柳家蝠丸

柳家 蝠丸(やなぎや ふくまる)は、東京落語家名跡。当代は2代目。

初代編集

初代 柳家 蝠丸みますてい ふくまる
本名 関口 由三郎
生年月日 不詳年
没年月日 1943年10月24日
出身地   日本群馬県館林市
師匠 3代目柳家小さん
名跡 1. 柳家小よし(1907年 - 1917年)
2. 初代柳家蝠丸(1917年 - 1943年)
活動期間 1907年 - 1943年
活動内容 新作落語
家族 10代目桂文治(実子)
所属 柳派
中立会
東西会
主な作品
女給の文」(ラブレター)
電車風景

初代柳家蝠丸1883年? - 1943年10月24日)は、落語家。息子は同じく落語家10代目桂文治。 本名:関口由三郎。享年61。実際は本人が年齢を誤魔化していたため実際の生年月日などは不明。

群馬県館林市士族の倅で小学校は1年半位しか行かず、9歳で八百屋奉公に行かされる、その後米屋に移るも長続きせず、1907年3月、3代目柳家小さん一門に入り小よし1917年2月に初代柳家蝠丸襲名。以降関東大震災を挟んで中立会、東西会などで活躍。晩年は酒の呑み過ぎで胃潰瘍になり、1943年10月24日に突然脳溢血で倒れ死去した。

葬儀に講談6代目一龍斎貞山が側にいた実弟に「59でお亡くなりになるとはまた若死でしたな」と言ったところ「冗談じゃない。そんなはずはありませんよ。何しろ弟の私が60なんですから」と答えていたという。実際は1883年以前ではないかと思われる。

社会風刺の毒舌の新作落語を売りにした。現在でも演じられる「女給の文」(ラブレター)・「電車風景」などの落語を創作し今日に伝えている。ほかに小噺やマクラだけの会を1931年ころから「落語指南会」を主催していたこともある。また奇人・変人でもあった、私生活ではメガネをかけていた。

戒名は慈眼院誠心由然居士。墓は青山一丁目の玉窓寺にある。

公式の生年月日の記録としては1886年4月6日ということになっているがこれを逆算すると今度は58にとなり計算が合わない。

2代目編集

2代目 柳家 蝠丸やなぎや ふくまる
本名 中島 俊一
生年月日 (1954-09-29) 1954年9月29日(63歳)
出身地   日本青森県むつ市
師匠 10代目桂文治
名跡 1. 桂なか治(1973年 - 1977年)
2. 4代目柳家小蝠(1977年 - 1988年)
3. 2代目柳家蝠丸(1988年 - )
出囃子 どて福
活動期間 1973年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
受賞歴
第11回NHK新人落語コンクール 最優秀賞(1982年)
備考
落語芸術協会理事

2代目柳家 蝠丸(本名:中島俊一(なかじま しゅんいち)、1954年9月29日 - )は、青森県むつ市出身の落語家。落語芸術協会所属。出囃子は『どて福』。昔から現在に至るまでほとんど変わらない40kg代の低体重に170cm代の長身というヒョロ長な体格と大きな目が特徴。

先代の蝠丸の息子である10代目 桂文治の弟子であり、蝠丸の名席は二ツ目昇進の折から本人自ら師匠文治に願い出ていたもので、文治は真打昇進時の楽しみとして先に小蝠を襲名させた。

略歴

一門弟子

  • 5代目柳家小蝠(元は7代目立川談志門下で「志っ平」、後に文治門下に移り「前助」、文治没後、兄弟子蝠丸の預かり弟子となり二ツ目昇進時に5代目小蝠襲名)
  • 柳家蝠よし