柳生あばれ旅

柳生あばれ旅』 (やぎゅうあばれたび) は、日本テレビ時代劇主演千葉真一[1]、制作 : テレビ朝日東映。『柳生あばれ旅シリーズ』の第1作である。ANN系列にて1980年10月14日から1981年4月7日の毎週火曜日21時から21時54分に全26話が放送された。

柳生あばれ旅
ジャンル 時代劇
放送時間 火曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1980年10月14日 - 1981年4月7日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 作品リスト参照
脚本 作品リスト参照
プロデューサー スタッフ参照
出演者 千葉真一
片平なぎさ
桜木健一
藤木悠
勝野洋
ナレーター 芥川隆行
オープニング 作曲:津島利章
『柳生あばれ旅 メインテーマ』
エンディング やしきたかじん 『ウォーキングオン』
時代設定 江戸時代 寛永年間

特記事項:
制作:東映、制作協力:サニー千葉エンタープライズ
テンプレートを表示

目次

解説編集

千葉真一が当たり役である柳生十兵衛三厳に扮した三度目の作品で[1][2][3][4][5]東海道五十三次を巡検する弟・柳生又十郎宗冬を兄・十兵衛が助けていくストーリー。又十郎には勝野洋が扮し、兄弟の父親・柳生但馬守宗矩にはテレビドラマ柳生一族の陰謀』に引き続き、山村聡が配役されている。サミュエル・L・ジャクソン2012年ハリウッド映画アベンジャーズ』で扮した役柄は千葉の柳生十兵衛を参考としているなど、後の作品にも影響を与えることとなった[6]1982年には続編『柳生十兵衛あばれ旅』が放送された。

ストーリー編集

江戸時代徳川家光の治世時、柳生但馬守宗矩の進言を受け、家光はそれまで戦のために在った街道を庶民の道に換えようと決め、宗矩に東海道を巡検するよう命じた。宗矩はその役目を三男柳生又十郎宗冬に任せ、又十郎は花形六左衛門・青戸金兵衛を従者にして、江戸を出立した。長男柳生十兵衛三厳はお紋と阿里助を引き連れ、又十郎らを影ながら助けていく。彼らは訪れた東海道五十三次宿場町でいろいろな人々に出会い、様々な事件を解決し、を目指し旅していく。

キャスト編集

[※]は続編『柳生十兵衛あばれ旅』に登場した人物

柳生家
柳生新陰流の剣豪で、その名は天下に広く知れ渡っている[1]忍者なみの体術や神出鬼没の行動から、又十郎・お紋・又平らに「天狗みたいだ」と言われており、武士階級以外の人々には敵味方問わず「一つ眼天狗」と名乗る[1]東海道巡検使となった弟の又十郎を隠密裏に支援していく[1]。総髪の茶筅髷にし、左目の眼帯は刀の鍔と朱色革の二種類を着け分ける。
十兵衛の弟。その優しい人柄は十兵衛からも一目置かれており、剣の腕前は優れているものの、天才肌の十兵衛とは異なっている[1][7]。東海道巡検使に任命され、金兵衛と六左衛門を連れて宿場町を巡検しながらへ向かう[1]。江戸出府時は月代の武家髷だったが、川崎に入る辺りから総髪となる。
将軍家指南役・大目付で、十兵衛・又十郎の父親。
柳生家に長年仕える下男で、十兵衛・又十郎を幼少の頃より知っている。宗矩の話相手や碁の相手もする。
旅する仲間
江戸で居酒屋を営んでいたが、実はくの一。旅に加わり十兵衛・阿里助と共に又十郎を助けるが、徐々に又十郎を意識していく。
又十郎の配下で巡検使の一員。経理専門で武芸は苦手。
又十郎の配下で巡検使の一員。測量専門で武芸は苦手。
十兵衛に仕える裏柳生[注釈 3]の一員。お紋と共に十兵衛と又十郎の連絡係や情報収集を行う。第3話より登場。
市井の人々
浪人の身だが、打倒柳生を夢見る巨躯の剣豪。
根来兵左衛門に育てられたが、実の父親を探している青年。根来拳法の使い手。第3話より登場。兵左衛門と死に別れた際、兵左衛門が所持していた小太刀を譲り受け、そのまま所持していたが、第24話では、身売りされそうな娘を助け出したさに、その小太刀を質入れしようとするが、その事が又平自身の出生の秘密と、柳生一族全体の危機をもたらしてしまう事になる。
柳生十兵衛を名乗る偽者で、元は百姓。トボけた面を持っているが、なぜか憎めない人物。第8話より登場。
将軍家
そのほか

