メインメニューを開く

柳貴博

日本のサッカー選手

柳 貴博(やなぎ たかひろ、1997年8月5日 - )は、東京都世田谷区出身の[2]サッカー選手J1リーグモンテディオ山形所属。ポジションは主にディフェンダー(DF)[2]

柳 貴博 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤナギ タカヒロ
ラテン文字 YANAGI Takahiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-08-05) 1997年8月5日(22歳)
出身地 東京都世田谷区
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 モンテディオ山形
ポジション DF
背番号 36
利き足 右足[1]
ユース

2010-2012
2013-2015
五本木FC
FC東京U-15深川
FC東京U-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- FC東京 4 (0)
2016-2018 FC東京U-23 63 (1)
2019- モンテディオ山形 (loan) 28 (2)
代表歴
2015-  日本 U-18/19/20
1. 国内リーグ戦に限る。2019年11月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

プロ入り前編集

5歳の時に兄の影響でサッカーを始める[1]。 2010年よりFC東京の下部組織に加入。奥原崇によってFWからサイドバックへとコンバートされた[3][4]2013年の東京国体では全試合に出場。堅守を築き[5]優勝を果たした。CBもこなす[6]高さと強靭な足腰、走力を備えた右SBとして世代別代表でも奮闘[7]

FC東京編集

2016年、FC東京トップチームへ昇格[2]。3月13日、FC東京U-23が参戦するJ3リーグ開幕戦の相模原戦でプロデビューを果たした。その後はU-23のレギュラーとしてJ3出場を続け、課題とするプレー精度の向上に取り組んだ[8]

2017年、ルヴァンカップ第1節仙台戦に途中出場し、トップチームデビューを果たした。同年開催のU-20ワールドカップ出場は逃したが、7月のAFC U-23選手権予選では果敢な攻撃参加で何度も決定機を演出し[9]、本戦進出に貢献。8月26日、J1第24節の横浜F・マリノス戦でJ1リーグ初先発初出場を果たした[10]

2018年AFC U-23選手権の本大会のメンバーに選出。1月16日、第3戦のU-23北朝鮮代表戦ではプロ入り初得点を決めて勝利に貢献した[11]

モンテディオ山形編集

2019年モンテディオ山形に育成型期限付き移籍[12]。6月15日、第18節の水戸ホーリーホックとの首位攻防戦でアシストを記録して勝利に貢献した。[13]10月14日、第36節のFC岐阜戦で移籍後初ゴールを決めた。[14]

エピソード編集

  • 父親はプロボクサー[15]

所属クラブ編集

ユース時代
プロ時代

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 FC東京 26 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 4 0 5 0 0 0 9 0
2018 0 0 1 0 0 0 1 0
2019 山形 36 J2 28 2 - 0 0 28 2
通算 日本 J1 4 0 6 0 0 0 10 0
日本 J2 28 2 - 0 0 28 2
総通算 32 2 6 0 0 0 38 2
その他の公式戦
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 F東23 26 J3 24 0 24 0
2017 19 0 19 0
2018 20 1 20 1
通算 日本 J3 63 1 63 1
総通算 63 1 63 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 FC東京 26 0 0
通算 AFC 0 0
出場歴

代表歴編集

  • U-18日本代表
    • Panda Cup (2015年)[17]
  • U-19日本代表
    • 水原JSカップ U-19国際ユースサッカー大会 (2016年)
    • Panda Cup (2016年)
    • NTC招待大会 (2016年)[18]
  • U-20日本代表
  • U-21日本代表

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b 『2016 J1&J2&J3選手名鑑 (サッカーダイジェスト)』日本スポーツ企画出版社、2016年、37頁。ISBN 978-4905411345
  2. ^ a b c d 柳 貴博選手(FC東京U-18)来シーズン新加入内定のお知らせ FC東京 (2015年10月27日)
  3. ^ 【F東23 vs 相模原】ウォーミングアップコラム J's GOAL (2017年3月24日)
  4. ^ Jリーグサッカーキング 2016年3月号』朝日新聞出版、2016年、44-47頁。
  5. ^ 国体少年男子 エース神谷が延長Vヘッド!東京都が39年ぶりの開催地Vへ王手!! ゲキサカ (2013年10月2日)
  6. ^ “ヤッチ”と呼んで!FC東京トップ昇格DF柳のつかみはOK ゲキサカ (2016年1月15日)
  7. ^ U-18代表初選出の大型SB柳貴博、特長発揮して指揮官の評価上向かせる ゲキサカ (2015年5月21日)
  8. ^ エル・ゴラッソ Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3』三栄書房、2017年、62頁。ASIN B01N27PFWG
  9. ^ 【コラム】“悔しさ”を糧に飛翔したDF柳貴博…右サイドの俊英が大立ち回りを演じる SOCCER KING (2017年7月22日)
  10. ^ 「本当に怖い選手だった…」 J1デビューのFC東京DF柳貴博もビックリ!?ゲキサカ(2017年8月26日)
  11. ^ U21代表のDF柳貴博、先制弾&プロ入り後初得点に笑顔「入っちゃった」サッカーキング(2018年1月16日)
  12. ^ 柳 貴博選手 育成型期限付き移籍加入のお知らせ - モンテディオ山形公式サイト、2019年1月28日
  13. ^ 【山形】首位攻防戦で決勝アシスト! ニューヒーローは“首位”東京からやってきた「持ってる」右ウイングバック!サッカーダイジェスト(2019年6月17日)
  14. ^ 山形が暫定で自動昇格圏へ! 柳の加入後初ゴール&井出の2戦連発弾で最下位岐阜に完封勝ちゲキサカ(2019年10月14日)2019年10月14日閲覧。
  15. ^ 『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.43』カンゼン、2016年、126頁。
  16. ^ 平成26年1月9日及び1月16日に全国大会、関東大会の優勝者に目黒区スポーツ表彰を行いました。 目黒区 (2014年4月5日)
  17. ^ U-18日本代表 中国遠征【Panda Cup 2015】(6/21-29@成都)メンバー・スケジュール 日本サッカー協会 (2015年6月17日)
  18. ^ U-19日本代表 メンバー・スケジュール アメリカ遠征 (6/27-7/5)【2016 NTC招待大会】 日本サッカー協会 (2016年6月22日)

関連項目編集

外部リンク編集