柳家 三三(やなぎや さんざ、1974年7月4日 - )は、神奈川県小田原市出身の落語家落語協会所属。本名は蛭田ひるた 健司けんじ神奈川県立小田原高等学校卒業。古典落語を得意とする。出囃子は『京鹿子娘道成寺』。愛称はミミちゃん

柳家やなぎや さん
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}柳家(やなぎや) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三(さん).mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三(ざ)
10代目柳家小三治一門定紋「変わり羽団扇」
本名 蛭田ひるた 健司けんじ
別名 ミミちゃん
生年月日 (1974-07-04) 1974年7月4日(46歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県小田原市
師匠 10代目柳家小三治
名跡 1. 柳家小多け
(1993年 - 1996年)
2. 柳家三三
(1996年 - )
出囃子 京鹿子娘道成寺
活動期間 1993年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
オフィスまめかな(マネジメント・業務提携)
ショーキャンプ有限会社
公式サイト 柳家三三 オフィシャルサイト
受賞歴
1999年2月 第9回北とぴあ 若手落語競演会「大賞」受賞
2004年5月 平成15年度にっかん飛切落語会 若手落語家「大賞」受賞
2005年3月 平成16年度花形演芸大賞銀賞
2007年12月 平成19年度(第62回)文化庁芸術祭大衆芸能部門「新人賞」受賞
2016年 芸術選奨新人賞ほか

「三三」の名はめずらしいが、古くは「さん三」と名乗った芸人がいた[注釈 1]

人物・略歴編集

小学校1年生の時に、初めてテレビ落語廓噺)を見て強い興味を覚える。中学生になって東京寄席に通うようになる。勉強が大嫌いで、どうしたら勉強しなくて済むか学校に行かなくて済むかを考えて落語家を志す。入門に関しては、「フィーリング(後光)」を感じて中学2年の時に10代目柳家小三治に頼みに行って一度「高校ぐらいでなくちゃ」と断られ、高校卒業後の1993年(平成5年)3月に再度小三治の門を叩き入門を許される[1]。同年5月に楽屋入りし、前座となった(前座名は「柳家小多け」)。初高座は同年10月、新宿末広亭において『道灌』を演じた[1]

二つ目昇進は1996年(平成8年)で、名を「柳家三三」に改めた[1]

平均して1日1席以上、7席やったこともあり、2005年(平成17年)は430高座こなした。また師匠小三治によると落研など天狗連での経験が一切なく、小三治による純粋培養ともいわれている。

2006年(平成18年)1月に四派の若手同士で『平成噺し座』を旗揚げするが、同年真打に昇進したため、3月をもって卒業生第1号となった。

2007年(平成19年)公開の青春映画「しゃべれどもしゃべれども」(平山秀幸監督、佐藤多佳子原作)にて落語家役で主演した国分太一TOKIO)に稽古をつけている[1]。稽古を付けたネタは『火焔太鼓』『まんじゅうこわい』。

最近は、大阪の桂吉弥との二人会を行なっている。2013年(平成25年)には柳家喬太郎との二人会を1月20日に、柳家喬太郎・桃月庵白酒との三人会を6月2日に行った。3日後の6月5日、東京お台場ライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に喬太郎・白酒とともに出演している[2][注釈 2]

2010年より小学館のビッグコミックオリジナルで連載された落語漫画『どうらく息子』(尾瀬あきら)の落語監修を担当。

2013年3月12日~4月27日、全国47都道府県を47日間で回るという落語独演会の全国ツアー『三三五五四七 ~柳家三三 GO !GO ! 四十七都道府県~』を開催、全日程を無事完走した[4]

2017年は、2010年~2011年に横浜にぎわい座・2016年にイイノホールで口演された『嶋鵆沖白浪(しまちどりおきつしらなみ)』6か月全部12話連続口演ツアーを、大阪・名古屋・福岡の3都市で開催[5]

三遊亭白鳥から新作落語「任侠流れの豚次伝」の稽古を受け、2018年には、前年に横浜にぎわい座で連続口演した「豚次伝」シリーズ全10話5回公演を演じる全国ツアーを4都市(大阪・名古屋・広島・福岡)で開催[6]

