Lèsèではなく台湾語:lah-sap。[70]
  3. ^ 世論調査でも若者は柯支持が高いが、高齢者層では逆となっている[119]

出典編集

  1. ^ 台湾・台北市長が新政党立ち上げ 総統選出馬うかがう”. 日本経済新聞 (2019年8月1日). 2019年8月1日閲覧。
  2. ^ “柯文哲看華光社區拆除案:台灣有文明沒文化”. https://tw.news.yahoo.com/%E6%9F%AF%E6%96%87%E5%93%B2%E7%9C%8B%E8%8F%AF%E5%85%89%E7%A4%BE%E5%8D%80%E6%8B%86%E9%99%A4%E6%A1%88-%E5%8F%B0%E7%81%A3%E6%9C%89%E6%96%87%E6%98%8E%E6%B2%92%E6%96%87%E5%8C%96-021606332.html 
  3. ^ “連戰罵渾蛋 柯爸:請留點尊嚴給我們”. http://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/831158 
  4. ^ “柯文哲母幫追妻 80歲父阻選台北市長”. http://tw.twent.chinayes.com/Content/20130905/kha7l4f2rux4.shtml 
  5. ^ “台湾九合一六都选举人物系列--柯文哲”. http://www.bbc.co.uk/zhongwen/simp/china/2014/11/141108_twnelx_taipei_kewenzhe 
  6. ^ . http://mp.doctorpda.cn/yb/content/9430 
  7. ^ “台北市長選挙がもうヒートアップ、台湾を揺るがす“政治素人”「柯文哲現象」とはなにか”. Record China. (2014年2月23日). http://www.recordchina.co.jp/a83667.html 2015年11月24日閲覧。 
  8. ^ (繁体字中国語)柯酸醫院陪病很大牌 黃國昌致歉:內疚”. TVBS (2019年8月17日). 2019年9月8日閲覧。
  9. ^ “柯文哲挺扁 曾請假輔選”. http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/headline/20101202/33005848/ 
  10. ^ “蔡的台灣共識 柯文哲:沒人懂”. http://www.chinatimes.com/newspapers/20131118000352-260102 
  11. ^ “姚文智轰柯文哲:太阳花学运事不干己”. http://www.taihainet.com/news/twnews/twdnsz/2014-06-02/1259879.html 
  12. ^ “台北市長選に異変 無所属リード 統一地方選まで1カ月 与党、中国国民党苦戦(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2014年10月29日). http://www.sankei.com/world/news/141029/wor1410290034-n1.html 2015年11月24日閲覧。 
  13. ^ “台湾・与党、異常事態 来年1月の総統選へ国民党有力者出馬表明ゼロ 16日に予備選候補締め切り(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2015年5月15日). http://www.sankei.com/world/news/150515/wor1505150044-n1.html 2015年11月24日閲覧。 
  14. ^ “台湾・台北市長選、無所属の柯文哲氏が勝利へ 与党・国民党の牙城崩す”. フォーカス台湾. (2014年11月29日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201411290008.aspx 2015年11月24日閲覧。 
  15. ^ a b 野嶋剛 (2014年12月5日). “台湾選挙を揺るがした「日本皇民論争」とは”. ハフィントン・ポスト. http://www.huffingtonpost.jp/foresight/taiwan_b_6267172.html 2015年11月4日閲覧。 