作品リスト編集

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト
1 1980年
10月14日
天狗の子守唄 -品川- 松尾昭典 小川英古内一成 吉沢京子(お駒)、高橋元太郎(留吉)、黒部進(黒川)、須藤健(佐野屋源兵衛)、小池朝雄(相良早雲)、小林昭二(茂造)
2 10月21日 紅い宿場の用心棒 -保土ヶ谷- 松尾昭典 中村勝行 伊吹吾郎(仙波源十郎)、遠藤太津朗(重蔵)、田中浩(伊佐吉)、森章二(丈八)、瀬賀敏之(仙波一郎太)、伊沢一郎(武蔵屋)
3 10月28日 縁切寺の姫君 -藤沢- 太田昭和 志村正浩 夕姫:神保美喜、岩倉軍太夫:横森久、徳蔵:梅津栄、前田源右衛門:中村錦司、桑野兵庫:杉江広太郎、おとき:三島ゆり子、番頭:横山あきお、楓:稲野和子
4 11月04日 関所狸の七変化 -箱根- 太田昭和 下飯坂菊馬 相原友子(お初)、森川正太(時次郎)、浜田晃(福島)、江幡高志(長五郎)、八名信夫(阿久津)、近江輝子(おかつ)、東龍明(猪吉)
5 11月11日 狼塾に美女がいた -沼津- 牧口雄二 石川孝人 石橋蓮司(赤石平四郎)、金沢碧(ゆき)、矢吹二朗(矢吹一ノ進)、島英津夫(滝田)、中田博久白川浩二郎ガッツ石松(いし)、井上真由美(いの)、中野誠也(柿沢周平)、大木実(神山監物)
6 11月18日 網にかかった人魚 -吉原- 牧口雄二 大津一郎・志村正浩 おしの:山本みどり、おみつ:谷川みゆき、港屋治兵衛:稲葉義男、門次:岡部正純、為吉:佐藤蛾次郎、飛田源四郎:峰岸徹
7 11月25日 駿府城秘女の闘い -府中- 太田昭和 国弘威雄 お咲:山本ゆか里徳川忠長西田健、太平:柳谷寛、遠藤:平泉征、お絹:広京子、山崎新之助:白井滋郎、小畑兵庫:菅貫太郎、石上三左衛門:鈴木瑞穂
8 12月02日 ふたり十兵衛恋娘 -岡部- 太田昭和 松本功 お光:仁和令子、利兵衛:守屋俊志、川戸主馬:宮口二郎、五郎次:根岸一正、吉兵衛:北見唯一、小林軍太夫:井上昭文、弥平:曾我廼家五郎八
9 12月09日 雨の宿場に花一輪 -島田- 小野田嘉幹 志村正浩 源助:坂上二郎、お峰:栗田陽子、お菊:岡田美佐子、太田黒主膳:木村元、田所数馬:小林芳宏、磯貝多門:堀田真三、伊兵衛:岩城力也、老僕:岩田直二
10 12月16日 地獄屋敷の天使 -掛川- 小野田嘉幹 小川英・胡桃哲 お時:栗田ひろみ、松原主馬:早川保、高倉修理太夫:西沢利明、前川:今井健二、弥七:中井啓輔、川畑兵庫:勝部演之、村井:金井進二、徳蔵:松本敏男、田之倉:八木隆、風の三郎左:福本清三、千太:津田和彦、木兵衛:山村弘三
11 12月23日 夜霧に情が燃えた -見附- 関本郁夫 松本功 田中真理名和宏北原義郎山本昌平鈴木義弘市村昌治
12 12月30日 月の出の女人斬り -舞坂- 関本郁夫 小川英 吉田耕助 お光:宮園純子、留吉:春田純一、お春:有明祥子、鮫五郎:汐路章、与兵衛:村田正雄、源三:広瀬義宣、常吉:笹木俊志、弥平:水上保広、鶴巻自斎:小松方正、田辺軍太夫:近藤洋介
13 1981年
01月06日