2020年3月13日に予定していた月例独演会「月例 三三独演」が新型コロナ感染予防のため中止になったことを受け、同日からyoutubeチャンネル「三三のおすそわけ」で、「簡素な機材(本人のツイッターでの言)」と最低限のスタッフによる独演会配信をスタートさせた。5月までは月数回youtubeでの落語一席無料配信を続け(アーカイブ無し)、6月からはイープラスによるstreaming+を利用しての有料「月例 三三独演 ライブ配信」を月一回行っている。チケット購入者には翌日までのアーカイブ視聴とともに、登録住所に柳家三三手書き原稿による「当日プログラム」がハガキで送付される。テーマ曲の作曲は真島昌利[7]

略歴編集

出演 編集

テレビ編集

映画編集

CM編集

執筆編集

趣味編集

講談を聴くこと[8]。たまに稽古もする[8]

大の甘党でもあり、全国各地の銘菓にも詳しい。『男子スイーツ塾!』(柴田書店MOOK、2013年2月)では、津田陽子の指導のもとガトーショコラとクリームチーズケーキを作っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 過去には、大正・昭和期の落語家3代目柳家つばめが名乗り、その実子の橘流寄席文字家元橘右近も一時「さん三」を名乗った。
  2. ^ 毎日新聞社ソニー・ミュージックが企画する落語会『渋谷に福来たる』は例年渋谷区文化総合センター大和田伝承ホールでおこなっていたが、2013年6月にZepp DiverCity Tokyoでおこなわれた落語会は『渋谷に福来たるSPECIAL Zepp落語 夏一番〜長講三席〜』と題する特別編として開催された[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 柳家三三 オフィシャルサイト「プロフィール」
  2. ^ ニュースORICON STYLE「"Zepp"で初の落語会開催」(2013年6月6日)2014年1月6日閲覧
  3. ^ 「"Zepp"で初の落語会開催」
  4. ^ 加藤孝朗 (2013年3月). “三三五五四七 ~柳家三三 GO !GO !四十七都道府県~”. 噺 ~HANASHI~. 株式会社サウンド・オブ・レイン. 2019年3月18日閲覧。
  5. ^ 石橋法子 (2017年10月4日). “柳家三三、この秋も全国で落語行脚! ~6ヶ月連続独演会『嶋鵆沖白浪』&独演会『ニッポンあちらこちら』”. spice. 2019年3月20日閲覧。
  6. ^ 柳家三三に聞く「任侠流れの豚次伝」の魅力『またたびさんざ 四都市五ヶ月連続独演会』は8月開幕
  7. ^ 三三のひとりごと(@sanza_335547) (2020年6月13日). “「月例 三三独演 ライブ配信」大勢のかたにご覧いただきました。”. twitter. 2020年6月18日閲覧。 “オープニングとエンディングにオリジナルの曲が追加。音楽はザ・クロマニヨンズの真島昌利さんが作ってくれました。”
  8. ^ a b c d 落語協会・芸人紹介「柳家三三」
  9. ^ a b c d e にっかん飛切落語会公式HP|受賞者一覧”. 2015年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ この時、落語協会の新真打は、「笑点」出演時にひとりひとりを白浪五人男に例えての連ねを口上で述べた。
  11. ^ 『小林賢太郎テレビ10“X”』追加ゲストにKREVAら コントとラップを融合”. CINRA (2019年1月15日). 2019年3月20日閲覧。
  12. ^ ニホンモニター株式会社. “柳家三三のCM出演情報”. ORICON NEWS. 2019年8月28日閲覧。
  13. ^ シアター情報誌「カンフェティ」で落語家・柳家三三とのコラボ企画が開始”. 公益財団法人 読売日本交響楽団 (2017年4月12日). 2019年3月15日閲覧。
  14. ^ 柳家三三「きょうも落語日和」”. マガジンハウス. 2019年3月19日閲覧。

外部リンク編集