  16. ^ “次期台北市長・柯文哲氏、台湾と中国大陸の関係に「4つの相互」提案”. http://japan.cna.com.tw/news/apol/201412230006.aspx 
  17. ^ 嚴思祺 (2015年3月31日). “陸媒聯訪 柯文哲:「一個中國」不是問題”. BBC. http://www.bbc.com/zhongwen/trad/china/2015/03/150331_taiwan_kewenzhe 2016年9月18日閲覧。 
  18. ^ “国台弁:柯台北市長の“両岸一家”はOK”. Kuomintang News Network. (2015年3月23日). http://www1.kmt.org.tw/japan/page.aspx?type=article&mnum=119&anum=13120 2016年9月18日閲覧。 
  19. ^ “台北・上海両市長、異口同音に「両岸は一つの家族」/台湾”. 中央通訊社. (2019年7月4日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201907040006.aspx 2019年7月15日閲覧。 
  20. ^ “中国は台湾を内部崩壊させるのか”. 日経BP. (2018年11月28日). https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/218009/112700187/ 2019年8月21日閲覧。 
  21. ^ “台北市長「過去の共産党は師だ。いかにして国民党に勝利したかを学ぶ必要あり」”. サーチナ. (2015年1月5日). http://news.searchina.net/id/1555853 2019年8月21日閲覧。 
  22. ^ “(時評)柯文哲、習近平的毛澤東交集”. 台湾英文新聞. (2015年8月18日). https://www.taiwannews.com.tw/ch/news/2789721 2019年8月21日閲覧。 
  23. ^ “韋安觀點:再見?柯P!”. 風傳媒. (2016年4月26日). https://www.storm.mg/article/108410 2019年8月21日閲覧。 
  24. ^ “自由廣場》延安之後的柯文哲、黃煌雄”. 自由時報. (2018年4月9日). https://talk.ltn.com.tw/article/paper/1190834 2019年8月21日閲覧。 
  25. ^ “台南市長「わたしは親中愛台」発言が波紋 総統府「見方は同じ」/台湾”. 中央通訊社. (2017年6月7日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201706070007.aspx 2017年11月19日閲覧。 
  26. ^ “北柯南韓 如履薄冰”. 中時電子報. (2019年3月2日). https://www.chinatimes.com/newspapers/20190302000575-260109 2019年7月15日閲覧。 
  27. ^ (繁体字中国語)郭文貴:「柯文哲當選台北市長,就是台灣的悲劇」”. 2019年8月31日閲覧。
  28. ^ "Ko denies organ buying allegations", Taipei Times, 29 October 2014
  29. ^ Gutmann, Ethan (August 2014). The Slaughter: Mass Killings, Organ Harvesting and China's Secret Solution to Its Dissident Problem. Prometheus Books. p. 368. ISBN 978-1616149406.
  30. ^ 「台灣阿北」柯文哲進駐微博和對岸搏感情 引發網路討論”. 英文中國郵報 (2019年4月11日). 2019年9月1日閲覧。
  31. ^ 安倍胞弟訪台 將見馬英九、王金平、柯文哲”. 自由時報 (2015年4月29日). 2019年9月1日閲覧。