殴り込み!女風呂 -白須賀- 太田昭和 鈴木則文・志村正浩 お花:樹木希林、お雪:西崎みどり、真砂屋お吉:正司歌江、日下部陣内:草薙幸二郎、ゴン太:市川好郎、清太郎:古代一平、お光:松村和美、三次:うえだ峻、山形屋清兵衛:永野辰弥
14 01月13日 忍者が泣いた港町 -吉田- 太田昭和 津田幸於 おるい:佐藤万理、野月源九郎:三上真一郎、佐兵衛:成瀬昌彦、堀田外記:林彰太郎、近江屋藤蔵:高城淳一、弥平次:石橋雅史、留吉:妹尾和夫、矢崎伝十郎:滝譲二
15 01月20日 裏切者は女で殺せ -藤川- 牧口雄二 皆川隆之 お夕:遠藤真理子、米作:高品格、半次:片桐竜次、甚左:小田部通麿、酒井将監:芦田鉄雄、軍造:千葉敏郎、神沢清介:白川浩二郎、大岸平蔵:五十嵐義弘、仙八:大木正司
16 01月27日 狐火と剣の舞い -岡崎- 牧口雄二 鈴木則文・志村正浩 琴姫:三浦リカ、御子上帯刀:黒部進、四鬼の蜘蛛丸:春田純一、羅門玄之助:宮口二郎、松風:松村康世、梢:尾崎弥枝、寿々院:志乃原良子本多忠利永井秀明、福島:丘路千、猿渡嘉門:溝田繁
17 02月03日 母が恋しい蛇神祭 -池鯉鮒- 小野田嘉幹 松本功 お藤:白石奈緒美、小兵衛:今福将雄、お栄:井澤明子、文吉:川辺久造、川村右京:田口計、宗助:牧冬吉、千之助:中村孝雄、大月弥一郎:若宮隆士、権八:細川純一、久三:島米八
18 02月10日 涙に散った乱れ雲 -鳴海- 小野田嘉幹 播磨幸児 仙太:火野正平、丈吉:原口剛、大蔵:小峰隆司、力丸:大城泰、小源:宮城幸生、お新:村松英子
19 02月17日 恐怖の花かんざし -桑名- 太田昭和 下飯坂菊馬 鯉千代:村地弘美、妹尾直次郎:柴田侊彦、望月左近:井上博一、水原帯刀:福山象三、乾進兵衛:平沢彰、重蔵:高橋利道、丹造:山本一郎
20 02月24日 壺振り女の恨み節 -四日市- 太田昭和 中村努 おはん:二宮さよ子、若松屋三蔵:江幡高志、桜井采女:内田稔、おさん:本谷昌子、長次:福本清三、清助:草薙良一、徳三郎:伊庭剛、三浦屋嘉右衛門:西山辰夫
21 03月03日 呪いの恋太鼓 -亀山- 高須準之助 下飯坂菊馬 藤八:高橋長英、お里:岡本麗、長五郎:田中浩、万吉:岩尾正隆、おきん:絵沢萌子、お絹:飛鳥裕子、梶岡将監:五味龍太郎、藤村:大木晤郎、寅三:秋山勝俊、阿久津:野上哲也、甚助:勝野賢三、作兵衛:千葉保
22 03月10日 娘忍者が燃えた -- 高須準之助 松本功 お葉:志穂美悦子、小五郎:小林稔侍、龍達:佐藤京一、深草中将忠丸:深江章喜、玄達:八名信夫、弥市:永田光男、栄達:笹木俊志
23 03月17日 必殺おんな馬子歌 -土山- 太田昭和 鈴木則文 浜田晃、梅津栄市村昌治志茂山高也
24 03月24日 打倒!柳生一族 -草津- 太田昭和 鈴木則文 井伊直滋石田信之、景浦頼母:西沢利明、穴戸:藤木敬士、源助:待田京介、弥平次:成瀬正、お光:田中由香
25 03月31日 地獄囃子の鬼女房 -大津- 松尾昭典 京野由明 亀石征一郎葉山葉子、叶屋鬼蔵:汐路章、野口貴史
26 04月07日 将軍寝所に忍ぶ影 -- 松尾昭典 鈴木則文 九条関白道房石濱朗、戸倉勘解由:安部徹、和子:仁和令子、梶原小十郎:森次晃嗣(二役)

