柳橋駅 (愛知県)

日本の愛知県名古屋市にあった名古屋鉄道の駅

柳橋駅(やなぎばしえき)は、かつて愛知県名古屋市西区西柳町2丁目[2](現、名古屋市中村区名駅四丁目23番付近)にあった、名古屋鉄道(名鉄)一宮線である。名古屋鉄道のターミナル駅の一つで、名古屋駅のやや南東に存在した。

柳橋駅
MT-Yanagibashi Station-Building.JPG
2代目駅舎
やなぎばし
YANAGIBASHI
(2.2km) 押切町
所在地 愛知県名古屋市西区西柳町2丁目
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 一宮線
キロ程 -2.2km(押切町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
9,861人/日(降車客含まず)
-1940年[1]-
開業年月日 1913年(大正2年)11月20日
廃止年月日 1941年(昭和16年)8月12日
テンプレートを表示

柳橋駅があった当時は、現在の犬山線岩倉駅以南も一宮線とされていたため、柳橋駅も一宮線の駅とされていた。柳橋駅が廃止された時(すなわち枇杷島橋駅 - 新名古屋駅間の開業時)に一宮線の岩倉駅以南が犬山線に編入されている。

歴史編集

名古屋鉄道の前身となる名古屋電気鉄道は、当初市内線として名古屋市における路面電車を運営していたが、明治末期から市街北部の押切町駅を起点に「郡部線」という、郊外路線(後の名古屋本線津島線、一宮線、犬山線など)を建設するようになった。

しかし、押切町駅発着では名古屋市中心部へ向かうのに市内線への乗換えを要し、不便でもあった。そのため名古屋電気鉄道では郡部線電車を市内線へ乗り入れさせ、利便性を上げることを目論んだ。その際、国鉄名古屋駅近くの柳橋交差点付近、現在三菱UFJ銀行柳橋支店が置かれている付近に、市内線の線路を引き込む形で郡部線電車のターミナルとして設けられたのが、この柳橋駅である。駅舎は木造2階建てで、バルコニーもあった。なお、押切町 - 柳橋間にはいくつもの停留場があったが、郡部線の電車はこの区間をノンストップで運行した。

だが、市内線の運賃値下げを求める市民運動が発生し、その過程で一部の人間が暴徒化して放火・破壊活動を行ったため(電車焼き討ち事件)、柳橋駅は開設翌年に駅舎が焼失するという憂き目にも遭った。

その後、同社は焼き討ち事件の影響もあって市内線を名古屋市へ移管(名古屋市電となる)し、郡部線を新設会社の(旧)名古屋鉄道へ移管した上で解散した。しかしながら便宜上、市営化後も柳橋駅までの乗り入れは継続された。この際、柳橋 - 押切町間は名鉄の借用区間とされ、同区間を名鉄の電車で移動する際の運賃は名鉄のものが使われた(現行の鉄道事業法でいう所の第二種鉄道事業者に近い)。

1922年大正11年)、2代目となる鉄筋2階建ての駅舎が竣工。本社もここに移転した。1932年昭和7年)には、ここを起点として鵜沼駅新鵜沼駅)から高山本線へ乗り入れ、下呂駅へ向かう週末温泉列車(名鉄特急名鉄キハ8000系気動車を参照)も設定された。

また、(旧)名古屋鉄道が名岐鉄道になった後の1935年(昭和10年)に名岐線(今の名古屋本線枇杷島分岐点以北)が開業し、新製車のデボ800形(後のモ800形初代)を用いて特急・急行電車の運転が開始されたが、これは車体規格が大型であって市電に乗り入れる事ができなかったため、押切町駅を発着駅とし、同駅で柳橋駅発着の電車に接続させるようにしていた。

名岐線開業まもなく、名岐鉄道は愛知電気鉄道(愛電)と合併し、現在の名古屋鉄道が発足する。名鉄では、愛電が有していた神宮前駅をターミナルにして名古屋南東部へ向かう路線(名古屋本線神宮前以東・常滑線など)と、名岐鉄道が有していた路線の直通運転を目論むようになり、東海道本線に並行して枇杷島橋駅 - 新名古屋駅(後の名鉄名古屋駅) - 神宮前間に新線を敷設することにした。その過程で、枇杷島橋駅 - 新名古屋駅間がまず1941年(昭和16年)に開業したため、押切町駅や柳橋駅、押切町駅 - 東枇杷島駅間にあった平野町駅は廃止された。

年表編集

駅構造編集

櫛形ホーム1面2線と、数本の留置線を有していた。

駅舎は前述の通り、1922年(大正11年)以降は鉄筋2階建てのターミナルとしての風格を備えたものとなっていた。

配線図編集

柳橋駅 構内配線略図
笹島町方面(市電)

水主町方面
(市電)
 