  32. ^ “台北市長が来日、東京五輪の準備状況を見学予定”. 産経ニュース. (2016年1月24日). http://www.sankei.com/world/news/160124/wor1601240036-n1.html 2016年1月25日閲覧。 
  33. ^ “柯文哲台北市長が訪日 五輪の準備状況視察=ユニバーシアードの参考に/台湾”. フォーカス台湾. (2016年1月24日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201601240003.aspx 2016年1月25日閲覧。 
  34. ^ “台北市長、東京駅と都議会を訪問 都市美学を称賛/台湾”. フォーカス台湾. (2016年1月25日). http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201601250003.aspx 2016年2月8日閲覧。 
  35. ^ この人に聞く(10)台湾に新しい風を 史上初、無所属での当選 台北市長・柯文哲氏2016年7月2日,Christian Today
  36. ^ 台北市長が橋下・前大阪市長と会談 「日本で人望ある」”. 朝日新聞 (2016年1月29日). 2019年8月31日閲覧。
  37. ^ 富山)日台交流 800万人目指す サミットで宣言”. 朝日新聞 (2019年5月25日). 2019年8月31日閲覧。
  38. ^ 台北市長、日本で岸信夫氏や小池都知事と面会へ/台湾”. フォーカス台湾 (2019年5月19日). 2019年8月31日閲覧。
  39. ^ 台湾からの義援金基に再建の南三陸病院 台北市長「台湾人の愛詰まっている」”. フォーカス台湾 (2019年5月27日). 2019年8月31日閲覧。
  40. ^ 柯台北市長、福島県を訪問「食品問題は科学的精神で解決すべき」/台湾”. フォーカス台湾 (2019年5月26日). 2019年8月1日閲覧。
  41. ^ (繁体字中国語)磯子火力發電廠可供台灣借鏡?柯P嘆不是技術問題”. 中国時報 (2019年5月24日). 2019年8月31日閲覧。
  42. ^ 在米台湾人団体、台北市長の訪米を歓迎せず 価値観の違いで”. フォーカス台湾 (2019年3月10日). 2019年8月31日閲覧。
  43. ^ (繁体字中国語)世大運成功訣竅 柯文哲:放手讓孩子們去做!”. 自由時報 (2017年10月5日). 2019年8月31日閲覧。
  44. ^ (繁体字中国語)柯P嗆封殺一卡通 陳菊這樣回應!”. 自由時報 (2017年10月27日). 2019年9月1日閲覧。
  45. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉明起北市16幹線公車到位 新北29線也優惠”. 自由時報 (2018年4月1日). 2019年9月1日閲覧。
  46. ^ 台北市と新北市の公共交通機関、「乗り放題」の定期券が登場”. Taiwan Today (2018年3月13日). 2019年8月31日閲覧。
  47. ^ (繁体字中国語)柯P搭公車上班太日常? 議員爆:「便衣警車」緊跟”. EBC 東森電視 (2018年5月17日). 2019年9月1日閲覧。
  48. ^ (繁体字中国語)公車在眼前跑掉...柯文哲急跳腳 遲到5分鐘”. 三立新聞 (2017年12月1日). 2019年9月1日閲覧。
  49. ^ “台北市長着用のサイクルウェアに注目集まる 日本からも問い合わせ/台湾”. フォーカス台湾. (2016年1月8日). http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201601080005.aspx 
  50. ^ (繁体字中国語)柯P持悠遊卡反酒駕 倡推「酒駕連坐法」”. 自由時報 (2015年8月13日). 2019年8月31日閲覧。
  51. ^ 第52回 窮地に立つ柯文哲市長”. ワイズニュース (2016年4月22日). 2019年9月1日閲覧。
  52. ^ (繁体字中国語)民調:76%滿意柯P世大運表現 38%支持選總統”. 自由時報 (2017年9月8日). 2019年9月1日閲覧。
  53. ^ (繁体字中国語)遠見》6都施政滿意度︰陳菊、賴清德再奪5星”. 自由時報 (2015年5月28日). 2019年9月1日閲覧。