オープニング・エンディング編集

  • オープニングエンディングのメインキャストの表記順は千葉真一と勝野洋を入れ替えており、オープニングは「十兵衛→お紋→青戸→花形→又右衛門→阿里助→又平→又十郎」でクレジットされ、エンディングは「又十郎→お紋→青戸→花形→又右衛門・阿里助・ナレーター→重兵衛→又平→十兵衛」とロールされた後、ゲスト、家光→宗矩と表記される。
  • 第1話と第2話のオープニングのみ、ナレーターの芥川隆行によるナレーションが入れられている。

スタッフ編集

※ ( ) の数字は担当話数で、無しは全話担当

再放送編集

地上波ではANN系列局各局、BS・CSではファミリー劇場東映チャンネル時代劇専門チャンネルで再放送が行われている。2015年の時代劇専門チャンネルで再放送された際には、次作の『柳生十兵衛あばれ旅』と併せる形でCMが放送された。冒頭のシーンは『柳生十兵衛あばれ旅』第26話で十兵衛が京の薩摩藩邸に襲撃を掛けるシーンを使用。冒頭の台詞は第1話で十兵衛が扮した「幻天狗」が発した台詞「この世の影に潜み、この世の悪を斬る!」を使用。その後、島津宰相・家久の寝所に押し掛け、家久に「何奴!?」と聞かれた十兵衛が「柳生十兵衛推参…!」と呟く展開。その後は本作の第26話と次作の各回の主要シーンでまとめられ、最後は十兵衛が太刀を構える次作のアイキャッチで締め括られた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 続編『柳生十兵衛あばれ旅』では配役が異なっている。
  2. ^ 第23話「必殺おんな馬子歌 -土山-」では「おとよ」で二役を演じている。
  3. ^ 十兵衛と十兵衛配下の忍者群。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 千葉真一主演 「柳生あばれ旅」シリーズ一挙放送!”. 今月・来月のおすすめ. 時代劇専門チャンネル. 2013年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月18日閲覧。
  2. ^ 的田也寸志. “商品の説明「Amazonレビュー」”. 柳生一族の陰謀 (DVD). Amazon.co.jp. 2017年6月27日閲覧。
  3. ^ ペリー荻野 (2008年5月30日). “『柳生十兵衛あばれ旅』 JJサニー千葉、十八番の十兵衛が大暴れ! 志穂美悦子、真田広之など充実の顔ぶれ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  4. ^ ペリー荻野 (2009年7月31日). “『徳川無頼帳』 西城秀樹の十兵衛とJJサニー千葉が握手! 強力コンビが吉原を根城に大暴れ。”. ペリーのちょんまげ. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日閲覧。
  5. ^ 柳生十兵衛七番勝負”. 放送作品一覧. 時代劇専門チャンネル. 2012年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月31日閲覧。
  6. ^ 「アベンジャーズ」サミュエル・L.ジャクソン、役作りの参考はソニー千葉(千葉真一)”. ニュース. 映画がもっとおもしろくなるハリウッドチャンネル (2012年4月26日). 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  7. ^ 柳生あばれ旅 - 解説・あらすじ”. ファミリー劇場 (2011年6月). 2011年6月28日閲覧。

関連項目編集