メインメニューを開く

柳田 次男(やなぎだ つぎお、1927年1月19日 - 2011年4月8日 )は日本騎手調教師日本中央競馬会〈JRA〉)。鹿児島県出身。

甥の西園正都は現役の調教師。

来歴編集

1941年宮崎競馬場・福徳栄次厩舎に騎手見習として入門し、戦後に騎手となる。1953年に騎手を引退し調教助手に転向。

1964年に調教師免許を取得、同年3月に阪神競馬場にて厩舎を開業。1969年栗東トレーニングセンターに移転。

1999年に調教師を勇退。通算666勝(うちJRA重賞19勝)。以降は競馬予想会社にて顧問を務めたほか、JRAの調教師OB会会長も務めた[1]

2011年4月8日、福岡県北九州市内の病院で死去[2]。84歳没。

おもな管理馬編集

おもな厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 四位満教(1971年-1979年 騎手)
  • 柳田三千男(1976年-1999年 騎手見習、調教助手)
  • 樋口弘(1978年-1985年 騎手)
  • 西園正都(1981年-1986年、1986年-1994年 騎手)
  • 上村洋行(1992年-? 騎手)
  • 細江純子(1996年-1998年 騎手)

脚注編集

関連項目編集