柳家小きん (11代目)

十一代目 柳家 小きん(やなぎや こきん、1967年11月22日 - )は、東京都豊島区出身の落語家落語協会所属。出囃子は「春風がそよそよと」または「梅は咲いたか」。本名:渡辺 雅彦

十一代目 柳家やなぎや きん
十一代目 柳家(やなぎや) 小(こ)きん
柳家小きん定紋「武田菱」
本名 渡辺わたなべ 雅彦まさひこ
生年月日 (1967-11-22) 1967年11月22日(54歳)
出身地 日本の旗 日本東京都豊島区
師匠 六代目柳家つば女
名跡 1. 柳家小助
(1986年 - 1989年)
2. 十一代目柳家小きん
(1989年 - )
出囃子 春風がそよそよと
梅は咲いたか
活動期間 1986年 -
家族 父:六代目柳家つば女
所属 落語協会

経歴編集

1986年2月、実父である六代目柳家つば女に入門、5月より前座になる。前座名は「柳家小助」。

1989年9月、二ツ目昇進。十一代目柳家小きんに改名。

1998年9月五明樓玉の輔入船亭扇好五代目三遊亭金馬と共に真打昇進。改名は行わず、現在に至るまで小きんを名乗り続けている。

芸歴編集

人物編集

趣味は食べ歩き、限度を超す利き観劇格闘技観戦。

家族編集

父は同じく落語家六代目柳家つば女で、つば女襲名前まで小きんを名乗っていた。

外部リンク編集