メインメニューを開く

柴 平四郎(しば へいしろう、1884年明治17年)5月3日 - 1935年昭和10年)3月29日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

柴 平四郎
生誕 1884年5月3日
死没 (1935-03-29) 1935年3月29日(50歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1936
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

略歴編集

福島県田村郡飯豊村(現在の小野町)出身。国分平七の四男。鈴木貞造陸軍少将は兄。柴五郎の娘と結婚し、柴家の養嗣子となる。西原一策は義兄。

仙台陸軍地方幼年学校陸軍中央幼年学校を経て、1905年(明治38年)3月、陸軍士官学校を卒業(17期)。成績優秀のため恩賜の時計を下賜される[脚注 1]東條英機前田利為は同期生である。同年4月、砲兵少尉に任官。1914年大正3年)には陸軍大学校(26期)を卒業した。野戦砲兵第15連隊中隊長、第13師団参謀などを経て、シベリア出兵第12師団兵站参謀として出征。浦塩派遣軍兵站参謀、討伐隊司令部参謀として転戦した。1919年(大正8年)に帰国後、第4師団近衛師団東京湾要塞横須賀鎮守府第1師団の各参謀を歴任した。1329年(昭和4年)8月大佐に昇進後、野戦砲兵第3連隊、野戦重砲兵第8連隊の各連隊長、近衛師団参謀長に補され、1936年(昭和9年)3月5日少将へ昇進。鎮海湾要塞司令官となるが公務中に負傷し、同月中に死去した[脚注 2]稚松会会員。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 小島p.201
  2. ^ 小島p.201

参考文献編集

  • 小島一男『会津人物辞典 (武人編)』歴史春秋社
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍編』芙蓉書房出版
  • 福川秀樹『日本陸海軍人名辞典』芙蓉書房出版