  54. ^ (繁体字中国語)2016《遠見雜誌》22 縣市長施政滿意度調查”. 遠見雑誌 (2016年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  55. ^ (繁体字中国語)縣市長滿意度:7首長同登5星 綠營新秀崛起!”. 遠見雑誌 (2017年5月31日). 2019年9月1日閲覧。
  56. ^ (繁体字中国語)五位蟬聯5星縣市長:鄭文燦、林智堅、傅崐萁、黃健庭、劉增應”. 遠見雑誌 (2018年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  57. ^ (繁体字中国語)遠見調查/2019年縣市長施政滿意度 六都之中5星市長只有他”. 聯合報 (2019年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  58. ^ (繁体字中国語)《天下雜誌》2015「縣市大調查」結果出爐”. 天下雑誌 (2015年9月1日). 2019年9月1日閲覧。
  59. ^ (繁体字中国語)【2016縣市大調查】明星首長光環打折 6年級新秀竄起”. 天下雑誌 (2016年9月13日). 2019年9月1日閲覧。
  60. ^ (繁体字中国語)擠掉賴神、菊姊 誰才是明星縣市長?”. 天下雑誌 (2017年9月12日). 2019年9月1日閲覧。
  61. ^ (繁体字中国語)選情預告?《天下》縣市首長滿意度:前3名泛藍全包”. 天下雑誌 (2018年9月11日). 2019年9月1日閲覧。
  62. ^ (繁体字中国語)2019《天下》縣市調查:韓國瑜墊底、柯文哲倒數第3,黑馬出線”. 天下雑誌 (2019年9月10日). 2019年9月10日閲覧。
  63. ^ “陳佩琪 醫師個人檔案”. http://webreg.tpech.gov.tw/drview/read.asp?user_id=412 
  64. ^ “陳佩琪談家中大小亞斯伯格/柯文哲安慰我:「放心,兒子長大 就跟我一樣了啦!”. http://www.commonhealth.com.tw/article/article.action?nid=68312 
  65. ^ 田中靖人 (2015年2月28日). “台湾2・28事件式典で台北市長、馬総統と握手拒否”. 産経新聞. http://www.sankei.com/world/news/150228/wor1502280048-n1.html 2015年7月18日閲覧。 
  66. ^ (繁体字中国語)今年228沒再哽咽 柯文哲:社會應走向和諧光明”. 新頭殻 Newstalk (2018年2月28日). 2019年8月31日閲覧。
  67. ^ (繁体字中国語)【2015.09.19】波卡爭議延燒近月 柯P怒嗆議會 -udn tv”. 聯合報/Youtube (2015年9月19日). 2019年8月31日閲覧。
  68. ^ 国民党の台南市議、次期行政院長の頼清徳氏をポテヒ人形でお見送り/台湾”. フォーカス台湾 (2017年9月6日). 2019年9月1日閲覧。
  69. ^ (繁体字中国語)一生牽制你一人柯坦言與王世堅像賴謝”. 民視/Youtube (2019年1月14日). 2019年8月31日閲覧。
  70. ^ (繁体字中国語)又是麥克風沒關 柯文哲罵王世堅"垃圾"被抓包”. CTV 中華電視公司/Youtube (2019年5月20日). 2019年8月31日閲覧。
  71. ^ (繁体字中国語)王世堅再戰柯文哲 談雙子星案"比天方夜譚還離譜"”. TTV 台湾電視公司 (2019年5月20日). 2019年8月31日閲覧。
  72. ^ (繁体字中国語)柯P、王世堅對嗆「垃圾」、「俗辣」 高嘉瑜竟也牽扯被罵!”. 自由時報 (2019年5月20日). 2019年8月31日閲覧。
  73. ^ (繁体字中国語)沒時間用餐 柯P便利商店吃泡麵”. CTS 中華電視 (2015年7月28日). 2019年9月1日閲覧。
  74. ^ (繁体字中国語)柯P訪日搭「經濟艙」 民眾空中搶拍”. 壹電視新聞 (2014-19-27). 2019年9月1日閲覧。
