メインメニューを開く

柳井発電所(やないはつでんしょ)は、山口県柳井市柳井字宮本塩浜1578-8にある中国電力天然ガス火力発電所

柳井発電所
Yanai power plant.jpg
柳井発電所の遠景
柳井発電所の位置(山口県内)
柳井発電所
山口県における柳井発電所の位置
正式名称 中国電力株式会社柳井発電所
日本の旗 日本
所在地 山口県柳井市柳井字宮本塩浜1578-8
座標 北緯33度57分12秒 東経132度7分24.6秒 / 北緯33.95333度 東経132.123500度 / 33.95333; 132.123500 (柳井発電所)座標: 北緯33度57分12秒 東経132度7分24.6秒 / 北緯33.95333度 東経132.123500度 / 33.95333; 132.123500 (柳井発電所)
現況 運転中
運転開始 1号系列:1992年12月
2号系列:1996年1月
事業主体 中国電力
発電所
主要動力源 LNG
発電機数 10基
熱効率 1号系列:47.4%(HHV)
2号系列:46.09%(HHV)
コンバインド
サイクル発電
1号系列:CC方式採用
2号系列:ACC方式採用
発電量
定格出力 総出力:140万kW
  1号系列:70万kW
  2号系列:70万kW
最大出力   1号系列:75万kW
  2号系列:79.2万kW
ウェブサイト
柳井発電所
2015年4月1日現在
テンプレートを表示

概要編集

1992年12月に1号系列が運転を開始、2号系列までが建設された。環境負荷の少ない天然ガスを使用しガスタービン蒸気タービンを組み合わせた、高効率コンバインドサイクル発電方式を採用した。さらに2号系列では1,300℃級ガスタービンを採用、日本初の改良型コンバインドサイクル発電方式を採用した[1]

なお、1号系列は熱効率向上のため、ガスタービンのリプレース工事を2010年12月より実施、2015年3月27日に全軸のリプレースが完了した。これにより1,100℃級から1,250℃級に変更、熱効率が43.32%から47.4%に向上した[2]

発電設備編集

  • 総出力:140万kW[3]
1号系列
発電方式:1,250℃級コンバインドサイクル発電(Combined Cycle)方式
定格出力:70万kW(12.5万kW × 6軸)*
 ガスタービン:8万2,780kW × 6軸
 蒸気タービン:4万2,220kW × 6軸
使用燃料:LNG
熱効率:47.4%(高位発熱量基準)
営業運転開始:1992年(平成4年)12月
ガスタービン更新:2015年(平成23年)3月27日
* 全軸を合計して最大70万kWとなるよう運転される。
2号系列
発電方式:1,300℃級改良型コンバインドサイクル発電(Advanced Combined Cycle)方式
定格出力:70万kW(19.8万kW × 4軸)*
 ガスタービン:12万5,400kW × 4軸
 蒸気タービン: 7万2,600kW × 4軸
使用燃料:LNG
熱効率:46.09%(高位発熱量基準)
営業運転開始:1996年(平成8年)1月
* 全軸を合計して最大70万kWとなるよう運転される。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集