柳 悦孝(やなぎ よしたか、1911年7月25日 - 2003年8月20日)は、日本の染織家思想家柳宗悦の甥。

略歴編集

  • 1911年、千葉県生まれ。
  • 1923年、関東大震災で父親が死去。叔父である柳宗悦の家でしばらく過ごす。
  • 1929年、中学校を卒業。その後2年間片山牧羊のもとで日本画を学ぶ。
  • 1931年、静岡県にある芹澤銈介の工房を訪ね、これを機に染織の道に進むことを決意する。
  • 1932年11月、初めての染織展「第1回新興民芸展」を開催する。
  • 1949年、女子美術大学専任教員となる。
  • 1954年-1958年、桑沢デザイン研究所講師を務める。[1]
  • 1975年 - 1983年、女子美術大学の学長を務める。
  • 1983年、女子美術大学を退職する。
  • 1986年 - 1990年、沖縄県立芸術大学附属研究所長、同大学で教鞭をとる。
  • 2003年、老衰のため逝去。92歳。

脚注編集

  1. ^ 美紀子, 常見「桑沢デザイン研究所の構成教育」『デザイン学研究』第51巻第4号、2004年、 9–18、 doi:10.11247/jssdj.51.9_1

関連項目編集