2代目柳家 三好(やなぎや さんこう、1854年嘉永7年)9月 - 没年不詳)は、落語家音曲師。本名、中田宗太郎。実子は4代目橘家圓好

2代目 柳家やなぎや 三好さんこう
本名 中田 宗太郎
生年月日 1854年9月
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代橘家圓三郎
4代目三遊亭圓生
名跡 1. 朝寝坊小夢(時期不明)
2. (亭号不明)小圓三(? - 1886年)
3. 三遊亭圓三(1886年 - 1889年)
4. 3代目三遊亭圓好(1889年 - 1891年)
5. 2代目柳家三好(1891年 - 1912年)
6. 浮世夢輔(1912年 - 1913年)
7. 2代目柳家三好(1913年 - ?)
活動内容 江戸落語
音曲師
所属 三遊派
柳派

初め明治初年ころ、坐り踊りの名人といわれた夢輔(後の初代橘家圓三郎、五十嵐銀次郎)の門で朝寝坊?小夢から小圓三、1886年ころ、4代目三遊亭圓生の門で三遊亭圓三1889年90年ころ、3代目三遊亭圓好を経て1891年に2代目三好となる。1912年には最初の師匠の名前、立花家ないし浮世夢輔を名乗る。1913年3代目柳家小さんの身内で柳家三好に復名。明治末から大正期にかけて音曲師として4代目橘家圓喬の膝がわりで評価を受ける。関東大震災ころまで活動していたがその後引退。6代目三遊亭圓生によると1929年30年ころまで健在だったという。

眼がくぼんでいたため「うしろめの三好」と言われ、自身も『私の目玉は年々引込んで参りまして、今に後ろの方に出てしまいましょう。そうしたら所帯を神楽坂で持ちますよ。それ、うしろ眼(牛込)の神楽坂』と枕で言っていたそうである。

名跡編集

柳家 三好(やなぎや さんこう)は、落語家。過去に三遊亭三好を含めると4人確認されている。

参考文献編集