柳沢 里旭(やなぎさわ さとあきら、享保7年5月27日1722年7月10日) - 元文元年6月3日1736年7月11日))は、越後黒川藩の第3代藩主。大和郡山藩士・柳沢里光(先代藩主・柳沢里済の兄・柳沢保教の三男)の長男。母は柳沢重守の娘。通称、新五郎。

享保元年(1716年)生まれともされる。享保20年(1735年)、叔父で先代藩主の里済が若死にしたため、その養嗣子として跡を継いだが、翌元文元年(1736年)の将軍御目見の直後に死去した。跡を弟で養子の保卓が継いだ。