メインメニューを開く

柯潔(か けつ、柯洁、コ・ジェ、1997年8月2日 - )は、中国囲碁棋士浙江省麗水市出身、中国囲棋協会に所属、九段。三星火災杯世界囲碁マスターズ百霊愛透杯世界囲碁オープン戦Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦優勝など。ニックネームは「大帝」[1]

目次

経歴編集

6才で囲碁を覚え7才から故郷を離れて北京聶衛平道場に囲碁留学した。当時に道場には范廷鈺(現九段)らがいた[2]。2007年全国児童少年戦児童組優勝。

2008年世界青少年囲碁選手権大会少年組優勝、初段。2010年二段。プロ入りすることが出来たが同期の棋士がチームに勧誘されていくのに対し、柯潔にはどのリーグチームも関心を持たなかった。チームに入ることができなかったため大きい大会にも出場できず公式戦も10~20局しか打てなかった。そこで柯潔はネット碁東洋囲碁)で打つことにした。2011年から2015年の4年間に打ったネット碁は4千局を越えた。運がいい日は朴廷桓九段とも打つことができた。20秒碁で1日に5~6局程度打った。そのおかげて大きな大会でも緊張しない心を訓練することができた。さらに読みの正確性と速度も鍛えた[3]

2011年世界青少年囲碁選手権大会青年組優勝、三段。2012年四段。2013年新人王戦ベスト8、Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦出場しベスト32、三星火災杯世界囲碁マスターズでベスト16。2014年名人戦ベスト8、天元戦挑戦者となり陳耀燁に1-2で敗れる。同年阿含桐山杯決勝で唐韋星を破り棋戦初優勝。

2015年百霊愛透杯の準決勝で朴廷桓を2-0、決勝で邱峻を3-2で破り、世界戦初優勝、これにより九段昇段。同年リコー杯、威孚房開杯棋王戦に優勝、三星火災杯で決勝で時越を2-0で破り優勝。2016年にMlily夢百合杯世界囲碁オープン戦で李世乭を破って優勝し、年間で世界戦三冠を達成。世界三冠王は2010年孔傑以来5年6ヶ月ぶり。また史上最年少の三冠王となった。さらに国内戦をあわせて五冠王に輝き優勝賞金中国棋士歴代最高の760万を稼いだと推定されている[4]。2016年三星火災杯2連覇。

甲級リーグは2011年から出場、2013年15勝6敗の成績で新秀賞、2014年に18勝2敗の成績で大連チーム優勝に貢献。2015年にも16勝5杯で2年連続最多賞。2016年はMVP、優秀主将、最多勝を獲得。中国棋士ランキングでは2014年6位、2015年9月に1位となり2018年8月まで維持。

2016年3月、AlphaGo対李世ドル第一局の終局後、李世乭に9勝している柯潔は「AlphaGoは李世乭に勝っても、私には勝てない」と豪語した[5]国際囲碁連盟事務局長で国家体育総局棋牌運動管理センターの中国共産党委員会書記である楊俊安は想定外のことがなければ年内にAlphaGoと柯潔は「人間と機械の最終決戦」[6]として対局を行うと発表した[7]。翌年2017年4月、AlphaGo開発者のデミス・ハサビスは、同年5月23日から27日にかけて囲碁の発祥地中国の浙江省烏鎮インターネット国際会展センター(世界インターネット大会英語版の永久開催地)にてGoogleと中国囲棋協会と中国政府が共催するフューチャー・オブ・ゴ・サミット英語版で非公式棋士レーティング世界1位[8][9]の「世界最強の棋士」柯潔とAlphaGoは対戦を行うと発表した[10]AlphaGo対柯潔の第1局はAlphaGoが柯潔に勝利し、柯潔は「人間では想像もつかない手を打ち、強かった」と述べた[11][12]。第2局もAlphaGoの勝ちとなり、シリーズの勝ち越しが決定。デミス・ハサビスは「100手までは今までの人間との対局で最も接戦だった」と柯潔の健闘を称えた[13]。第3局もAlphaGoが勝ち、シリーズはAlphaGoが3局全勝となった[14]。デミス・ハサビスとGoogleはこの試合を人間との最後の対局としてAlphaGoの引退を発表した[15][16][17]。中国囲棋協会は、柯潔に勝ったAlphaGoにプロの名誉九段を授与した[18]。試合中に涙も拭った柯潔は閉会式で「僕は僕自身でありたい。囲碁は楽しいものと伝えていきたい」と述べた[19]。その2日後に行われたLG杯世界棋王戦韓国元晟ジンに勝利した際に「人類との対局はこんなにも気楽」とウェイボーで呟いたことが話題になった[20]

2018年1月17日、中国企業テンセントAI絶芸」に置き碁で負け、強豪の棋士がAIにハンディキャップを負わせた試合で敗北したのは史上初として話題となった[21]。2018年から5月時点でAIだけでなく、プロ棋士相手にも10勝10敗であるなどスランプに陥ってるとする見方もある[22]