押切町駅
明道町方面
(市電)
栄町方面(市電)
凡例
出典:[3]


発着列車編集

1936年8月改正時

  • 名岐線方面:5 - 23時台に毎時1本岐阜行き普通(特急・急行は押切町駅で乗り換え、各毎時1本。その他朝に増発)
  • 一宮線・犬山線方面:上記時間帯に、東一宮行き急行毎時2本、新鵜沼行き急行1本・普通2本(朝晩は変更。また新鵜沼行き特急も日2本あり)
  • 津島線方面:上記時間帯に、津島行き毎時3本(夕方に急行2本あり)

利用状況編集

『愛知県統計書』によると、年間乗降人員および荷物取扱量は以下の通りである。

年度 乗車人員(人) 降車人員(人) 発送貨物 到着貨物 出典
小手荷物( 貨物 () 小手荷物(斤) 貨物 (噸)
1914年度 479,000 504,184 271,382 ? ? [4]
1915年度 399,972 389,951 324,423 ? ? [5]
1916年度 448,156 436,566 414,472 ? ? [6]
1917年度 563,386 540,797 612,242 [7]
1918年度 709,092 666,506 708,051 [8]
1919年度 854,142 776,306 823,844 ? ? [9]
1920年度 1,045,271 935,805 939,386 ? [10]
1921年度 1,049,533 941,316 753,233 ? [11]
1922年度 1,016,590 865,878 805,493 [12]
年度 乗車人員(人) 降車人員(人) 発送貨物 到着貨物 出典
小手荷物( 貨物 () 貨物 (噸)
1923年度 958,811 812,493 1,006,812 [13]
1924年度 1,072,370 913,445 1,115,506 [14]
1925年度 1,089,512 898,445 901,828 [15]
1926年度 1,128,431 1,006,478 953,009 [16]
1927年度 1,197,959 980,209 934,881 [17]
1928年度 1,430,299 1,232,105 944,104 [18]
1929年度 1,618,981 1,447,329 889,306 [19]
1930年度 1,479,992 1,281,484 1,2*5,160 [20]
年度 乗車人員(人) 降車人員(人) 発送貨物 到着貨物 出典
小手荷物( 貨物 () 貨物 (瓲)
1931年度 1,330,863 1,151,629 600,099 [21]
1932年度 1,215,686 1,113,587 595,188 [22]
1933年度 1,294,738 1,187,459 585,892 [23]
1934年度 1,314,746 1,217,059 366,603 [24]
1935年度 1,459,996 1,411,959 200,860 [25]
1936年度 1,675,174 1,754,286 ? [26]
1937年度 1,927,991 2,118,405 ? [27]
1938年度 2,099,944 2,275,771 ? [28]
1939年度 3,172,235 3,016,080 ? [29]
1940年度 3,599,326 3,921,712 ? [1]

隣の駅編集

名古屋鉄道
一宮線
柳橋駅 - 押切町駅

脚注編集

  1. ^ a b 愛知県統計書. 昭和15年 第1編 土地、戸口、其他』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 『鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 沢田幸雄 「廃止された線路を訪ねて 押切町 - 枇杷島橋間と柳橋乗入れ」(『鉄道ピクトリアル No.473 1986年12月増刊号』、p.103,電気車研究会、1986年
  4. ^ 『愛知県統計書. 大正3年』軽便鉄道ノ四軽便鉄道ノ六(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『愛知県統計書. 大正4年』軽便鉄道ノ四軽便鉄道ノ六(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『愛知県統計書. 大正5年』軽便鉄道ノ四軽便鉄道ノ六(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 愛知県統計書. 大正6年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 愛知県統計書. 大正7年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 愛知県統計書. 大正8年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 愛知県統計書. 大正9年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 愛知県統計書. 大正10年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 愛知県統計書. 大正11年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  13. ^ 愛知県統計書. 大正12年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 愛知県統計書. 大正13年』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 愛知県統計書. 大正14年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 愛知県統計書. 大正15年・昭和元年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  17. ^ 愛知県統計書. 昭和2年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 愛知県統計書. 昭和3年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 愛知県統計書. 昭和4年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ 愛知県統計書. 昭和5年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 愛知県統計書. 昭和6年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ 愛知県統計書. 昭和7年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  23. ^ 愛知県統計書. 昭和8年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ 愛知県統計書. 昭和9年 第1編 土地、戸口、其他』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 愛知県統計書. 昭和10年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 愛知県統計書. 昭和11年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 愛知県統計書. 昭和12年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  28. ^ 愛知県統計書. 昭和13年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)
  29. ^ 愛知県統計書. 昭和14年 第1編』、(国立国会図書館デジタルコレクション)

座標: 北緯35度10分04秒 東経136度53分21秒 / 北緯35.167853度 東経136.889209度 / 35.167853; 136.889209