メインメニューを開く

5代目柳亭 痴楽(ごだいめ りゅうてい ちらく、本名:澤邊幸三(さわべ こうぞう) 、1951年11月30日 - 2009年9月7日)は、北海道石狩郡当別町生まれの落語家落語芸術協会所属、同協会常任理事を務めたが、病臥後は相談役に退いていた。出囃子は『将門』。

5代目 柳亭 痴楽りゅうてい ちらく
本名 澤邊幸三(さわべ こうぞう)
生年月日 1951年11月30日
没年月日 (2009-09-07) 2009年9月7日(57歳没)
出身地 日本の旗 日本北海道石狩郡当別町
師匠 4代目柳亭痴楽
名跡 1. 初代柳亭痴太郎(1968年 - 1972年)
2. 2代目柳亭小痴楽(1972年 - 1996年)
3. 5代目柳亭痴楽(1996年 - 2009年)
出囃子 将門
活動期間 1968年 - 2009年
家族 3代目柳亭小痴楽(次男)
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
NHK新人落語コンクール優秀賞(1976年)
文化庁芸術祭優秀賞(1979年)
国立演芸場花形新人大賞(1989年)
備考
落語芸術協会常任理事(就任時期不明)
落語芸術協会相談役(2005年 - 2009年)

目次

人物と芸風編集

如何にも噺家といった風貌、気っ風の良い啖呵で若手時代から人気を博す[1]張本勲(元プロ野球選手)に顔が似ており、物真似でもテレビ出演していた。もちろんユニフォームを着ての登場である。

2代目神田山陽講談師)の没後、弟子の神田ひまわりを門下に迎えるなど、面倒見も良かった。

「楽屋での父親を見たことがなかった」次男の勇仁郎(現:3代目小痴楽)に噺家志望を打ち明けられた矢先の2005年3月、脳幹出血で病臥を余儀なくされる[1]。闘病生活の末、2009年9月7日腎不全により死去[2]。57歳没。

家族以外では最も一緒にいた時間が長かったという三遊亭小遊三によれば、痴楽は前座・二ツ目時代から豪放磊落で自分の持ち金が尽きようとも仲間に存分に奢るような生活を送っており、稼ぎが増えるとその分奢りの規模が大きくなっていったという[1]。そのような生活がたたってか30代から糖尿病睡眠障害に見舞われ、ゴルフ麻雀のプレー中に寝ることもしばしばあったが、高座では寝なかった[1]。病に倒れたあと、病床の痴楽は不自由な身ながら小遊三に協会の今後の在り方などに関してアドバイスを送ったが、その際に上杉鷹山について書かれた本を小遊三に貸した[1]。かつての豪放磊落な痴楽を知る小遊三は、そのことについて「痴楽さんが倹約を勧めるのか」と妙におかしかったそうである[1]

神田改メ日向ひまわりの真打昇進披露は、痴楽が病気療養中であったため、落語芸術協会会長の桂歌丸が師匠である痴楽の代理を務めた。

略歴編集

一門弟子編集

  • 日向ひまわり(女流講談、旧名:神田ひまわり) - 2代目神田山陽の死去に伴い、預かり弟子として一門に迎えた。
  • 3代目柳亭小痴楽 - 次男。父の命で2代目桂平治(現:11代目桂文治)預かりで前座修行し、桂ち太郎で初高座。2008年に寝坊癖を理由に破門されたため、自身のところに預け直され、改メ柳亭ち太郎。2009年11月、二ッ目昇進を機に3代目小痴楽を襲名と同時に、痴楽の弟弟子である柳亭楽輔門下に移籍[3]

編集

  1. ^ a b c d e f 渡邉寧久「落語家・五代目柳亭痴楽 睡眠障害とも闘い」”. zakzak 悼 Memory. SANKEI DIGITAL INC.. 2019年6月12日閲覧。
  2. ^ 「五代目柳亭痴楽さん:落語家、落語芸術協会相談役:腎不全のため9月7日死去57歳」『毎日新聞』 2009年10月14日、26面、社会面
  3. ^ 楽輔は、3代目小痴楽に将来6代目痴楽を継がせる意向をブログで表明『楽輔の独り言』 2009年9月14日付