メインメニューを開く

柳河風俗詩」(やながわふうぞくし)は、多田武彦合唱組曲。作詞は北原白秋男声合唱版が先に作曲され、後に混声合唱にも編曲された。

目次

概説編集

白秋の詩集『思ひ出』(1911年)から4編の詩を選び、1954年(昭和29年)に男声合唱組曲として作曲、翌1955年(昭和30年)12月に京都大学男声合唱団によって初演された。多田にとって合唱界における処女作である。

当時の多田は京大を卒業し富士銀行に就職したばかりで、音楽活動を続けるか悩んでいたころであるが、作曲の指導を受けていた清水脩から音楽を続けるよう助言され、「エチュード(習作)として」[1]書いたのがこの曲である。当時としては少ない男声合唱のレパートリーとして歓迎され、以後現在に至るまで世代を問わず男声合唱の定番曲となっている。なお混声合唱版は1986年に混声合唱団京都木曜会が初演している。

曲目編集

全4楽章からなる。全編無伴奏である。

  1. 柳河
    ホ短調(混声版はニ短調)。白秋の郷里の夕暮れ時の光景を馭者に託して歌った序章。[1]男声版は1985年(昭和60年)度NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲に採用されている。
  2. 紺屋のおろく
    イ短調。若者たちの、美しい女への憧憬と反感を交互に歌っている。[1]
  3. かきつばた
    イ短調。頽れた城下町にわびしくすまう花街の女を、柳河の溝渠に咲く「かきつばた」に託して歌ったもの。[1]
  4. 梅雨の晴れ間
    ホ短調(混声版はニ短調)。ふと柳河を訪れたしがない旅役者の生活を、終始変わらぬ軽快なリズムで歌い、曲を終りに導いて行く。[1]

柳河風俗詩・第二編集

西南シャントゥールの委嘱により、多田は同じ『思ひ出』の中から別の6編を選び、男声合唱組曲としている。1994年(平成6年)11月11日、同団の創立40周年記念演奏会にて、内海敬三の指揮で初演された。初演時の題名は『思ひ出』であったが[2]、出版に際し『柳河風俗詩・第二』と改められた。

  1. 水路
    ニ短調。平成15年度全日本合唱コンクール課題曲。
  2. ハ短調
  3. 立秋
    ヘ短調
  4. あひびき
    ト短調
  5. 散歩
    ト長調
  6. みなし児
    ニ短調。

楽譜編集

男声版は「多田武彦 男声合唱曲集(1)」に、混声版は「多田武彦 混声合唱曲集(2)柳河風俗詩」に、『第二』は「多田武彦 男声合唱曲集(6)」に所収。いずれも音楽之友社から出版されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e ビクター「『日本合唱曲全集』雨 多田武彦作品集」付録の本人による曲目解説。
  2. ^ 初演時のパンフレットの記載による。

関連項目編集