タイトル歴編集

国際棋戦

国内棋戦

他の棋歴編集

国際棋戦

国内棋戦

対局譜編集

 
図1(53-82手)
「世界三冠達成」第2回Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦決勝戦第5局 李世乭-柯潔(先番)

2015年百霊杯、三星火災杯の優勝に続いて、Mlily夢百合杯でも決勝戦に進出。李世乭との決勝五番勝負は、第1局李、第2、3局柯、第4局は李が勝って2勝2敗となり、第5局は2016年1月5日に江蘇省如皋市で行われた。序盤はじっくりした布石で、左上でも先番柯潔は黒1(図1、53手目)から二子を捨てて左辺黒の安定を図る。李は右下白10から利かし、白14は黒17まで一子を犠牲にするが、白20、24の切断から30までで16の石と連動して攻勢に立った。

 
図2(113-131手)

その後は白優勢に進んだが、柯は図2黒1(113手目)から下辺白の分断を狙い、それに対して中央の利かしを狙った白4が黒5と替わって損な手で、白6の時に黒7が妙手で、黒17までつながって白18の連絡を強要して先手を得て、黒19に回って僅かに逆転した。その後黒はヨセで損をするが、最後半コウに勝って281手まで半目勝ち、3勝2敗で優勝を飾った。[23]

脚注編集

  1. ^ http://sports.sina.com.cn/go/2015-02-03/12217506909.shtml 新浪体育「柯洁“大帝”初长成 11岁幸运定段饱尝艰辛」
  2. ^ 【中国話題】世界第一人者になった最下位少年-柯潔ストーリー② nitro15
  3. ^ 【中国話題】「4年間で4000局、タイジェムが私を育てた!」世界三冠王に登板-柯潔ストーリー① nitro15
  4. ^ http://sports.sina.com.cn/go/2016-01-06/doc-ifxnerek0996624.shtml 新浪体育「柯洁全年奖金总数高达760万 到手金额超过五成」
  5. ^ 揭秘谷歌围棋战大赢家:柯洁微博粉丝翻20倍”. 新浪科技 (2016年3月10日). 2016年3月13日閲覧。
  6. ^ 人机终极对决或年内举行柯洁将战AlphaGo”. 新浪網 (2016年6月8日). 2016年6月4日閲覧。
  7. ^ 中国の柯潔九段、年内にAlphaGoと対局へ”. 中国網 (2016年6月6日). 2016年6月6日閲覧。
  8. ^ 「AlphaGoは李世ドルに勝っても、僕には勝てない」 世界最強の囲碁棋士(18歳)がコメント”. ねとらぼ. ITmedia (2016年3月9日). 2016年6月6日閲覧。
  9. ^ World's Go Player Ratings” (2016年3月). 2016年6月17日閲覧。
  10. ^ 囲碁の神秘を求めて ーー Future of Go Summit 開催”. Google (2017年4月10日). 2017年5月24日閲覧。
  11. ^ 米アルファ碁「世界最強」降す 柯九段「強くなった」”. 毎日新聞 (2017年5月24日). 2017年5月24日閲覧。
  12. ^ 米グーグルのAI、世界最強の中国囲碁棋士に第1局で勝利”. ロイター (2017年5月24日). 2017年5月24日閲覧。
  13. ^ 囲碁AIが世界最強棋士に連勝 開発会社CEOは柯九段の健闘たたえる”. 産経ニュース (2017年5月26日). 2017年5月26日閲覧。
  14. ^ 囲碁AIが3戦全勝、世界最強プロを圧倒”. 日本経済新聞 (2017年5月26日). 2017年5月27日閲覧。
  15. ^ 世界トップ棋士を制したGoogleの囲碁AI「AlphaGo」、引退へ” (2017年5月29日). 2017年5月29日閲覧。
  16. ^ After Win in China, AlphaGo’s Designers Explore New AI” (2017年5月27日). 2017年5月30日閲覧。
  17. ^ AIアルファ碁3連勝「人間との対局は終える」”. 読売新聞 (2017年5月26日). 2017年5月27日閲覧。
  18. ^ 中国围棋协会授予AlphaGo职业九段 并颁发证书” (Chinese) (2017年5月27日). 2017年5月30日閲覧。
  19. ^ 「AlphaGo」という“神”の引退と、人類最強の19歳が見せた涙の意味:現地レポート”. WIRED (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  20. ^ 韓国人棋士に大勝した中国・柯九段、ネットでのつぶやきが話題に―中国メディア”. Record China (2017年5月31日). 2017年5月31日閲覧。
  21. ^ ハンデ戦で完敗....中国強豪棋士・柯潔9段がテンセントの囲碁AIの「絶芸」に降伏”. ロボティア (2018年1月19日). 2018年1月20日閲覧。
  22. ^ 囲碁界が騒然!圧倒的に強かった中国の棋士、日本の若手にも敗れる―中国メディア”. Record China (2018年5月2日). 2018年5月2日閲覧。
  23. ^ http://www.qipai.org.cn/web/topic/mbh2015 中国棋牌网「第二届Mlily梦百合杯世界围棋公开赛」

関連項目編集

参考文献編集

  • 『囲棋年鑑』中国囲棋協会