柳兼子

日本の声楽家
1951年のユーディ・メニューイン訪日公演時

柳 兼子(やなぎ かねこ、1892年明治25年)5月18日 - 1984年昭和59年)6月1日)は、日本声楽家アルト歌手)。白樺派柳宗悦の妻である。長男の柳宗理は工業デザイナー、次男の柳宗玄は美術史家、三男の柳宗民は園芸家として知られている。

略歴・人物編集

旧姓は中島。東京府立第一高等女学校を経て、1910年に東京音楽学校声楽科を卒業した。1914年、柳宗悦と結婚した。1924年に京都へ移住し、同志社女子専門部京都府立第一高等女学校などの講師を務めた。

我孫子で新婚生活をしていた頃に、日本政府の朝鮮半島への同化政策に反発し、夫婦ともに朝鮮へ渡りリサイタルを開催、同地の人々と深い親交を結んだといわれている。

かつては「声楽の神様」とまで称され、数々のドイツ・リートを歌った。1927年にはグスタフ・マーラーの歌曲集『亡き子をしのぶ歌』『リュッケルトの詩による5つの歌』及び『子どもの魔法の角笛』の中の「死せる鼓手」「少年鼓手」を日本初演している(近衛秀麿指揮、新交響楽団(NHK交響楽団の前身)の定期演奏会)。1928年にドイツへ留学した。ベルリンでのリサイタルではドイツ人を驚愕させるほどの日本最高のリート歌手であったが、軍歌を歌うことを頑なに拒否した。1930年に自由学園講師、1933年東京に帰り毎日音楽コンクール審査員。1939年帝国音楽学校講師。1946年皇居において御前演奏、1950年毎日音楽賞特別賞受賞、1954年国立音楽大学教授、1961年紫綬褒章受章、1965年日本芸術院恩賜賞受賞、1966年皇后還暦記念御前演奏、1972年日本芸術院会員。

85歳まで公式のリサイタルを続け、その後も数年間は私的な集まりで歌い続けていた。また92歳で亡くなる死の2ヶ月前まで後進の指導にあたっている。これは肉体を自身の楽器とする声楽家では普通はあり得ないことであり、世界的に見ても87歳まで演奏活動を続けた声楽家というのは彼女以外存在しないであろう。

2001年、柳兼子再評価の機運が高まり、オーディオ・ラボのレーベルで長らく廃盤になっていたいくつかの音源が復刻された。また他にもアートユニオングリーンドアのレーベルからもCDが出されている。「現代日本歌曲選集2 日本の心を唄う」(オーディオ・ラボ OVCA00003)に収められた「荒城の月」「九十九里浜」「平城山」「小諸なる古城のほとり」「早春賦」「浜辺の歌」は、録音当時83歳であった。

2003年には佐藤隆司企画・原案、渋谷昶子脚本・演出によるドキュメンタリー映画『兼子-Kaneko』全農映)が制作され、その後、日本各地で上映される。また英語版も翌年に制作され、日本国外でも上映がされている。その歌唱法には長唄の要素がとり込まれていることが指摘されている(渋谷昶子脚本・ドキュメンタリー映画『兼子-Kaneko』2003年)。

柳兼子・演奏音源編集

参考文献・資料編集