メインメニューを開く

柳生 俊則(やぎゅう としのり)は、江戸時代中期から後期にかけての大名大和国柳生藩8代藩主。官位従五位下・采女正、能登守但馬守

 
柳生俊則
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保15年(1730年
死没 文化13年6月5日1816年6月29日
改名 賢広→満広→俊満→俊則
別名 通称:為次郎、采女
墓所 東京都練馬区桜台の広徳寺
奈良県奈良市柳生町の芳徳寺
官位 従五位下采女正、能登守但馬守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
大和柳生藩
氏族 松前氏柳生氏
父母 松前邦広
柳生俊峯
兄弟 松前資広、染町、女子、俊則松前広保、斐斗子、器四郎、松前広長、奴千、利和子
柳生俊峯
俊永俊睦
俊豊
テンプレートを表示

略歴編集

蝦夷地松前藩主・松前邦広の次男として松前にて誕生。通称は為次郎、采女。初名は賢広、満広、俊満。

延享4年(1747年)1月15日、9代将軍・徳川家重御目見する。宝暦3年(1753年)7月29日、先代藩主・柳生俊峯の娘と結婚して婿養子となる。同年9月18日、将軍・徳川家重に御目見する。宝暦13年(1763年)10月22日、俊峯の死去により跡を継いだ。同年12月9日、従五位下・采女正に叙任した。天明8年(1788年)、11代将軍・徳川家斉の剣術指南役を務めている。文化4年(1807年)8月5日、養嗣子・俊豊に家督を譲って隠居し、文化13年(1816年)6月5日に死去。享年87。

 
芳徳寺境内にある柳生一族の墓所。右端が俊則の墓

墓所は東京都練馬区桜台の広徳寺と奈良県奈良市柳生町の芳徳寺

系譜編集