  75. ^ (繁体字中国語)柯P訪東南亞 搭經濟艙飛抵馬來西亞”. 民視/Youtube (2017年3月26日). 2019年9月1日閲覧。
  76. ^ (繁体字中国語)野生捕捉柯文哲出訪以色列搭經濟艙 「國外也會算投資報酬率」”. 鏡週刊 (2019年2月24日). 2019年9月1日閲覧。
  77. ^ (繁体字中国語)刻意表現"接地氣"? 柯P以國機場坐地充電惹議”. CTV 中国電視 (2019年3月1日). 2019年9月1日閲覧。
  78. ^ (繁体字中国語)柯文哲挑戰台北騎車到新竹 直呼喘2015年11月14日,大紀元
  79. ^ (繁体字中国語)柯文哲自行車旋風輔選 15小時台北到雲林2015年12月14日,中評台灣
  80. ^ 1日520キロ走破なるか 台北市長が自転車での台湾縦断に挑戦2016年2月27日,フォーカス台湾
  81. ^ 自転車「1日520キロ走破」に挑戦の台北市長、28時間半で完走/台湾2016年2月28日,フォーカス台湾
  82. ^ 【台湾 4日】 台北市長の柯文哲氏、自転車をオークションへ2016年3月5日,デイリーアジア
  83. ^ (繁体字中国語)本想和柯P騎單車 但愛媛縣知事遲疑了”. 中国時報 (2016年5月18日). 2019年8月31日閲覧。
  84. ^ (繁体字中国語)柯文哲又要挑戰一日北高?柯媽喊卡!2017年2月27日,自由時報
  85. ^ (繁体字中国語)柯P「分段騎」一日雙城 晚間11點抵高雄終點”. 三立新聞/Youtube (2019年3月1日). 2019年8月31日閲覧。
  86. ^ (繁体字中国語)野生柯文哲現身動漫店 鄉民猜他要...”. 自由時報 (2017年9月10日). 2019年8月31日閲覧。
  87. ^ (繁体字中国語)柯P看林默娘Cosplay 竟諷表演者胖”. 自由時報 (2017年9月10日). 2019年8月31日閲覧。
  88. ^ 台北市長が主役のゲーム公開 就任3周年を記念し成果アピール”. 台北経済新聞 (2017年12月27日). 2019年8月31日閲覧。
  89. ^ (繁体字中国語)DJ柯P大喊"I love you"直播吸引上千人觀看 狂被台下觀眾餵食 民眾:投你10票”. 三立新聞/Youtube (2018年7月28日). 2019年8月31日閲覧。
  90. ^ (繁体字中国語)Do Things Right!柯文哲推單曲 網:被政治、醫療耽誤的饒舌歌手”. ETtoday新聞雲 (2018年10月28日). 2019年8月31日閲覧。
  91. ^ (繁体字中国語)看到笑出來!柯 P 扮火影根本沒啥,陳水扁 cosplay 大全我笑翻”. Buzz Orange 報橘 (2017年9月30日). 2019年8月31日閲覧。
  92. ^ (繁体字中国語)柯文哲戴草帽化身魯夫 指辦公室「吵吵鬧鬧很正常」”. ETtoday新聞雲 (2014年8月12日). 2019年8月31日閲覧。
  93. ^ (繁体字中国語)柯P逛漫博 賣萌扮喬巴”. 中国時報 (2014年8月12日). 2019年8月31日閲覧。
  94. ^ (繁体字中国語)虧雞福來爹Cosplay尬柯P!扮四代目火影:就是我的忍道”. EBC 東森電視 (2018年8月24日). 2019年8月31日閲覧。
  95. ^ (繁体字中国語)柯P戴提摩帽看LOL 盼政府做電競產業後盾”. 自由時報 (2015年10月11日). 2019年8月31日閲覧。
  96. ^ (繁体字中国語)柯P與你並肩作戰,臺灣電競加油!”. 台北市政府/Youtube (2015年9月30日). 2019年8月31日閲覧。
  97. ^ (繁体字中国語)柯P變身"黑傑克" 糗! 給糖童不理”. 年代新聞/Youtube (2016年10月29日). 2019年8月31日閲覧。
  98. ^ (繁体字中国語)宣傳世大運豁出去 柯P敷熊貓面膜初體驗”. 新唐人 (2017年8月12日). 2019年8月31日閲覧。
  99. ^ (繁体字中国語)柯文哲扮柯南 發糖果給小朋友”. 聯合報 (2014年10月26日). 2019年8月31日閲覧。
  100. ^ (繁体字中国語)推銷自行車道 柯P扮殺人魔”. CTS 中華電視 (2015年12月21日). 2019年9月1日閲覧。
