メインメニューを開く

柴又

東京都葛飾区の町名

地理編集

古くから題経寺(柴又帝釈天)の門前町として知られていたが、映画男はつらいよ』の舞台となったことでさらに広く認知されるようになった。江戸川の西岸に位置し、対岸の千葉県松戸市矢切地区とを結ぶ渡し船矢切の渡し」の渡し場がある。概ね住宅地からなり、北には金町が隣接し、北東に金町浄水場が立地する。東は江戸川の対岸に千葉県の下矢切が、南に鎌倉が、西に高砂新宿がある。帝釈天界隈は、環境省の「日本の音風景100選」に選定されている。

地価編集

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、柴又1-29-15の地点で27万5000円/m2となっている。[5]

歴史編集

 
柴又帝釈天

正倉院に残る養老5年(721年)「下総国葛飾郡大嶋郷戸籍」に記されている「嶋俣里」(しままたのり)の比定地(推定される場所)である。男165人、女205人の42戸370人が居住していたという。以後「嶋俣」の地名は応永5年(1398年)の葛西御厨田数注文に至るまで文書に多数見受けられ、永禄2年(1559年)の小田原衆所領役帳において初めて「柴俣」(しばまた)が登場する[6]

近代に入り、南葛飾郡柴又村と号したが、貧しい村は小学校を作ることができなかったため、子供を金町小学校に通学させるために、ほどなくして同郡金町村と併合して同村の一字となった。1932年昭和7年)、東京市に併合され葛飾区柴又町と名乗り、題経寺界隈を1丁目とし他2および3丁目を設けた。1967年(昭和42年)には住居表示の変更が行われ、同区新宿町4丁目の半部を併合。新域に柴又1-3丁目と町名を付し、旧町を同4-7丁目と改め今日に至っている。そのため、いまだに「柴又町内会」には柴又2丁目と3丁目は含まれておらず、別途「北野町内会」が組織されている。

柴又八幡神社の社殿下付近は「柴又八幡神社古墳」と呼ばれる古墳である。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
柴又一丁目 2,139世帯 4,130人
柴又二丁目 1,208世帯 2,756人
柴又三丁目 1,820世帯 3,994人
柴又四丁目 1,925世帯 3,887人
柴又五丁目 1,605世帯 3,450人
柴又六丁目 1,508世帯 3,183人
柴又七丁目 790世帯 1,619人
10,995世帯 23,019人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7][8]

丁目 街区符号 小学校 中学校
柴又一丁目 40〜45番 葛飾区立柴又小学校 葛飾区立桜道中学校
46〜48番 葛飾区立常盤中学校
1〜28番 葛飾区立北野小学校 葛飾区立桜道中学校
その他 葛飾区立常盤中学校
柴又二丁目 3番
その他 葛飾区立新宿中学校
柴又三丁目 1〜28番
33〜36番
葛飾区立常盤中学校
その他 葛飾区立柴又小学校
柴又四丁目 全域 葛飾区立桜道中学校
柴又五丁目 全域 葛飾区立東柴又小学校
柴又六丁目 1~13番
22~38番
その他 葛飾区立常盤中学校
柴又七丁目 全域 葛飾区立柴又小学校

交通編集

 
柴又駅
 
柴又駅前
 
新柴又駅

鉄道編集

上記のほか、京成本線・京成金町線・北総鉄道北総線の京成高砂駅も徒歩圏内にある。

路線バス編集

京成バス
  • 柴又帝釈天バス停
  • 柴又六丁目バス停
  • 柴又小学校バス停
  • 新柴又駅バス停
京成タウンバス
  • 古録天神バス停
  • 柴又一丁目バス停

道路・橋梁編集

施設編集

 
柴又6-7丁目には団子を売る店が多い

行政機関編集

  • 葛飾区柴又区民サービスコーナー

警察・消防編集

郵便局編集

  • 葛飾柴又郵便局
  • 葛飾柴又一郵便局

教育・保育編集

観光編集

史跡・寺社編集

柴又出身の有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 葛飾区の世帯と人口”. 葛飾区 (2017年12月1日). 2017年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ Google Earthより
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 比定地については別の見解も存在する。
  7. ^ 葛飾区小学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。
  8. ^ 葛飾区中学校通学区域一覧”. 葛飾区 (2015年12月16日). 2017年12月18日閲覧。

参考文献編集

  • 犯罪事件研究倶楽部『日本凶悪犯罪大全』文庫ぎんが堂、2011年。

関連項目編集