メインメニューを開く

柳光 和博(りゅうこう かずひろ、1972年8月8日 - )は、日本の元プロボクサー歌手京都府京都市山科区出身。元日本スーパーフライ級、OPBF東洋太平洋同級王者。世界ランク最高位はWBC3位、WBA4位。現役時代はワタナベボクシングジム所属。現在はRKボクシングファミリー代表。

柳光 和博
基本情報
本名 柳光 和博
階級 スーパーフライ級
身長 171cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1972-08-08) 1972年8月8日(47歳)
出身地 京都府京都市山科区
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 13
KO勝ち 4
敗け 2
引き分け 3
テンプレートを表示

来歴編集

南京都高等学校でボクシングを始め、3年次に国体優勝を果たす。

その後は近畿大学を経て、歌手を目指し上京[1]。しかし、ワタナベジムでプロボクサーとなり、1995年7月10日プロデビュー。

翌年にはA級トーナメント参戦。セレス小林を降して優勝。

1997年6月25日、スズキ・カバトが持つ日本スーパーフライ級王座に挑戦するが、判定負けで王座獲得ならず。

1998年10月27日、マンゴロー・イシマルが持つ東洋太平洋同級王座に挑戦。しかし引き分けでまたも王座獲得ならず。

1999年6月15日、松倉義明と空位の日本王座を争い、4回TKOで退け13戦目で初タイトル獲得。

10月12日、金石陽介を相手に初防衛に挑むが、2回負傷引き分け。

2000年4月2日のダイレクトリマッチで6回TKO勝利。試合後王座返上。

10月11日、キッド・ハムザーと空位の東洋太平洋王座を争い、2回TKOで王座獲得。

ノンタイトル1勝後、王座返上。

2002年3月23日、徳山昌守が持つWBC王座に挑戦。しかし9回KOで敗れ世界王座はならなかった。これを最後に引退。

2004年、「森本タローとスーパースター」のボーカルに迎え入れられ、夢だった歌手デビューを果たす。

2005年9月、森本タローとスーパースターを卒業。

2007年、平塚市でワタナベジムの1年後輩鳥海純とともに「湘南RYUJU BOXING FAMILY」を開設。会長に就任。

2010年、蒲田に移り、「RKボクシングファミリー」を開設。

松山大学ボクシング部の顧問も務める[1]

戦績編集

  • プロ:18戦 13勝 4KO 2敗 3分

人物編集

  • 歌手の河村隆一と親交が深いことで知られる。入場曲には「Love is...」を使用した他、世界戦の国家独唱も河村が引き受けた。

脚注編集

  1. ^ a b 松山大学ボクシング部. “柳光和博顧問”. 2012年2月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集