  101. ^ 台北市長、日本でギタリストに? そっくりな写真が話題に/台湾”. フォーカス台湾 (201710-06). 2019年8月31日閲覧。
  102. ^ 漫画「中華一番!」作者、台北市長の“二次創作”に「嬉しい」/台湾”. フォーカス台湾 (2015年6月16日). 2019年8月31日閲覧。
  103. ^ (繁体字中国語)柯P扮「小當家」涉抄襲?原作者:覺得很光榮”. 自由時報 (2015年6月15日). 2019年8月31日閲覧。
  104. ^ (繁体字中国語)【即時】原來是野生柯P啊 我以為是可達鴨呢”. 快點TV (2016年8月8日). 2019年9月1日閲覧。
  105. ^ (繁体字中国語)「垃圾不分藍綠」 柯P澄清「為解決垃圾問題」”. 民視/Youtube (2016年12月9日). 2019年8月31日閲覧。
  106. ^ (繁体字中国語)藍營「垃圾不分藍綠」記者會批童 網友笑翻:為何要自婊?”. Taiwan People News 民報 (2017年1月26日). 2019年8月31日閲覧。
  107. ^ (繁体字中国語)第三屆PTT流行語票選出爐 3個字打敗「垃圾不分藍綠」”. 中国電視 CTV (2016年12月9日). 2019年8月31日閲覧。
  108. ^ (繁体字中国語)「垃圾不分藍綠」、一例一休 時事入高中期末考題”. EBC 東森新聞 (2017年1月19日). 2019年8月31日閲覧。
  109. ^ (繁体字中国語)4年失言40句!柯P上班改「搭電梯」避訪問”. TVBS (2018年11月4日). 2019年9月1日閲覧。
  110. ^ 「多くの日本人がだまされてここに来る」、台北市長が発言―台湾メディア”. レコードチャイナ (2018年7月24日). 2019年9月1日閲覧。
  111. ^ (繁体字中国語)柯P失言 日本人都被騙來”. 中国時報 (2018年7月23日). 2019年9月1日閲覧。
  112. ^ (繁体字中国語)「彰化搶轎變黑道」挨批失言 柯P坦言:講得不清楚”. 自由時報 (2015年5月3日). 2019年9月1日閲覧。
  113. ^ (繁体字中国語)柯文哲又失言 稱北市已「進口」30萬外籍新娘”. 自由時報 (2015年3月7日). 2019年9月1日閲覧。
  114. ^ 「外国人妻を“輸入”」 柯台北市長の発言に波紋広がる/台湾”. フォーカス台湾 (2015年3月9日). 2019年9月1日閲覧。
  115. ^ (繁体字中国語)柯P看林默娘Cosplay 竟諷表演者胖”. 自由時報 (2017年9月10日). 2019年9月1日閲覧。
  116. ^ a b c (繁体字中国語)神回顧/正常能量釋放?2017十大柯P失言驚句來啦!”. Daily View 網路溫度計 (2017年12月27日). 2019年8月31日閲覧。
  117. ^ テイクオフ:柯文哲・台北市長の放言…”. NNA ASIA (2017年4月11日). 2019年8月31日閲覧。
  118. ^ (繁体字中国語)柯文哲︰發敬老金是買票”. 自由時報 (2017年11月19日). 2019年8月31日閲覧。
  119. ^ 柯市長の支持率上昇、「臓器狩り」逆に追い風に”. ワイズニュース (2018年10月8日). 2019年9月1日閲覧。
  120. ^ (繁体字中国語)"菊是肥的韓" 柯不認失言:情緒蓋過理智 柯P"講了就講了"不道歉 陳菊淡定雙手合十 誰造成韓流崛起? 柯:應怪罪段宜康.王世堅 "柯粉"狂掉! 臉書湧退"讚"潮 跌破200萬 菊因選舉遭人身攻擊 蘇貞昌:對她不公平”. 台湾電視 TTV (2019年9月7日). 2019年9月8日閲覧。
  121. ^ (繁体字中国語)臺北市市長開票結果 - 2014九合一選舉新聞專區”. 自由時報. 2019年9月1日閲覧。
  122. ^ Taipei City Municipal Mayor Election - ウェイバックマシン(2018年12月4日アーカイブ分)
  123. ^ (繁体字中国語)2018 九合一選舉”. 上報 Up Media. 2019年9月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  中華民国(台湾)
先代:
郝龍斌
 台北市長
2014年12月25日 -
次代:
現職