メインメニューを開く

柳亭 こみち(りゅうてい こみち、1974年12月10日 - )は、落語協会所属の落語家[1]。出囃子は、供奴。紋は、変わり羽団扇[1]

柳亭 こみちりゅうてい こみち
本名 板垣 愛(いたがき あい) 旧姓:高橋
別名 吾妻春美(日本舞踊吾妻流)
生年月日 (1974-12-10) 1974年12月10日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都東村山市
師匠 柳亭燕路
名跡 1. 柳亭 こみち(2003年 - )
出囃子 供奴
活動期間 2003年 -
活動内容 落語家
配偶者 宮田昇
所属 落語協会
公式サイト こみちの路

目次

来歴・人物編集

東村山市立南台小学校から富士見小学校(新設校に6年生で転入)[2]、東村山市立第一中学校[2][3]東京都立国分寺高等学校を経て、早稲田大学第二文学部卒業[4]

大学卒業後は出版社に勤務し社会人を経験した後[5]、入門に備えて弱かった扁桃腺を切る手術を受け[6]2003年平成15年)柳亭燕路に入門する[1]。前座名、こみち。2006年(平成18年)11月、二ツ目に昇進[1]

2010年(平成22年)1月、お笑いコンビ「宮田陽・昇」の宮田昇と結婚[7]2013年(平成25年)5月、長男が誕生。2015年(平成27年)12月、次男誕生。

2003年入門の同期、古今亭文菊柳家小八三遊亭ときん鈴々舎馬るこ桂三木助古今亭志ん五古今亭駒治柳家小平太柳家勧之助との10人で、「TEN」というユニットを組んでいた[8]

2017年9月、真打に昇進した[9]

出演編集

テレビ番組編集

  • 「オンナたちの分岐点」【整形&転身&開業…人生が変わる瞬間に密着】(フジテレビ) 2017年11月17日[10][11]

コマーシャル・メッセージ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 柳亭こみち(落語協会)”. 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ a b 女性落語家・柳亭こみちさんが市役所を訪問”. 東村山市 (2017年8月30日). 2018年7月14日閲覧。
  3. ^ 平成30年新春対談「柳亭こみち師匠(落語家)×渡部尚(東村山市長)」”. 東村山市 (2018年1月5日). 2018年7月14日閲覧。
  4. ^ なぜか「名門高校出身者」が多い女性落語家の世界”. 「週刊ダイヤモンド」2016年11月19日号 (2016年11月15日). 2018年7月20日閲覧。
  5. ^ 文:根本聡子; 写真:高梨光司 (2018年7月30日). REGION: “インタビュー:「女性だから演じられる噺がある」ーー出版社勤務から落語家への転身”. イングリッシュブートキャンプ・アカデミア. 2019年1月25日閲覧。
  6. ^ 会社員から落語家の道へ 柳亭こみち(PDF)”. ほのぼのマイタウン. ほのぼの情報ネット (2008年8月号). 2018年8月10日閲覧。
  7. ^ 落語家と漫才師“お笑い”結婚、野球が縁 日刊スポーツ 2015年12月5日閲覧
  8. ^ TEN-てん-のオフィシャルブログ”. 2018年5月31日閲覧。
  9. ^ 平成29年 秋 真打昇進決定 一般社団法人 落語協会” (2016年8月21日). 2016年8月26日閲覧。
  10. ^ オンナたちの分岐点”. フジテレビ (2017年11月17日). 2018年7月13日閲覧。
  11. ^ テレビ紹介情報「オンナたちの分岐点」で紹介された情報”. 価格.com (2017年11月17日放送). 2018年7月13日閲覧。
  12. ^ いいなCM 日本生命 みらいサポート 「2011年の女性たちへ」篇”. youtube. 2018年7月14日閲覧。

参考文献編集

  • 広瀬和生『この落語家を聴け!』集英社文庫、2010年、366-367頁
  • 広瀬和生『噺家のはなし』小学館、2012年、138-141頁

外部リンク編集