メインメニューを開く

柳宗理

日本のプロダクトデザイナー
柳宗理

柳 宗理(やなぎ そうり[1]1915年6月29日[2] - 2011年12月25日[3])は、20世紀に活動した日本インダストリアルデザイナー[4]。戦後日本のインダストリアルデザインの確立と発展における最大の功労者と言われる[5]。代表作は「バタフライスツール」[6]天童木工製作)[7]。ユニークな形態と意外な実用性を兼ね備えた作品が多く知られた。実父は民芸運動の指導者で思想家の柳宗悦、祖父は柳楢悦。工業デザインの他に玩具のデザイン、オブジェなども手がけた。金沢美術工芸大学客員教授。本名は柳 宗理(やなぎ むねみち)。

目次

来歴編集

主な仕事編集

主な作品収蔵先編集

出典編集

外部リンク編集